商品は「作ってから売る」ではなく「売ってから作る」が正解!

マーケティング

こんにちは、島倉です。

今回は、「売れるもの」を自分の商品として売りたいなら、「商品を作ってから売るのではなく、売ってから作ったほうが良い」ということについて解説します。

商品は「作ってから売る」のではなく「売ってから作る」

作ってから売れなかったらどうする?

一般的に多くの方は、商品を「作ってから売る」ことが多いと思いますが、これではなかなか売れることはありません。

というのも、「作ってから売る」ことにはリスクがあるからです。

まず、実際に売れるのかは実際に売ってみないとわからないわけです。

もし、売れなかった場合は、時間も労力も、さらにお金も失ってしまいます。

「全然売れなかった」となってしまってから、どうしようと悩み、これで行き詰まる方を多く見かけます。

作ってから売った悲惨な失敗例

ひとつの例ですが、過去に健康器具を販売された方から、なんと商品開発に3年間、3000万円をかけて、いよいよ本格的に商品を発売したいということで、「マーケティング指導をお願いします」とご依頼をいただいたことがあります。

そこで私は、「この商品で1回でもテストマーケティングをしましたか?」と尋ねたところ、残念ながら一度も売ったことがありませんでした。

商品開発に3年、銀行から借りてきた3000万円をかけたんです。

さらに商品開発をしようとしてたので、「ちょっと待ってください。現段階でいいのでこれを売ってみましょう」と話しました。

そうすると今度はこの健康器具を13,000円で売りたいと言ってきたので,「いや、待ってください試しに3,000円で売ってみましょう。もし3,000円で誰も買ってくれなかったとしたら、13,000円なんて売れっこありません。」と言って、まず試しに100個売ってみました。

すると、100個のうち実際に売れたのはたったの1個だけ、しかもこの1個も購入したのは身内の方でした。

こういった悲惨な例があって、すぐに商品開発を止めてもらいました。

この例は本業が別にあっての新規事業だったので、新規事業を打ち切って、本業のマーケティングでこの損失をカバーしました。

売ってから作れなくても痛手は少ない

ダメな商品は大抵、返金すればお客様は納得する

作ってから売っていても、売れるかどうかは誰もわからないので、大事なことは「売ってから作る」ということなのです。

「売ってから作っていく」というお話しをすると、「じゃあ商品が最終的にできなかったらどうするんですか」っていう話をされることがありますが、そのときはお金を返せばいいだけです。

若干の迷惑料もつけてあげれば、誰もクレームなんて起こしませんし、裁判沙汰にもなりません。

要は返金すればいいだけの話なので、まず売ってから作りましょう。

それでも不安だと言うならば、「3カ月後にリリースする予定ですが、今回は試作段階ゆえの特別価格にてテスト販売となります。いかがですか。」と言って売ってみる。

それですぐに買い手が付けば、3か月間必死になって作ればいいわけです。その際に、万一生産が間に合わなければ、返金すればいい。

ただそれだけの話です。

「売ってみてから作る」のが起業成功のポイント

形を作ってから売るのではなく、まず売ってみてから作る。これが起業して成功するポイントです。

起業して、新しい商品を作っていくときにはぜひやってほしいと思います。

作って売ると言う一般的な考え方でいると、時間と労力を失って、場合によっては廃業、倒産に追い込まれるということもあります。

特にネットの商品作りで、のめり込む経営者の方は、この「売ってから作る」という方法にぜひ切り替えていただければと思います。

 
マーケティング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

島倉大輔をフォローする
節約社長