節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

儲かっている会社の存在が信じられぬ赤字会社の「つちのこ現象」

儲かっている会社の存在が信じられぬ赤字会社の「つちのこ現象」
 ツチノコのように見たことが無いものは、私達にとって存在を認めがたいものです。赤字会社にとっても、儲かり続けている黒字会社は、ツチノコのような存在に見えます。この状態を脱するには、まず、黒字会社が本当に存在していることを認識し、そのやり方のうち、真似できる部分を素直に真似し始める必要があります。キミアキ先生の解説です。

ツチノコがいるか・いないか?見た人にしかわからない

 みなさんはツチノコって生き物をご存知ですかね??

 蛇のギュッ!て詰まった感じのやつで、いるかいないかはわからない。いわゆる未確認生物ですね。

 私も見たことないんですけど、ツチノコ騒動が教えてくれることって、いるのか・いないのかっていうことより、自分が見たことのないものを人はどうやったって信じられないよなぁ〜、ってことだと思うんです。

 それで、これにかこつけて、常々周りの人達、それから子どもたちにも、とにかく10人に1人になるくらい努力をすれば、逆に見えてくるものがある、という話をよくするんです。

「ビジネスで生き残れるのは10社に1社」という真実も見た人にしかわからない

 それで、ビジネスに当てはめてもびっくりするくらい、この法則は当てはまります。

 商売を見るようになって、同じ商売をやっている人が100いたとします。そうするとその同業者中で競争になるのは上位の20くらいです。

 あとの80は競争にすらならなくて、上の20くらいで競争して、その上位10がなんとか10年生き残るとか、そういうことを我々は実際に見ているわけですよ。

 我々はそれを見ているから、信じることが出来るわけです。

 ところが見たことがない人にとっては、これも “幻のツチノコ” なんですよ。

 「いやッそんなことはない」ってね。

  自分のビジネスモデルは素晴らしいし、同業者が何人いたって、代用品があろうと、競合があろうと、自分のサービスは必ず買ってもらえる!

 そういう風に皆が思って始めるんです。

 ところが、殆どのビジネスは競争にも乗らずに、同業者の中で上位2割にも入らずに、自然と姿を消していくんです。

知恵と経験の差で見える風景は大きく変わる

 ここで皆さんに辛辣な風刺画をお見せしますね。

節約社長
It’s Time to Pop Your Conspiracy Theory Cherry

 これは、本を読んだ経験の多い少ないで見える風景が異なる、ということを表した風刺画です。ちょっとね、皮肉が入っています。

 本を全く読んでない人にとっては、すごく良い景色に見えるわけですね。

 ところが沢山の本を読んで、ある程度の知恵を得た人には見えている風景が全く違う。

 学んでいない人にとってはとても良い風景に見えても、学んだ人から見れば凄く怖い風景に見えることある。

 そしてこの風刺画には後もあります。

 もっともっと本を読んだ人には、また全く違う世界が見えることがあるという話でして、これはリーダー論にも通じるところがあります。

 5人の長になるのか、10人の長になるのか、それから50人、 100人の長になっていくのか。

 そんなふうに人のリーダーになっていくにつれて、自分の見え方ってずっと変わって行くんですよ。

 この事も、見えていない人にとっては “ツチノコ” なんですよ。

10人に1人の努力をしなければ見える風景は変わらない

 「何を言っているのか理解が出来ない。」

 私の話もそうです。私の話は事業者向け、あくまで事業者に対してやっています。

 ですから、事業者の方にとっては、「それあるよね〜」っていうのがありますけれど、事業者になっていない人達には、「何を言ってるのかわからない!理解ができない!お前は何を言ってるんだ?!」と言われます。

 実は、私自身もそうだったですよ。

 『ランチェスター営業法』という本を、勤め人の時に見たんですけど、まだお勤めしていて給料取りだった時に、「陸の孤島を狙え!」「競争相手がいないところを狙え!」って言われても、何を言ってるのか全く分からなかったんですよ。

 つまり、見えている風景が全然違うから、自分の知識が本当に無いから、「何を言ってるんだ??」っていう風に私も理解が出来なかった1人です 。

 それで、なぜ10人に1人の人材になれ!って私が言うかというと、正直なところ、教育界のさだまさしと言われている藤原和博さんが言う「100分の1」にはならなくて良いとは思っているんです。

 藤原和博さんは、100分の1と100分の1を掛けあわせて1万人に1人になりましょう、っておっしゃるんですが、実務的には“10人に1人ぐらいで十分だ” って思います。

 というのも、10人に1人ぐらいしか本気で努力したりしないんです。

 会社経営とか事業の継続も本当に同じですし、これは従業員さんを見てもそうです。

 つまり、10人に1人ぐらいは本当に死ぬ気で努力するし、死ぬ気で努力したら見えるものがあるのですが、殆どの人には見えないんですよ。

 努力して、本当にみんなより本っ当に努力したら、そうしたら見えるものがあるし、見えてくるって話ですね。

 だから “見えない” のは、やったことがないからに過ぎないんです。

 他の人に見えて自分には見えない、それはツチノコと一緒でね、本当に沢山あることなんですね。

ネットでは売れない?本当に見て言ってるの?
次のページへ >>

2017年6月1日

読書 経験 知恵 赤字会社 黒字会社 事業者 経営者 ビジネス ツチノコ

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。