節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

「マインド」でビジネスは差別化できない〜求められるのは継続的な実践 (ページ2)

差別化要因はお客様を喜ばせることの実践で生まれる

 ビジネスの実務でまず差別化を考えるときって、差別化の作戦を組むんですね。

 誰のための作戦を組むかと言うと、まずはお客様に喜んでもらえる作戦です。

 お客様に喜んでもらえないと、ハッキリ言ってお金にならんわけですよ。

 作戦を組んだら、実際にやってみる。実践をしてみる。

 そうすると結果として上手く行くこともあるし、上手く行かないこともあります。

 その時に今のやり方で言うと、昔に戻って、言葉でいうとちょっと怖い言葉かもしれませんが、総括する。

 作戦を組んで、実践してみて、結果が良かろうが悪かろうが総括してみて、「良いところはもっと生かしていこう。悪い所は直していこう」って。こういう風にやるんですね。

 お客様を喜ばせる時に、意識高いも低いも、そしてマインド・リセットもへったくれもないんですよ。

 マインドで、マインドで!って言っても、結局マインドで「お客様を喜ばせること」を実践出来るのかって話です。

 実際に実務やっていますとね、マインドなんて、あんまり関係無いっすよ。

 だってね、意識が高かろうが、低かろうが、実践しない人は実践しない。そんで実践しないと「意識低い」って言われるんでしょう?関係ないじゃんって(笑)。

 意識高い系の人でも実践しない人、グジグジ考えてばっかりで何も行動を起こさない人って、幾らでもいらっしゃいますしね。

 このような風景を見る時にいつも思うのは、あなたの意識が変わることで お客様は金を払いますか?

 そこを考えていますか?ということです。

本当の意味で結果を出したいならまずは営業!

 先程の国家試験の話もそうですが、国家試験を受けているのはあなたのためでしょう?って話です。

 別にお客様のためでも無くて、社会のためでも何でもないんです。

 あなたは意識高いって思っているかもしれないけれど、それにお客様はお金を払いますか?って。ここに戻っていくわけです。

 そして、本当の意味で結果を出そうと思ったら、やはり事業者は1にも2にも、結局は営業活動なんですよ。

 その営業活動のモトとなるのは、まずは付き合う相手を変えてしまう。っていう環境の整備からなんです。

 環境で1番大きいのは付き合う相手であり、付き合う相手が変われば、自ずと行動が変わります。

 行動というのは「営業活動」です。これに本当にしっかりと力を入れていきます。

 マーケティングの勉強もする。セールスですね。

 必然で買ってもらう。今売らなきゃいけないものを売れ切ることが出来るようになる。

 そういう風に行動が変わっていけば、半年くらいで結果がボチボチ出てきます。

 こういう形で実務を経ていくと、マインド・リセットもへったくれもないですから、あなたは「マインド、マインド、マインド次第だよ!なんて、世間はなんて嘘つきが多いんだ…!」という事に気が付きます。

 今「マインド次第だよ!」って言われているなら、自分が埋もれてしまうような人間だから、もしかしたら、そのような励まし方しか無いのかな…って、それくらい疑ってかかるのも良いと思いますよ!


 

<<前のページへ

2016年12月13日

マインド マインドリセット 意識高い 経営

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。