節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

商売上手な人達と付き合いたければまずは粗利◯千万円を目指せ

商売上手な人達と付き合いたければまずは粗利◯千万円を目指せ
 商売を上手く行かせる大原則は、「商売上手と付き合う」と付き合うことです。従って、商売上手な人とお付き合いをしたいと思ったら、自分も最低限の商売上手になる必要があります。一つの目安として「粗利2千万円」を達成するときには、付き合う人が自然と変わっているはずです。キミアキ先生が解説いたします。

商売の大原則:商売上手は商売上手と付き合う

 今日は「付き合う人が変わるとき」というお話をします。

 まず、私は事業者の方へお話していますので、あくまでプライベートではなくて、「商売上のお付き合いをする人」「商売上のお付き合いをする会社」について話していることを、念頭に置いていただければと思います。

 付き合う人は”自然と変わる”時が来るし、”無理にでも変えて行かなくてはいけない”という時も来ます。

 根底にあるのは何かといいますと、「商売上手は商売上手と付き合う」という、商売人の大原則みたいなものがあります。

 自分が商売上手な人とお付き合いをしたいと思ったら、自分も最低限の商売上手になることが条件なんですが、商売上手な人と付き合うと、セミナーとかは一切行かなくても良くなる感じです。

 付き合う相手が講師以上の人なんでね。

 商売上手の人っていうのは、一緒にいるだけで学ぶべきところが多いんですよね。

自分が商売上手になるには最低でも3年は必要

 じゃあ、最低限の商売上手になるまでに、どのくらい時間がかかるかというと、日本には「石の上にも三年」良い言葉がありますよね。

 これを時間数で考えてみると、10時間で1,000日くらいは最低稼働しますから、「10時間×1,000日=10,000時間」というのが、半人前になるまでの最低の時間数かなと思います。

 「そんなかかんの〜(汗)!?」って思われたかもしれませんが、やっぱり凡人だと急いでも3年くらいはかかるんです。

 それなのに!それなのに!なぜか早く結果を出したい!とか言って、本当に世の中って欲張りな人が多過ぎるんですっ!

 では実際に、会社を起こしましたと仮定しましょう。

 もちろん、大きな資本を入れると状況は変わってくるんですが、資本金1,000万未満のスモールビジネスだと、今だと資本金が100万円から300万円のところが1番多いですよね。

 これが小さな会社さんにおけるスタートアップ時の現実です。

最初のマイルストーンとなるのは粗利2千万円

 さて、経営は売上高ではなくて、粗利益の獲得と粗利益の分配で考えていきますよね。

 粗利益には業種によって違いがあって、粗利益率が高い、つまり原価が低いのは美容室、それから整骨・整体。この辺は原価率が低くて粗利益率が高いです。

 逆に、世の中でよく目にするもので原価率が高いものは、実は調剤薬局です。

 あれは原価率が8割で利益率が2割ということで、粗利益率が非常に低いのですが、かなり出店が流行ってますよね。

 これを「スタートアップ=会社を作ったばかり」で考えてみると、会社を維持するには以下のスピードで業績を上げていく必要があります。
  • 1年目の粗利益獲得:500万円
  • 2年目の粗利益獲得:1,000万円
  • 3年目の粗利益獲得:2,000万円
 これ倍々ゲームになっていますけれど、こうでないと会社は維持できないです。

 というのも、この粗利益年間2,000万というのは組織として、もう本当に最低限必要なんです。

 2,000万ないと組織が維持できないんです。

 ここに行って、初めて事業者としてのスタートラインに立てるというような感じですが、ほとんどここに来られなくて潰れていくんです。

粗利2千万円を超えられるのは10社に2社
次のページへ >>

2016年12月6日

付き合う人 経営者 粗利 起業 経営

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

タナカキミアキ さんへ問い合わせ

問い合わせ