節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

自分の得意分野を生かした仕事を作り出し引き寄せるにはどうすれば良い?

自分の得意分野を生かした仕事を作り出し引き寄せるにはどうすれば良い?
 どうせ仕事をするならば、自分の違いを生かして仕事がしたいものです。そのためには、自分が得意分野へ集中できるよう、他者と協業する必要があります。他者と協業するためには、相手への気遣いが必要になりますが、その入口は率先して自己開示を行うことです。キミアキ先生が解説いたします。

自分の得意分野を生かした仕事を実現するには他者との協業が不可欠

 今日は、「違いを生かすことで自分を生かそう」というお話をしたいと思います。

 人それぞれ得意なことって違いますよね。

 私の場合だとしゃべりが得意だったりするので、しゃべりを生かして仕事ができる環境を作っています。

 こうやって、自分が得意なことで仕事ができるようになるためには、自分が出来ないことは人にやってもらって、違いを良い方に生かすことが凄く大事です。

 私が出来ないことでも、それが得意な人だっているわけですから、その人に頼めば良い。

 というのも、私自身が色々な職に就いてみて、仕事が自分に合うか合わないかで如実に評価が低かったり、高かったりしたことがあります。

 その経験から、仕事をする時は次のように考えるようになりました。
 
  この仕事は自分に合っているのか、合っていないのか。
  このお客様は自分に合っているのか、合っていないのか。
 
 合う合う同志だったら、仕事も意外と楽で評価も上がるし、私の場合、今はもう事業者ですから金も儲かります(笑)

自分に合わぬ仕事をするほど辛いことは無い

 合う合う同士で仕事をやるようになったきっかけは、今まで自分に合わない仕事とかも結構やって来たことだったりします。

 合わない仕事をやる辛さ、それから自分の評価の低さ。こういうのを経験してきたわけです。

 安月給時代なんかは、「なんでこんなに評価が低いんだ…」って、やっぱり悔しくて悔しくて仕方がなかったのを覚えています。

 それって結局のところは、合わない仕事をしていたに過ぎないんですよね。

 自分に合う仕事に就いたら、給料3倍でしたからね(笑)

 得意なことを仕事にすると、こんな違うんだ!って思いましたよ。

大企業に勤める人の8割は自分に合わぬ仕事をしている

 ちなみに、大企業に勤める10万人からサンプリングを取った統計によると「8割の人が合わない仕事をしてる」という結果が出ています。

 大企業にお勤めの方の8割の人が、実は自分の強みを生かせていない、合わない仕事をしている、という自覚があるんです。

 でも、大企業だとお給料は良いわけですから、私みたいに底辺を這ってね、地を這うマシンみたいな、あんなことでは無いだけ、まだ幸せだと思いますけどね。

 そして私は、この”合う” ”合わない”を考える時に、裏に隠れているものを考えてしまうんですね。

 というのは、組織で働く時に必要な能力は何と言っても「対人スキル」でございます。

 みんなで働くわけですから、対人スキルが高くないと、なかなか上手くいかないですからね。

 まぁ、世渡り上手なことが出来ないので、対人スキルが低いと、どうしても不利になってしまうっていうのが、組織の中です。

自分と合う仕事を引き寄せるには率先した自己開示が必要
次のページへ >>

2016年11月7日

生かす 仕事 得意分野 自己開示

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

タナカキミアキ さんへ問い合わせ

問い合わせ