節約 社長

節税

紹介料を「誰に支払っても」堂々と費用にするための3つの条件

紹介料を「誰に支払っても」堂々と費用にするための3つの条件

 誰か(個人:知り合い、一般の人)に仕事をあっせんしてもらった際に支払う紹介料は、原則的に交際費になります。ただし、交際費は原則として年間800万円までしか損金算入が認められておらず、紹介料が莫大な額になれば、この用途以外に交際費を活用できなくなる場合もあります。そこで本稿は個人に支払った紹介料を交際費以外の項目で全額損金に参入する方法をご紹介します。

海外から無償でサンプル・代品を提供された場合に消費税の支払義務は発生する?

 海外から商品を輸入するにあたって、販促のために無償サンプルを一定数量もらうことがあります。また、輸入した商品に瑕疵があった場合、相手先から代品を無償提供してもらうこともあります。これら無償で手に入れ... 

節税ニュースの記事をすべて見る

節税
節税ニュースをチェックすることが企業の資産防衛に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では節税に関する情報・ハックを幅広くニュースとして配信いたします。
スポーツジムの利用料金を医療費控除の対象にできるマル秘テクニック

スポーツジムの利用料金を医療費控除の対象にできるマル秘テクニック

 不規則な生活による生活習慣病にかかったのをきっかけに、スポーツジムで身体を鍛え始めたという方って結構多いですよね。これらスポーツジム通いについては、メディカルフィットネス目的で、ある一定の基準を満たせば、医療費控除を行うのが可能なことをご存知ですか?詳細を解説いたします。


特定支出控除がサラリーマンの節税手段として浸透しない2つの理由

特定支出控除がサラリーマンの節税手段として浸透しない2つの理由

 平成24年に使いやすい制度に改良された、サラリーマン向けの節税対策「特定支出控除」ですが、平成27年時点で全国の利用者はわずか1800人程度しかいません。当初はスーツなど衣料費も控除の対象となることから注目されていましたが、それ以上に面倒くさい2つの障壁が、特定支出控除を一般に浸透させにくくしています。


従業員や役員への貸付金が給与課税されるか否かは特例基準割合◯%で変わる

従業員や役員への貸付金が給与課税されるか否かは特例基準割合◯%で変わる

 従業員や役員にとって、自分の現時点での資力ではどうにもできない、突発的なトラブルが生じたときに、彼らが信頼できる人間ならば、経営者が会社を通じて、低い金利で金銭の貸付を許可することがあるでしょう。この際に、従業員や役員へ支払う貸付金は課税の対象となるのでしょうか?実は課税されるか否かは一定の利率で判断が変わります。


企業VS企業の法廷闘争!勝者が受け取る賠償金は課税対象となるか?

企業VS企業の法廷闘争!勝者が受け取る賠償金は課税対象となるか?

 企業活動が多岐にわたると裁判のリスクも大きくなります。判決が確定もしくは和解したことで、企業が損害賠償金を支払うあるいはもらうことになると、それは企業の損金・益金として計上することになります。ただし、その支払い方法(一括・分割など)の違いや、支払う側の立場によっては、判断が変わるため注意が必要です。


憧れのリゾート会員権をゲット!購入費用は福利厚生費?交際費?

憧れのリゾート会員権をゲット!購入費用は福利厚生費?交際費?

 リゾート会員権は条件さえあえば、社員の福利厚生や取引先の慰労に使えるなど、会社にとって有用な資産となります。その購入費用は全額損金算入することが可能ですが、「どのような用途・目的で購入したのか?」によって、会計処理が変わるため注意が必要です。用途・目的別に、リゾート会員権の会計処理方法を確認してみましょう。


従業員が通勤区間内の交通費を請求してきたら会社は支払拒否できるか?

従業員が通勤区間内の交通費を請求してきたら会社は支払拒否できるか?

 従業員から毎月あがってくる移動交通費の精算依頼を見ると、時々、通勤区間内(通勤手当の支給圏内)の交通費が混じっていることはありませんか?社員にはケッチいと思われるかもしれませんが、「これは定期券の区間内だからダメっ!」と言いたくなるはずです。実際に、この意見は正しいでしょうか?税務と労務、2つの観点から考えてみましょう。


小規模企業共済で損するのは◯◯解約をした場合⇒回避策はこれっ!

小規模企業共済で損するのは◯◯解約をした場合⇒回避策はこれっ!

 小規模企業共済は、掛金を処理することが認められ、経営者が65歳を超えて解約したり、仕事をやめることにより解約する場合、受け取る積み立てを退職所得扱いできる優れた制度です。ただし、途中解約する場合、受け取る積み立てが一時所得となってしまい、課税額が変わるため注意が必要です。具体例を出しながらご説明します。


会社で購入したビットコインなどの仮想通貨は棚卸資産?それとも現金資産?

会社で購入したビットコインなどの仮想通貨は棚卸資産?それとも現金資産?

 ビットコインやイーサリアム、リップルといったいわゆる「仮想通貨」の取引量が急増しています。会社で仮想通貨を購入している場合もあるかもしれませんが、これらを購入や決済をした場合、どのように会計処理すべきでしょうか。実は現在、明確な基準は設けられておらず、2つの意見に分かれています。すなわち、仮想通貨を資産とする基準と、現金とする基準です。


節税ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。