節約 社長

節税

個人事業主の決算は12月31日 今からできる3つの良い節税対策とは?

個人事業主の決算は12月31日 今からできる3つの良い節税対策とは?

 個人事業主の決算は年末の12月31日が〆日となります。ということは、〆日まであと1か月しかありません。そこで本稿は、今のうちに準備できる個人事業主向け3つの節税対策をご紹介いたします。いずれも余分なキャッシュアウトを伴わない有効な節税対策です。

【初心者向け】請求書と領収書は両方揃わないと取引を認められない場合がある?

 会計書類の代表的なものといえば、請求書と領収書です。この2つの書類はどのような目的で発行されているのでしょうか?また、請求書と領収書は補完関係にありますが、片方しか書類が無い取引は認められない場合が... 

節税ニュースの記事をすべて見る

節税の知識を学ぼう!

節税する前の心構え

やっと利益が出た!喜んでいるのも、つかの間。今度は納税の心配がやってきます。先輩経営者は節税・節税とよく口にしているが、間違った節税はかえって会社をダメにしてしまいます。節税を始めるなら「正しい節税の心構え」をはじめに学んでみましょう。

法人の定番節税

企業は利益の約30%を国に税金として納付しなければなりません。一方で国も企業に一定の節税対策を行うことを認めています。利益が出た後に行える節税対策のうち、より効果が大きく、多くの黒字企業が実施している節税について学んでみましょう。

経営者 個人の節税

個人事業主や中小企業経営者の経営者にとって、退職金や雇用保険は頭が痛くなる話です。まともに積み立てると大企業と違ってお金が回らないのが実情だからです。また、経営者個人の資産は会社をいざという時に守るツールでもあります。経営者個人の資産を守る節税について学んでみましょう。

期末にすぐ使える節税

期末で思った以上に利益が出たとしても、闇雲な節税対策を実施してはいけません。ただし、将来費用が出ることが確実で必要な分野への先行投資なら、期末の節税対策も兼ねた出費は企業にとって有効な行為となります。期末にすぐ使える節税について学んでみましょう。

やってはいけない脱税

脱税は節税ではありません。脱税は違法行為であり、刑法によって裁かれる由々しき行為です。しかし、毎年脱税によって数多くの会社が国税庁によって取り締まられています。なぜ、脱税をしてはいけないのか?脱税は必ずバレるのか?やってはいけない脱税について学んでみましょう。

節税参照サイト(外部サイト)

法人の節税に対する金融庁の基本的な考えをまとめたリンク先一覧(※クリックすると金融庁のサイトに移動します。)

節税
節税ニュースをチェックすることが企業の資産防衛に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では節税に関する情報・ハックを幅広くニュースとして配信いたします。
消費税率10%まであと1年!税率8%の経過措置を取る8つの取引

消費税率10%まであと1年!税率8%の経過措置を取る8つの取引

 平成31年10月1日から適用される消費税率10%への引上げの指定日(平成31年3月31日)まで、いよいよ1年を切りました。ただし、全ての取引について指定日から税率が10%に上がるわけではなく、8%の経過措置を取る取引も存在します。そこで本稿は、税率8%の経過措置を取る8つの取引をご紹介します。


ネットの顧客獲得単価(CPA)が1人100万円かかっても問題が無いワケ

ネットの顧客獲得単価(CPA)が1人100万円かかっても問題が無いワケ

 CPAとはインターネット用語で顧客獲得単価のことを言い、「1人のお客様を獲得するのに、どれだけのコストを使ったか」ということを表す指標です。さて、リアルの営業現場では1人のお客様を獲得するのに100万円かけるなどバカバカしいと思われがちですが、WEB集客の世界では、“それも1つの手”と言えます。なぜ?その理由を解説します。


儲かっている不動産投資家が不必要な節税に絶対手を付けない理由

儲かっている不動産投資家が不必要な節税に絶対手を付けない理由

 「利益を出しすぎると税金が多くかかるため、経費をいろいろ使って節税しよう。」という内容の本が、本屋の店頭には数多く並んでいます。しかし、儲かっている不動産投資家は、本に書いていることと真逆で、不必要な節税に絶対手を付けません。その理由は、ビジネスの原則に照らし合わせて考えれば至極当たり前のものです。


税理士はお金のプロ?税金のプロ?経営のプロ?活かすも活かさぬも社長次第

税理士はお金のプロ?税金のプロ?経営のプロ?活かすも活かさぬも社長次第

 会社を作ると必ず顧問契約を税理士さんと結ばなければいけない。こう考えている方って結構多いと思います。では、税理士さんが絶対不可欠な業務とは一体何なのでしょうか?また、税理士さんについて「任せれば安心」と思っているけれど、実はその能力が無い分野とは?自らも会計事務所の運営に携わるキミアキ先生がぶっちゃけてくれました。


民法(相続法)が38年ぶりに改正!なぜ?中身を紐解くと見える日本の未来

民法(相続法)が38年ぶりに改正!なぜ?中身を紐解くと見える日本の未来

 今年の3月13日、民法の相続法の改正法案が国会に提出されました。民法における相続法の改正は昭和55年が最後であり、この改正法案が通れば実に38年ぶりの改正となります。改正案は主に5つありますが、いずれも共通する未来を見据えた内容となっています。以下、詳細にその内容を解説してまいります。


イマイチ存在意義のわからぬ「相談役」「顧問」の役職を企業が設けている理由

イマイチ存在意義のわからぬ「相談役」「顧問」の役職を企業が設けている理由

 「相談役」「顧問」イマイチ存在意義のわからぬ日本独自の役職。多くの場合、これらの地位に着く人々は、その会社の前経営者であったり、前役員だった場合が多いものです。院政を敷くために彼らが「相談役」「顧問」になるという見方もありますが、実際にはもう少し切実な理由があったりするのも事実です。


通勤手当が給与に含まれる従業員は確定申告で通勤にかける費用を控除できる?

通勤手当が給与に含まれる従業員は確定申告で通勤にかける費用を控除できる?

 従業員に毎月、一定額の通勤費を支払うのは当たり前の話ではありません。給与を多めに支払っていることもあり、通勤費を支払っていない会社さんも中にはあることでしょう。では、給与内に交通費を含んでいる会社の従業員は、自分が給与から支払う通勤費の実費を確定申告で損金として計上することは可能なのでしょうか?


営業利益、経常利益、純利益はわかる。じゃあ、実質利益って何だ?

営業利益、経常利益、純利益はわかる。じゃあ、実質利益って何だ?

 読者の皆さんは「実質利益」という言葉をご存知でしょうか?おそらく、多くの方が、「営業利益、経常利益、純利益はわかる。じゃあ、実質利益って何だ?」と考えることでしょう。実質利益とはどんな利益なのか?実質利益の算定について気をつけるべき場面とは?などの切り口からご紹介いたします。


節税ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。