節約 社長

節税

テレビ番組でもらった賞金や豪華賞品はそのまま家に持って帰って大丈夫?

テレビ番組でもらった賞金や豪華賞品はそのまま家に持って帰って大丈夫?

 芸能人が賞金や豪華賞品をかけて、漫才やクイズ、ゲームに挑戦するテレビ番組が、これまで多々ありましたよね。もし、芸能人が番組で見事に賞金や商品を獲得した場合、これをそのまま家に持って帰れるのでしょうか?実は、賞金をもらう場合と賞品をもらう場合で、事情は少し違うようです。以下、ご紹介しましょう。

社長が会長になる理由ってなに?躍進するメルカリの事例を考察してみた

 フリマアプリで累計4,000万ダウンロードを超えるメルカリが、社長交代を行うことを発表しました。通常、中小企業で社長が会長になる場合、社長が会長となることによる世代交代が目的だったり、役員退職金を支払うこ... 

節税ニュースの記事をすべて見る

節税
節税ニュースをチェックすることが企業の資産防衛に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では節税に関する情報・ハックを幅広くニュースとして配信いたします。
法人税払いたくないから個人所得上げよう!これって本当にオトクなの?

法人税払いたくないから個人所得上げよう!これって本当にオトクなの?

 会社が納めなければならない税金の種類は多岐に渡りますが、中でも利益に対して課せられる税金の支払は辛く感じるものです。そこで会社にわざと利益を残さないで赤字状態として、代わりに経営者(個人)の所得を増やすケースがみられます。これは本当にオトクなのでしょうか?数字の例をみながら考えてみましょう。


経営者の土地に会社の建物建てたら大損!なぜそんなことが起こるの?

経営者の土地に会社の建物建てたら大損!なぜそんなことが起こるの?

 経営者がもともと持っている土地に借地権を設定し、新規工場や新規オフィスの建設コストをなるべく削減する場合があります。ところが、金銭のやりとりが発生していないという理由で、借地権設定を税務署へ無申告でいると、認定課税がかかって、かえってコスト負担が大きくなってしまいます。これを防ぐために重要なのが「土地の無償返還に関する届出書」を提出することです。


意味の無い節税で損したくないなら会社に残る現金を常に意識しよう

意味の無い節税で損したくないなら会社に残る現金を常に意識しよう

 キャッシュが尽きたら会社は倒産します。しかし、節税に走る経営者の多くは、節税が目的化してしまい、キャッシュを増やしたり残すという目的を忘れてしまうようです。そうならぬためには、常に「「売上ゼロで固定費が出て行く状況で会社は何ヶ月持ちこたえるか?」「そのための現金は幾らあるか?」を意識する必要があります。


キャッシュが足りなくて納税できない!税金納付を遅らせる3つの方法

キャッシュが足りなくて納税できない!税金納付を遅らせる3つの方法

 住民税、消費税、法人税…企業はいつでもあらゆる税金の支払に追われており、納税は社会に求められる義務でもあります。しかし、激しいビジネス環境の中で、税金支払をどうしても一定のタイミングでスキップしなければならない時が生じるかもしれません。そこで本稿は、税金納付を遅らせる3つの方法をご紹介したいと思います。


顧客満足を高めたいならお客様に「自己コントロール感」を与えよう

顧客満足を高めたいならお客様に「自己コントロール感」を与えよう

 レストランで食後のコーヒーを味わっている時に、「お皿をお下げしても良いでしょうか?」と言われた途端、こちらが承諾もしないうちに皿を下げられると、なんだか心がざわつきますよね。人は選択の自由を奪われることに不快感を感じ、自らが選択できる「自己コントロール感」を感じる時に満足を感じます。顧客満足を高めるには、お客様に「自己コントロール感」を与える必要があります。


代表取締役のキリっ!とした肖像写真の撮影費用は誰がどう負担する?

代表取締役のキリっ!とした肖像写真の撮影費用は誰がどう負担する?

 代表取締役の( ー`дー´)キリッとした肖像写真、一回くらいは撮影しておくと何かと役に立ちますよね。ただし、良い写真を撮ってもらおうとすれば、それなりに費用がかかるものです。写真撮影費用はもちろん、カット、メイク、スーツや靴も新調しなくちゃ!あっという間に費用は数十万円。これって誰がどう負担すれば良いのでしょうか?ご説明いたします。


それ経費にしないと損です!確定申告で申告するか悩む4つの費用

それ経費にしないと損です!確定申告で申告するか悩む4つの費用

 確定申告の締め切りまであと一ヶ月ですが、知識がなくて申告漏れしていたり、「これって申告するのマズイかな〜」という領収書を持っていたりしませんか?そこで本稿は、確定申告で申告するか悩む代表的な4つの費用をご紹介します。割り勘、領収書がない、明細付きレシート、宛名が上様、これらにどう対応すればよいか税理士の谷口さんが解説してくれます。


相続税の申告漏れで500万円損したくないなら家族名義預金に気をつけろ!

相続税の申告漏れで500万円損したくないなら家族名義預金に気をつけろ!

 平成27年の相続税について申告・調査実績が発表されました。3,000億円強の申告漏れが国税庁により指摘され、その3分の1にあたる1,000億円強が現預金の申告漏れを要因とするものでした。特に、家族名義の預金は指摘を受けやすく、これを防ぐ対策としての贈与にも注意が必要です。そこで本稿では、家族名義の預金について詳細な注意点を解説いたします。


節税ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。