節約 社長

節税

ネットの顧客獲得単価(CPA)が1人100万円かかっても問題が無いワケ

ネットの顧客獲得単価(CPA)が1人100万円かかっても問題が無いワケ

 CPAとはインターネット用語で顧客獲得単価のことを言い、「1人のお客様を獲得するのに、どれだけのコストを使ったか」ということを表す指標です。さて、リアルの営業現場では1人のお客様を獲得するのに100万円かけるなどバカバカしいと思われがちですが、WEB集客の世界では、“それも1つの手”と言えます。なぜ?その理由を解説します。

イマイチ存在意義のわからぬ「相談役」「顧問」の役職を企業が設けている理由

 「相談役」「顧問」イマイチ存在意義のわからぬ日本独自の役職。多くの場合、これらの地位に着く人々は、その会社の前経営者であったり、前役員だった場合が多いものです。院政を敷くために彼らが「相談役」「顧問... 

節税ニュースの記事をすべて見る

節税の知識を学ぼう!

節税する前の心構え

やっと利益が出た!喜んでいるのも、つかの間。今度は納税の心配がやってきます。先輩経営者は節税・節税とよく口にしているが、間違った節税はかえって会社をダメにしてしまいます。節税を始めるなら「正しい節税の心構え」をはじめに学んでみましょう。

法人の定番節税

企業は利益の約30%を国に税金として納付しなければなりません。一方で国も企業に一定の節税対策を行うことを認めています。利益が出た後に行える節税対策のうち、より効果が大きく、多くの黒字企業が実施している節税について学んでみましょう。

経営者 個人の節税

個人事業主や中小企業経営者の経営者にとって、退職金や雇用保険は頭が痛くなる話です。まともに積み立てると大企業と違ってお金が回らないのが実情だからです。また、経営者個人の資産は会社をいざという時に守るツールでもあります。経営者個人の資産を守る節税について学んでみましょう。

期末にすぐ使える節税

期末で思った以上に利益が出たとしても、闇雲な節税対策を実施してはいけません。ただし、将来費用が出ることが確実で必要な分野への先行投資なら、期末の節税対策も兼ねた出費は企業にとって有効な行為となります。期末にすぐ使える節税について学んでみましょう。

やってはいけない脱税

脱税は節税ではありません。脱税は違法行為であり、刑法によって裁かれる由々しき行為です。しかし、毎年脱税によって数多くの会社が国税庁によって取り締まられています。なぜ、脱税をしてはいけないのか?脱税は必ずバレるのか?やってはいけない脱税について学んでみましょう。

節税参照サイト(外部サイト)

法人の節税に対する金融庁の基本的な考えをまとめたリンク先一覧(※クリックすると金融庁のサイトに移動します。)

節税
節税ニュースをチェックすることが企業の資産防衛に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では節税に関する情報・ハックを幅広くニュースとして配信いたします。
営業社員が免許を持ってない!会社負担で免許を取らせる3要件は?

営業社員が免許を持ってない!会社負担で免許を取らせる3要件は?

 人材不足で大型車を動かせるドライバーが欲しい、営業社員が運転免許を持っていないので免許を取らせて効率的に動いてもらいたい…こんな悩みを会社が抱えている場合、従業員の運転免許証の取得費用を会社が負担することは可能なのでしょうか?会社負担で免許を取らせるのは原則NGですが、3要件が整っている場合はそうすることが可能です。


クオカードや金券と一体型の名刺を作る際・もらう際に注意すべきこと

クオカードや金券と一体型の名刺を作る際・もらう際に注意すべきこと

 まれにクオカードや自社金券カードと一体になった名刺をみかけることはありませんか?名刺と会社の販売促進を兼ねた、奇をてらい注目を集める狙いがあるのでしょうね。ただ、金券一体型の名刺を作る場合、もらう場合には、それぞれ注意点があります。よく考えたうえで作る、もらう必要があります。


今年の4月以降、従業員の給与総額を1.5%以上増やすと税額控除が受けられるよ!

今年の4月以降、従業員の給与総額を1.5%以上増やすと税額控除が受けられるよ!

 2018年度税制改正大綱に伴う改正によって、会社が従業員の賃金を上げた場合に、賃上げ金額の一定割合分の税金負担が軽くなる、所得拡大税制の優遇措置が更に強化されました。新たな所得拡大税制の改正概要と適用要件、税額控除を検討するにあたっての注意点について解説いたします。


海外出張の際に経費を現金で支払った場合、為替換算はどうしたら良いか?

海外出張の際に経費を現金で支払った場合、為替換算はどうしたら良いか?

 海外に出張する際に問題となるのが、経費の為替換算です。国内で往復の交通費や宿泊費を日本円決済している部分については問題ありませんが、渡航地でクレジットカードや現金で決済した場合、どの時点の為替で費用を確定し、経費として決済したら良いのでしょうか?ズバリ、お答えします。


ネットワークビジネスで大損したんだが(爆)確定申告で節税できないだろうか?

ネットワークビジネスで大損したんだが(爆)確定申告で節税できないだろうか?

 ネットワークビジネスをやっている人達のほとんどは、雀の涙ほどの利益、もしくはお金だけ出ていって、ちっとも収入になっていない、というのが現実です。今年も確定申告の時期になりましたが、ネットワークビジネスのために費やした費用を損金計上し、少しでも節税できないものでしょうか?ズバリ解説します。


【確定申告】勘定項目の「雑費」ってどんな時に計上する費用なの?

【確定申告】勘定項目の「雑費」ってどんな時に計上する費用なの?

 会計ソフト等で水道光熱費や旅費交通費、通信費などを計上していると、見慣れた項目の下に「雑費」という項目があります。この項目、ニュアンス的には何を言わんとするか理解できそうで、正確にはどんな費用かわからなかったりしませんか?そこで本稿は雑費の定義と、どんな費用を雑費として計上すれば良いかについて解説します。


冬季オリンピックのメダリスト達が受け取る報奨金は課税対象となるか?

冬季オリンピックのメダリスト達が受け取る報奨金は課税対象となるか?

 平昌オリンピックも今週末で終了となります。今回のオリンピックで見事にメダルを獲得した選手たちには、JOC、所属企業、スポンサー企業から報奨金が付与されることになっています。メダリストたちが、七難八苦を乗り越えてやっと手にした報奨金は、果たして課税対象となるのでしょうか?


粉飾無しで期末決算を黒字化したい社長が講じるべき利益を増やす3つの具体策

粉飾無しで期末決算を黒字化したい社長が講じるべき利益を増やす3つの具体策

 決算月が近づいてきて、利益対策に頭を悩ませている社長さんもいらっしゃるでしょうが、同じように赤字対策に神経を使う社長さんも多いのでは?特に金融機関からの借入をしている、これから借入をしたい、といった場合、なんとしても決算を黒字にしたいところです。そこで本稿は、粉飾せずに期末決算で利益を増やす3つの方法をご紹介します。


節税ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。