節約 社長

節税

2020年から青色申告は電子申告が断然有利!紙申告だと損するよ!

2020年から青色申告は電子申告が断然有利!紙申告だと損するよ!

 2020年から青色申告特別控除額は、現行の65万円から55万円に引き下げられることになっています。ただし、電子帳簿を保存し、電子申告を行う人に限っては、現行の65万円特別控除を受けられます。未だに確定申告を紙ベースでやっているなら、2020年までに電子申告ベースに切り替えたほうがオトクです。

今年の4月以降、従業員の給与総額を1.5%以上増やすと税額控除が受けられるよ!

 2018年度税制改正大綱に伴う改正によって、会社が従業員の賃金を上げた場合に、賃上げ金額の一定割合分の税金負担が軽くなる、所得拡大税制の優遇措置が更に強化されました。新たな所得拡大税制の改正概要と適用要... 

節税ニュースの記事をすべて見る

節税の知識を学ぼう!

節税する前の心構え

やっと利益が出た!喜んでいるのも、つかの間。今度は納税の心配がやってきます。先輩経営者は節税・節税とよく口にしているが、間違った節税はかえって会社をダメにしてしまいます。節税を始めるなら「正しい節税の心構え」をはじめに学んでみましょう。

法人の定番節税

企業は利益の約30%を国に税金として納付しなければなりません。一方で国も企業に一定の節税対策を行うことを認めています。利益が出た後に行える節税対策のうち、より効果が大きく、多くの黒字企業が実施している節税について学んでみましょう。

経営者 個人の節税

個人事業主や中小企業経営者の経営者にとって、退職金や雇用保険は頭が痛くなる話です。まともに積み立てると大企業と違ってお金が回らないのが実情だからです。また、経営者個人の資産は会社をいざという時に守るツールでもあります。経営者個人の資産を守る節税について学んでみましょう。

期末にすぐ使える節税

期末で思った以上に利益が出たとしても、闇雲な節税対策を実施してはいけません。ただし、将来費用が出ることが確実で必要な分野への先行投資なら、期末の節税対策も兼ねた出費は企業にとって有効な行為となります。期末にすぐ使える節税について学んでみましょう。

やってはいけない脱税

脱税は節税ではありません。脱税は違法行為であり、刑法によって裁かれる由々しき行為です。しかし、毎年脱税によって数多くの会社が国税庁によって取り締まられています。なぜ、脱税をしてはいけないのか?脱税は必ずバレるのか?やってはいけない脱税について学んでみましょう。

節税参照サイト(外部サイト)

法人の節税に対する金融庁の基本的な考えをまとめたリンク先一覧(※クリックすると金融庁のサイトに移動します。)

節税
節税ニュースをチェックすることが企業の資産防衛に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では節税に関する情報・ハックを幅広くニュースとして配信いたします。
【2018年版:確定申告前にチェック】ギャンブルで得た収入にかかる税金はこうだ!

【2018年版:確定申告前にチェック】ギャンブルで得た収入にかかる税金はこうだ!

 確定申告の時期が近づいてきましたが、ここだけの話、昨年ギャンブルでがっつり儲かった方もいらっしゃるのではないでしょうか?カジノ法案が2016年に成立して以降、これに合わせて各種ギャンブルの制度も目まぐるしく改定されているため、2018年確定申告に対応した最新税制をおさらいしましょう。


仮想通貨でビッグな損を出したわけだが、どの範囲までの所得と損益通算してOK?

仮想通貨でビッグな損を出したわけだが、どの範囲までの所得と損益通算してOK?

 ビットコインをはじめとする各種仮想通貨の急落、仮想通貨取引所コインチェックのハッキングによる通貨盗難などにより、仮想通貨で損失を出す人が増えています。もし仮想通貨により損失が出た場合、どの範囲の所得まで損益通算することが可能なのでしょうか?原則論と例外論、例外論を当てはめるのに必要となる要件について解説いたします。


税金の申告をスマホで簡単に行える時代がいよいよ来る!税制調査会の報告

税金の申告をスマホで簡単に行える時代がいよいよ来る!税制調査会の報告

 いよいよ12月に突入し、もう間もなく税制改正大綱が発表される時期ですが、先んじて税制調査会では税務手続の電子化に向けた対策が既に成案となっています。成案のキーワードは「スマホ」です。これまでも税金の電子申告は存在しましたが、マイナンバーカード・ICリーダーによる本人確認が必要で複雑でした。これらが取っ払われ、しかもスマホで申告が平成31年から行えるようになります。


大掃除と節税を一挙両得で実現!掃除の際に捨てたりアゲると得する3つのもの

大掃除と節税を一挙両得で実現!掃除の際に捨てたりアゲると得する3つのもの

 今年も残りわずかとなり、仕事納めに向けてラストスパートの時期となりました。来年に向けてオフィスをきれいサッパリ大掃除する会社さんも多いことでしょう。ただ、単純に捨てたり誰かにあげたりするのではもったいないです。大掃除と節税を一挙両得で実現すべく、掃除の際に捨てたりアゲると得する3つのものをご紹介します。


【Suicaにチャージ⇒領収書ゲット】だけで経費はNG!正しい交通費の精算方法

【Suicaにチャージ⇒領収書ゲット】だけで経費はNG!正しい交通費の精算方法

 デパート、ガソリンスタンド、コンビニエンスストアから、カラオケまで…あらゆる場面で使用可能になった交通系ICカードですが、みなさんは経費を計算する際にどのような処理をされているでしょうか?もしかして、チャージした時に領収書をもらって、その金額をそのまま経費にしていませんか?それ、やっちゃダメです。ICカードを使った場合の、正しい交通費の精算方法を伝授します。


忘年会で終電を逃したんだが、ホテル宿泊・タクシー帰りの費用は経費でOK?

忘年会で終電を逃したんだが、ホテル宿泊・タクシー帰りの費用は経費でOK?

 12月も半ばに差し掛かり忘年会シーズンもいよいよ佳境を迎えています!忘年会費用は一般的に福利厚生費、交際費で経費として会計処理できます。一方で、盛り上がると社会通念上一般的と認められるか「ビミョーな費用」がかかることも。終電逃した後のタクシー利用、ホテル宿泊などがそれにあたります。このへんの費用は、果たして経費として認められるのでしょうか?


500㎡以上の土地をお持ちの方は相続にご注意を!来年から税制が大きく変わります。

500㎡以上の土地をお持ちの方は相続にご注意を!来年から税制が大きく変わります。

 広い土地を相続した場合、売却しようとしてもなかなか一般の住宅地としては売れないため、ディベロッパーなどに売却することになり、売却価格が下落するため、従来は広大地評価として大幅に減額評価して相続税が加算されていました。しかし、来年からは減額幅が大きく縮小します。あと1ヶ月しかありませんが、広い土地を持つ方は今年のうちに対策を立てる必要があります。


集客ブログ企画でライザップ通いを始めたんだが、この費用って経費にできる?

集客ブログ企画でライザップ通いを始めたんだが、この費用って経費にできる?

 ある程度ファンが付き始めた会社の集客ブログとYouTubeチャンネル。ところが最近全然ネタが思いつかない…ということで思いついたのが、社長のダイエット企画。ダイエットの過程は継続的に投稿できるし、顔出しも効果的に出来てアピールしやすい。ならば、ライザップの費用も会社持ちで良いのでは?実際のところどうなのでしょうか?


節税ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。