節約 社長

節税

冬季オリンピックのメダリスト達が受け取る報奨金は課税対象となるか?

冬季オリンピックのメダリスト達が受け取る報奨金は課税対象となるか?

 平昌オリンピックも今週末で終了となります。今回のオリンピックで見事にメダルを獲得した選手たちには、JOC、所属企業、スポンサー企業から報奨金が付与されることになっています。メダリストたちが、七難八苦を乗り越えてやっと手にした報奨金は、果たして課税対象となるのでしょうか?

仮想通貨でビッグな損を出したわけだが、どの範囲までの所得と損益通算してOK?

 ビットコインをはじめとする各種仮想通貨の急落、仮想通貨取引所コインチェックのハッキングによる通貨盗難などにより、仮想通貨で損失を出す人が増えています。もし仮想通貨により損失が出た場合、どの範囲の所得... 

節税ニュースの記事をすべて見る

節税の知識を学ぼう!

節税する前の心構え

やっと利益が出た!喜んでいるのも、つかの間。今度は納税の心配がやってきます。先輩経営者は節税・節税とよく口にしているが、間違った節税はかえって会社をダメにしてしまいます。節税を始めるなら「正しい節税の心構え」をはじめに学んでみましょう。

法人の定番節税

企業は利益の約30%を国に税金として納付しなければなりません。一方で国も企業に一定の節税対策を行うことを認めています。利益が出た後に行える節税対策のうち、より効果が大きく、多くの黒字企業が実施している節税について学んでみましょう。

経営者 個人の節税

個人事業主や中小企業経営者の経営者にとって、退職金や雇用保険は頭が痛くなる話です。まともに積み立てると大企業と違ってお金が回らないのが実情だからです。また、経営者個人の資産は会社をいざという時に守るツールでもあります。経営者個人の資産を守る節税について学んでみましょう。

期末にすぐ使える節税

期末で思った以上に利益が出たとしても、闇雲な節税対策を実施してはいけません。ただし、将来費用が出ることが確実で必要な分野への先行投資なら、期末の節税対策も兼ねた出費は企業にとって有効な行為となります。期末にすぐ使える節税について学んでみましょう。

やってはいけない脱税

脱税は節税ではありません。脱税は違法行為であり、刑法によって裁かれる由々しき行為です。しかし、毎年脱税によって数多くの会社が国税庁によって取り締まられています。なぜ、脱税をしてはいけないのか?脱税は必ずバレるのか?やってはいけない脱税について学んでみましょう。

節税参照サイト(外部サイト)

法人の節税に対する金融庁の基本的な考えをまとめたリンク先一覧(※クリックすると金融庁のサイトに移動します。)

節税
節税ニュースをチェックすることが企業の資産防衛に役立つ情報を知る第一歩です。
節約社長では節税に関する情報・ハックを幅広くニュースとして配信いたします。
法人カードのマイルやポイントを経費に充てた場合の会計処理方法は?

法人カードのマイルやポイントを経費に充てた場合の会計処理方法は?

 法人用のクレジットカードを使用すると、マイレージやポイントがかなり貯まりますよね。このポイントやマイレージを使って、会社の備品、あるいは会社主催の催し物で使う景品などを購入した場合、どのような会計処理を行えば良いのでしょうか?また、このような経済行動を行う場合、消費税は課税されるのでしょうか?


たとえ何十年前の税金滞納であっても税務署が追いかけてくるのはなぜ?

たとえ何十年前の税金滞納であっても税務署が追いかけてくるのはなぜ?

 長い期間、会社を経営していると業績が厳しい状態の時に、やむなく税金滞納してしまうことがあります。ところが、これを小さな問題として「臭いものに蓋」をしてしまうと、後でとんでもないことになります。税務署は何年も前の税金滞納について巧みに時効中断を迫り、本来は別物である経営者の個人資産を差押に入ることすらあるからです。


内部留保への課税政策を政府が打ち出したら企業に資産の防衛方法はあるか?

内部留保への課税政策を政府が打ち出したら企業に資産の防衛方法はあるか?

 某政党が衆議院選挙の公約で消費税増税はストップする一方、企業の内部留保への課税を打ち出し、ちょっとした話題になりました。確かに、2016年度の企業の内部留保は400兆円を超え過去最高を記録しました。政府も現時点で内部留保に対する課税に無策なわけではありません。もし、内部留保への課税政策を政府が打ち出したら企業に資産の防衛方法はあるのでしょうか?


【年末調整近し】寡婦(寡夫)控除って何?受け忘れを防ぐ方法含め一挙にご紹介

【年末調整近し】寡婦(寡夫)控除って何?受け忘れを防ぐ方法含め一挙にご紹介

 「年末調整」の時期が近づいてきました。なるべくなら書類にミスの無い方が望ましいですが、寡婦(寡夫)控除は対象の従業員さんが受け忘れやすく、会社の経理担当者も見逃しやすい所得控除です。寡婦(寡夫)控除の定義、対象者と控除額、寡婦(寡夫)控除を受け忘れやすい理由、寡婦(寡夫)控除を見つける方法を一気にご紹介します。


【絶対ダメ】中小企業の粉飾決算がバレる理由・無くなる3つの信用

【絶対ダメ】中小企業の粉飾決算がバレる理由・無くなる3つの信用

 粉飾決算に手を染めている中小企業は非常に多く存在します。どの経営者にも大きな罪の意識はさほどありません。しかし、粉飾を重ねた企業がV字回復を遂げる可能性は非常に低く、繰り返し行われる粉飾はいびつな数字や企業活動に現れ、最後にはバレます。結果、粉飾決算がバレると、その企業は一気に3つの信用を失うこととなります。


【年末に向けて】思った以上に利益が出そうな個人事業主に有効な3つの節税対策

【年末に向けて】思った以上に利益が出そうな個人事業主に有効な3つの節税対策

 今年も残すところあと3ヶ月を切りました。個人事業者の方は、そろそろ今年の利益について着地点が見えてくる頃です。懸命に取り組んだ結果、思った以上に利益が出ている場合、仕事にも有用な形で行える節税対策を活用したいところ。そこで本稿は、年末に向けて思った以上に利益が出そうな個人事業主に有効な3つの節税対策を紹介します。


従業員の横領を絶対に許してはならぬ理由…自己破産されると最悪な事態に

従業員の横領を絶対に許してはならぬ理由…自己破産されると最悪な事態に

 税務調査で従業員の横領が発覚しましたが、既にお金は借金の返済に使われて、おまけに従業員が自己破産…こんな時でも横領に係る取引は仮想隠蔽行為として機械的に重加算税の対象となり、支払い義務が会社に課せられます。破産されると安易に貸倒損失も計上できず、銀行の心証も悪くなります。これらを踏まえると、経営者は絶対に横領されない会社の体制を作る必要があります。


カジノ法案成立から1年経過…5種類のギャンブルに対する現在の課税措置をおさらい

カジノ法案成立から1年経過…5種類のギャンブルに対する現在の課税措置をおさらい

 昨年の12月に、総合型リゾート整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。現時点で日本にカジノは存在しませんが、もし誘致が決定するとギャンブルとみなされる競技全体に対する課税方式が変更される可能性があります。そこで本稿は、現時点における5種類の代表的なギャンブルに対する課税措置を改めておさらいしてみようと思います。


節税ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。