節約 社長

節税

個人事業主が事業用不動産を売却〜消費税が発生する場合と発生しない場合

個人事業の資産売却時に消費税は発生する?

個人事業主が事業用不動産を売却〜消費税が発生する場合と発生しない場合

 個人事業主として事業用不動産を売却しようとする時に、消費税は必ず発生するでしょうか?答えはNOです。個人事業主であっても、消費税の課税事業者か免税事業者でその判断は分かれます。個人事業主の事業用資...

投稿日:2017年7月26日

クライアントへの交通費請求は「実費精算」と「報酬一体型」どっちがオトク?

交通費請求〜実費・報酬込〜どちらが良い?

クライアントへの交通費請求は「実費精算」と「報酬一体型」どっちがオトク?

 コンサルティングや調査業務など、通常の報酬のほかに交通費や通信費など業務に要した経費を、クライアントに請求することがありますが、会社によってそれぞれ、実費精算と報酬一体型で判断がわかれるところで...

投稿日:2017年7月26日

オフィス「家賃の年払い特例」の適用を検討する前にチェックすべき6つの点

家賃の年払い特例〜チェックすべき6つの点

オフィス「家賃の年払い特例」の適用を検討する前にチェックすべき6つの点

 「家賃の年払い特例」を適用すると、決算月間際に次年度分の家賃を年払いすることで、1年分の家賃支払額を一括で経費に落とせるため、効果の大きな節税対策となります。ただし、この特例も無条件に活用するこ...

投稿日:2017年7月20日

【勤め人必見】株や不動産の副業収入が会社にバレるのはどんな時?

サラリーマンの副業が会社にバレるワケは?

【勤め人必見】株や不動産の副業収入が会社にバレるのはどんな時?

 会社にサラリーマンとして勤めながらにして、その年収以上に稼ぐ人は沢山います。通常、副業収入が給与収入でないなら、副業がバレることは殆どありません。ただし、なぜか会社に副業がバレてしまう場合があり...

投稿日:2017年7月19日

悪役ユーチューバー・シバターさんに学ぶ駆け出し経営者の正しい納税方法

シバターさんに学ぶ経営者の正しい納税方法

悪役ユーチューバー・シバターさんに学ぶ駆け出し経営者の正しい納税方法

 悪役ユーチューバーとして有名なシバターさんが、2期目の会社について売上4,000万円程度の会社で、法人税を7〜800万円支払ったことについて、「税理士のミス」「節税対策が無策」というアンチコメントがあがっ...

投稿日:2017年7月17日

節税優先の会社は儲からないし潰れやすい。そのガチな理由を教えましょう!

節税優先の会社は儲からないし潰れやすい

節税優先の会社は儲からないし潰れやすい。そのガチな理由を教えましょう!

 世の中には様々な節税対策商品が存在しますが、経営者の中には節税対策商品マニアか?というほど、節税に対して躍起になる方がいます。しかし、キミアキ先生は、「節税優先の会社は儲からないし潰れやすい!納...

投稿日:2017年7月10日

スポーツジムの利用料金を医療費控除の対象にできるマル秘テクニック

スポーツジムの利用料金は医療費控除可能?

スポーツジムの利用料金を医療費控除の対象にできるマル秘テクニック

 不規則な生活による生活習慣病にかかったのをきっかけに、スポーツジムで身体を鍛え始めたという方って結構多いですよね。これらスポーツジム通いについては、メディカルフィットネス目的で、ある一定の基準を...

投稿日:2017年7月10日

特定支出控除がサラリーマンの節税手段として浸透しない2つの理由

特定支出控除が節税手段として浸透せぬ理由

特定支出控除がサラリーマンの節税手段として浸透しない2つの理由

 平成24年に使いやすい制度に改良された、サラリーマン向けの節税対策「特定支出控除」ですが、平成27年時点で全国の利用者はわずか1800人程度しかいません。当初はスーツなど衣料費も控除の対象となる...

投稿日:2017年7月7日

従業員や役員への貸付金が給与課税されるか否かは特例基準割合◯%で変わる

社員や役員への低利貸付は給与課税の対象?

従業員や役員への貸付金が給与課税されるか否かは特例基準割合◯%で変わる

 従業員や役員にとって、自分の現時点での資力ではどうにもできない、突発的なトラブルが生じたときに、彼らが信頼できる人間ならば、経営者が会社を通じて、低い金利で金銭の貸付を許可することがあるでしょう...

投稿日:2017年7月6日

企業VS企業の法廷闘争!勝者が受け取る賠償金は課税対象となるか?

法廷闘争で勝者が受け取る賠償金は利益か?

企業VS企業の法廷闘争!勝者が受け取る賠償金は課税対象となるか?

 企業活動が多岐にわたると裁判のリスクも大きくなります。判決が確定もしくは和解したことで、企業が損害賠償金を支払うあるいはもらうことになると、それは企業の損金・益金として計上することになります。た...

投稿日:2017年7月6日

憧れのリゾート会員権をゲット!購入費用は福利厚生費?交際費?

会社でリゾート会員権を買った後の会計処理

憧れのリゾート会員権をゲット!購入費用は福利厚生費?交際費?

 リゾート会員権は条件さえあえば、社員の福利厚生や取引先の慰労に使えるなど、会社にとって有用な資産となります。その購入費用は全額損金算入することが可能ですが、「どのような用途・目的で購入したのか?...

投稿日:2017年7月4日

従業員が通勤区間内の交通費を請求してきたら会社は支払拒否できるか?

通勤区間内の交通費を会社は拒否できるか?

従業員が通勤区間内の交通費を請求してきたら会社は支払拒否できるか?

 従業員から毎月あがってくる移動交通費の精算依頼を見ると、時々、通勤区間内(通勤手当の支給圏内)の交通費が混じっていることはありませんか?社員にはケッチいと思われるかもしれませんが、「これは定期券...

投稿日:2017年7月3日

小規模企業共済で損するのは◯◯解約をした場合⇒回避策はこれっ!

小規模企業共済は任意解約で課税額が増える

小規模企業共済で損するのは◯◯解約をした場合⇒回避策はこれっ!

 小規模企業共済は、掛金を処理することが認められ、経営者が65歳を超えて解約したり、仕事をやめることにより解約する場合、受け取る積み立てを退職所得扱いできる優れた制度です。ただし、途中解約する場合、...

投稿日:2017年6月26日

会社で購入したビットコインなどの仮想通貨は棚卸資産?それとも現金資産?

ビットコインは資産?それとも現金?!

会社で購入したビットコインなどの仮想通貨は棚卸資産?それとも現金資産?

 ビットコインやイーサリアム、リップルといったいわゆる「仮想通貨」の取引量が急増しています。会社で仮想通貨を購入している場合もあるかもしれませんが、これらを購入や決済をした場合、どのように会計処理...

投稿日:2017年6月21日

牛のゲップに税金?!世界各国「政策実行のコントロール」によるヘンな課税

「政策実行のコントロール」による課税とは

牛のゲップに税金?!世界各国「政策実行のコントロール」によるヘンな課税

 税金には、「社会の会費」「富の再分配」「景気調整」といった様々な役割が与えられていますが、更にもう1つ、税金には重要な役割があります。それは「政策実行のコントロール」という、税金のかけ方によって、...

投稿日:2017年6月20日

カード会社が発行する利用明細を領収書として使ってもOK?原則論と例外論

カードの利用明細は領収書として使えるか?

カード会社が発行する利用明細を領収書として使ってもOK?原則論と例外論

 カードで支払いをすると、毎月決まった日にカード会社から利用明細書が郵送されてきますよね。この明細書を見れば、カードで支払ったことが明らかに分かるので、領収書は不要じゃない?という意見の方もいるは...

投稿日:2017年6月14日

会社で購入した美術品を減価償却資産とするか否かはどう判断する?

会社購入美術品の減価償却判断はどう行う?

会社で購入した美術品を減価償却資産とするか否かはどう判断する?

 経営者が美術に造詣があったり、資産運用の1手段として活用する目的で、美術品を会社で購入することがあります。所蔵する美術品に価値がある場合、単純に固定資産と同じ減価償却を行ってよいのか、判断が難しい...

投稿日:2017年6月14日

美容整形の費用は経費でオチるか?答えは板東英二が知っている

美容整形の経費性は板東英二の事例に学べ

美容整形の費用は経費でオチるか?答えは板東英二が知っている

 芸能人に限らず、水商売などの接客業や営業職といった、直接人と相対する職業の人達の中には、見た目を整えて少しでも成績を上げようと美容整形をする人が少なからず存在します。この美容整形にかかる費用は、...

投稿日:2017年6月14日

女の子が大好きなワケだが出会い系バー代は費用に計上して良いのか?

出会い系バー代は費用にして良いのか?

女の子が大好きなワケだが出会い系バー代は費用に計上して良いのか?

 出来るオトコはアソビにも積極的。合法の範囲内で他人に迷惑をかけないならば、どんなアソビに行ったって、それはオトコの自由だ。たとえ、それが出会い系バーだったとしても。ただし、市場調査だ!接待だ!と...

投稿日:2017年6月8日

3億円拾った!どうするぅ?!拾ったお金は所得税の課税対象となるか?

遺失物が自分のモノになるまでの道のり

3億円拾った!どうするぅ?!拾ったお金は所得税の課税対象となるか?

 たまの日曜休みを取って、山菜を採りに山へ入ったところ、竹やぶでなんと黒いビニール袋に入った3億円を発見しました。これはまさか、失われた3億円ではないか!いずれにせよ、3億円の拾得者は、このお金につい...

投稿日:2017年6月6日