節約 社長

節税 ニュース

たとえ何十年前の税金滞納であっても税務署が追いかけてくるのはなぜ?

税金滞納は時効中断でずっと追いかけられる

たとえ何十年前の税金滞納であっても税務署が追いかけてくるのはなぜ?

 長い期間、会社を経営していると業績が厳しい状態の時に、やむなく税金滞納してしまうことがあります。ところが、これを小さな問題として「臭いものに蓋」をしてしまうと、後でとんでもないことになります。税...

投稿日:2017年11月1日

内部留保への課税政策を政府が打ち出したら企業に資産の防衛方法はあるか?

内部留保へ課税された際の資産防衛対策は?

内部留保への課税政策を政府が打ち出したら企業に資産の防衛方法はあるか?

 某政党が衆議院選挙の公約で消費税増税はストップする一方、企業の内部留保への課税を打ち出し、ちょっとした話題になりました。確かに、2016年度の企業の内部留保は400兆円を超え過去最高を記録しました。政府...

投稿日:2017年10月26日

【年末調整近し】寡婦(寡夫)控除って何?受け忘れを防ぐ方法含め一挙にご紹介

寡婦(寡夫)控除とは?受け忘れを防ぐ方法

【年末調整近し】寡婦(寡夫)控除って何?受け忘れを防ぐ方法含め一挙にご紹介

 「年末調整」の時期が近づいてきました。なるべくなら書類にミスの無い方が望ましいですが、寡婦(寡夫)控除は対象の従業員さんが受け忘れやすく、会社の経理担当者も見逃しやすい所得控除です。寡婦(寡夫)...

投稿日:2017年10月23日

【絶対ダメ】中小企業の粉飾決算がバレる理由・無くなる3つの信用

中小企業が粉飾決算を行うと失う3つの信用

【絶対ダメ】中小企業の粉飾決算がバレる理由・無くなる3つの信用

 粉飾決算に手を染めている中小企業は非常に多く存在します。どの経営者にも大きな罪の意識はさほどありません。しかし、粉飾を重ねた企業がV字回復を遂げる可能性は非常に低く、繰り返し行われる粉飾はいびつな...

投稿日:2017年10月20日

【年末に向けて】思った以上に利益が出そうな個人事業主に有効な3つの節税対策

利益が出てる個人事業主向け3つの節税対策

【年末に向けて】思った以上に利益が出そうな個人事業主に有効な3つの節税対策

 今年も残すところあと3ヶ月を切りました。個人事業者の方は、そろそろ今年の利益について着地点が見えてくる頃です。懸命に取り組んだ結果、思った以上に利益が出ている場合、仕事にも有用な形で行える節税対策...

投稿日:2017年10月19日

従業員の横領を絶対に許してはならぬ理由…自己破産されると最悪な事態に

横領社員が自己破産したら誰がケツをふく?

従業員の横領を絶対に許してはならぬ理由…自己破産されると最悪な事態に

 税務調査で従業員の横領が発覚しましたが、既にお金は借金の返済に使われて、おまけに従業員が自己破産…こんな時でも横領に係る取引は仮想隠蔽行為として機械的に重加算税の対象となり、支払い義務が会社に課せ...

投稿日:2017年10月12日

カジノ法案成立から1年経過…5種類のギャンブルに対する現在の課税措置をおさらい

2017年現在のギャンブル課税措置を解説

カジノ法案成立から1年経過…5種類のギャンブルに対する現在の課税措置をおさらい

 昨年の12月に、総合型リゾート整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。現時点で日本にカジノは存在しませんが、もし誘致が決定するとギャンブルとみなされる競技全体に対する課税方式が変更される可...

投稿日:2017年10月10日

ノーベル賞で経済学賞の受賞者のみが賞金から税金を支払わねばならぬワケ

ノーベル経済学賞のみ賞金課税となる理由

ノーベル賞で経済学賞の受賞者のみが賞金から税金を支払わねばならぬワケ

 今年も10月2日からノーベル賞の受賞者発表が始まりました。日本国の居住者が賞金を受け取った場合、900万スウェーデンクローナ(約1.25億万円)の賞金には税金が原則としてかかりません。ただし、ノーベル経済...

投稿日:2017年10月6日

選挙間近!政治資金パーティのパーティ券購入費用はどう会計処理すべき?

政治資金パーティ券 購入費用の会計処理

選挙間近!政治資金パーティのパーティ券購入費用はどう会計処理すべき?

 10月10日(火)公示、同22日(日)投票というスケジュールで、いよいよ衆議院総選挙が始まります。選挙戦を始めるとなれば莫大な費用がかかるため、立候補者達も何かと入用になります。そこで開催されるのが政...

投稿日:2017年10月3日

「儲かるほどに社会貢献できる」の意味を寄付金の観点から簡単に説明しよう

寄付金の損金算入範囲はいくらまで大丈夫?

「儲かるほどに社会貢献できる」の意味を寄付金の観点から簡単に説明しよう

 自分達の会社がある地区のイベントへ一部お金を出してあげる場合、これは「一般寄付金」と呼ばれる種類の寄付金になり、損金算入できる範囲が計算式で決まります。資本金1千万円・年間売上1千万円の企業、資本...

投稿日:2017年10月2日

未解決事件の解決に貢献して受け取った報奨金に税金はかかるか?

未解決事件の解決報奨金に税金はかかるか?

未解決事件の解決に貢献して受け取った報奨金に税金はかかるか?

 2017年は、未解決事件の容疑者摘発に結びつく情報を提供した市民に、警察庁が公費で報奨金を支払う制度(捜査特別報奨金制度)が始まってちょうど10年目の年です。もし未解決事件の解決に貢献して報奨金を受け...

投稿日:2017年9月29日

グルメ社長の食べ歩き費用はどこまで経費でOK?6つのパターンで可否判定

食べ歩き費用が経費となる時・ならない時

グルメ社長の食べ歩き費用はどこまで経費でOK?6つのパターンで可否判定

 経営者の多くは会食を兼ねて美味しいお店を知る機会が多いので、グルメへの造詣が深い傾向にあります。ただし、会社の領収書を切ってご飯を食べるなら、正当な理由が必要です。外食するたびに領収書を切る経営...

投稿日:2017年9月21日

秋は注目レース目白押し!競馬のハズレ馬券をムダにせず経費算入する方法

競馬のハズレ馬券を経費算入する方法

秋は注目レース目白押し!競馬のハズレ馬券をムダにせず経費算入する方法

 年末に向けて、菊花賞、天皇賞、有馬記念など、競馬ファンにとってはイベント目白押しの季節となってまいりました。アタリ馬券で得た配当が一定額を超えると確定申告を行う必要があります。ならば、ハズレ馬券...

投稿日:2017年9月20日

出張先で普通のホテルに泊まれない⇒ラブホテルに泊まって領収書もらうのはあり?

出張でラブホテルに泊まるのはありか?

出張先で普通のホテルに泊まれない⇒ラブホテルに泊まって領収書もらうのはあり?

 出張先で1日延泊しなければならなくなったのに、近場のホテルが全て埋まっていることがあります。このような場合に、ふと「ラブホテル」に泊まるのはありだろうか?と考える方もいらっしゃることでしょう。果た...

投稿日:2017年9月13日

土地の価格は「1物4価」目的別で土地の価格を4つ覚えよう

土地の価格は1物4価・4つの価格を覚えよう

土地の価格は「1物4価」目的別で土地の価格を4つ覚えよう

 平成29年7月3日に、平成29年分の路線価等が公表されています。今回の公表では、都心部を中心に不動産取引が盛況なことや、訪日外国人の受入促進のため開発が進んだ影響で、東京など大都市・観光都市の路線価が...

投稿日:2017年9月4日

コスト削減目的で導入したLED電球の購入費用は「資本」?それとも「費用」?

LED電球の購入代金は資本・費用どちら?

コスト削減目的で導入したLED電球の購入費用は「資本」?それとも「費用」?

 消費電力が通常の10分の1程度で済むこと、通常の電球と比較して寿命が3〜4倍長い、などのメリットに着目し、多くの企業が電球をLED電球へ切り替えています。ただし、LED電球の導入時は電気工事が必要となるケー...

投稿日:2017年8月28日

税金を避けて国を転々とする“パーマネントトラベラー”ってどんな人達?

居住地変え節税“パーマネントトラベラー”

税金を避けて国を転々とする“パーマネントトラベラー”ってどんな人達?

 パーマネントトラベラーとは節税を目的として、1年間に居住地を数か国転々と移動する人々のことです。彼らは、滞在するそれぞれの国で非居住者とみなされる日数しか滞在しないよう予め計算し、国をまたいで定期...

投稿日:2017年8月24日

スタッフへ自社商品を社内販売するなら割引率を30%程度に留めておくべき理由

社内販売の割引率は30%程度にすべき理由

スタッフへ自社商品を社内販売するなら割引率を30%程度に留めておくべき理由

 普段一生懸命働いてくれるスタッフたちに、貴方は常日頃から感謝しています。頑張りに応えてサービスの意味も込め、従業員に自社商品を破格の安値で気前よく社内販売してあげたいと思っているかもしれません。...

投稿日:2017年8月24日

大好きなパイセンの会社がピンチなので無利息でお金を貸そうと思うのだが…

他社へ無利息で貸し出すと未収利益で損する

大好きなパイセンの会社がピンチなので無利息でお金を貸そうと思うのだが…

 過去に散々お世話になったパイセン(先輩)経営者の会社が傾いています。これまでの経緯を考えた貴方はパイセンへの恩義を返すのは今だと思い、無利子で会社からパイセンの会社へ貸し付けを行うことを決意しま...

投稿日:2017年8月24日

漫画・キングダムを全巻ゲット!購入費用を会社の経費にできる場合・できない場合

漫画の購入費用〜経費算入可否の判断基準

漫画・キングダムを全巻ゲット!購入費用を会社の経費にできる場合・できない場合

 日本の漫画文化は子供に限らず老若男女幅広い世代に浸透しています。漫画好きの経営者は数多くいらっしゃいますし、一定の予算を図書費に充てているなら、漫画も何らの目的でこの予算内で購入したいと考える場...

投稿日:2017年8月23日