福利厚生

スポンサーリンク
福利厚生

社員旅行の費用を福利厚生費で堂々と落とす方法

 経営者ならば、従業員満足度を高めて長く働いて欲しいと考える方が多いことでしょう。給与面、働きがいの提供などは常に意識するとして、いつも頑張っている従業員に少しでもリフレッシュしてもらう手段の1つとして、社員旅行を企画されるかもしれません。社員旅行は福利厚生費として経費に計上できますが、一定の要件を満たす必要があります。事前にしっかり計画し税務調査で引っかからないようにしましょう。
福利厚生

社内ゴルフコンペ費用は福利厚生費で簡単に落とせない

 会社にゴルフ好きがいたり、取引先にゴルフ好きメンバーがいるなら、ゴルフコンペを開催する機会は多いはずです。社外の取引先等を対象としたゴルフコンペにかかった費用を「交際費」として経費算入することはできますが、社内の親睦を図る為に社員だけで行うゴルフコンペは、一定の条件下になければ「福利厚生費」として経費算入することができません。コンペ費用を福利厚生費とするための要件を解説します。
福利厚生

社員のインフルエンザ予防接種費用を経費で落とす方法

 あっという間に今年も終盤戦。冬もすぐそこまで来ています。冬と言えば毎年恒例、インフルエンザが流行する季節でもあります。インフルエンザに羅患すると通常その人は一週間前後休まねばならず、その不効率から企業を守るために、会社負担でインフルエンザの予防接種を従業員に受けさせるケースもあります。この時の会計処理としてワクチン費用を損金計上するための要件をプロに解説してもらいました。
福利厚生

ブラック社員を生まぬ組織作りは子育て主婦層の活用に光明あり

 自分の不平不満が全て会社のせいだと考えて、周りにも言いふらすような「ブラック社員」を抱えて、頭を悩ませる経営者が増えています。ブラック社員を生まないためには、「労働生産性とモチベーションの高い優秀な人材が集まる組織作りをする」ことが重要になりますが、中でも子育て主婦層に眠る優秀な人材の確保に成功している企業ではブラック社員が生まれにくいようです。人事のプロが解説してくれます。
福利厚生

節税対策にもなる共済会への加入をもう一度見なおそう

 会社で働きながら厚生年金を収めている人達の中でも、若い年齢層の方が格差拡大に不満を抱え、国民年金の該当者の若年齢層には、不払いの人達も大勢現れています。これらの若い年齢層では消費行動にも明らかな減退感が見えていますが、理由の1つとして将来の保障が少ないことが上げられます。加入しない企業も増えていますが、共済会制度は節税にもつながり福利厚生となるため今一度加入検討の余地があります。
福利厚生

有料動画の巨人・ネットフリックス利用して解った4つのこと

 世界50カ国以上で会員6500万人が利用し、本国アメリカでは全世帯の約25%が加入している、有料インターネット動画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」が9月2日(水)に日本でサービスを開始しました。筆者がネットフリックスに加入して、サービスを体験して感じた4つの点をまとめてみました。法人カードでも利用可能なので小規模な企業であれば、福利厚生で加入することも可能そうです。
福利厚生

ユニクロも導入 多様な働き方で人材確保につなげよう

 ファーストリテイリング社が、正社員約1万人を対象に、本人が希望すれば4勤3休の新たな勤務体系を10月から導入することが分かりました。柔軟な勤務形態を導入する場合、管理側としては勤務シフトの作成や労働時間の把握、特に法定外労働時間の把握が複雑になるデメリットがあります。中小企業における望ましい制度設計をプロに解説してもらいます。
福利厚生

モチベーション向上に効果なし!誤解される人事考課制度の役目

 経営者であれば、自社で働くスタッフたちの給料を少しでも多くしたいと願うのは当然のことだ。しかし社員のモチベーションアップのため、人事考課の成績と基本給の査定とを直接結びつけて、逆に社員の心が離れている例が多くの企業で散見されている。人事考課の真の役割と人事考課を設計する際に重要な5つのポイントを提示したい。
福利厚生

英語学習アプリなら全てのサービスがタダの“DUOLINGO”

 これから外国語の習得を目指そうと考えている方は多いはずだ。そこで本稿では読者の皆様へコストを抑えて英語を学習可能な、世界中で1億人を超える利用者のいる語学学習アプリをご紹介したい。『Duolingo』である。Duolingoは無料アプリにありがちな広告が表示されることもなく、全ての語学学習サービスを受けることが可能だ。利用してみるのはいかがだろうか?
福利厚生

デンソーが社員に朝食を無料提供しはじめる賢明な狙い

 自動車部品世界シェア1位のデンソーが、業務効率化や生産性向上を実現する朝方勤務を奨励するために、朝食の無料提供制度を試験的に始めることが発表された。社員食堂や食事の提供が無条件に福利厚生としてあって、社員もそれが当たり前と考えている会社は多いが、利益の出ている会社ほど社員の食すら仕事と結びつけて考えていることがわかる。
福利厚生

2015年働きがいのある会社 ランキングを一挙公開

 先週末、「2015年働きがいのある会社」ランキングがGPTWから発表された。大規模企業の1位はグーグル、中規模企業の1位はVOYAGE GROUP、小規模企業の1位はアクロクエストテクノロジー、という結果になった。社員のモチベーション・マネジメントは経営者にとって会社経営の要だが、自社の状況に適応した「働きがい」を作る必要がある。
福利厚生

食デリバリー 福利厚生で活用し美味しく節約

 社員の食事・間食は福利厚生費として処理し、非課税対象の経費として扱うことが可能だ。近年では福利厚生として利用可能で満足度の高いデリバリーグルメサービスが多数立ち上がっている。今回は特に優れたサービスを4つ紹介する。自社にあったサービスを利用することに一考の価値がある。
福利厚生

厚労省の新制度 社員のメタボ解消でコスト節約

 厚生労働省は、メタボ健診の数値が改善した人を対象に、公的医療保険の保険料を安くする新制度を発表した。社員の健康保険料は労使折半で支払われるため、保険料が安くなれば企業側の健保料支払いコストは減る。 メタボ改善が事業に良好な影響を与えている先行事例もあるため、企業のメタボ改善運動はますます高まる。
スポンサーリンク