財務

以下のカテゴリーもご参照ください。

補助金

再生エネ優遇見直し 太陽光発電の今後

 太陽光発電エネルギー施設の設置コストはかなりの割合を経費で落とすことが可能である。節税対策としてソーラーパネルを導入する企業も多いが、電力会社が新規買取を一旦保留するなど業界は混迷を極める。しかし再生エネルギー事業は国策である。時を買う視点で、冷静に業界を見るとこれから利益を出すことも可能といえる。
交際費

社員旅行で節税 遊びはどこまで問題なしか

 社員旅行は福利厚生費として節税対象の行事になる。社員の費用負担を軽くし、モチベーションマネジメント、互いをよく知る手段としても有効だ。更に「遊び」や「アレ」に関わる費用も、交際費に関する新しい税制度を活用すれば、かなりの規模で無課税にできる。社員旅行マル秘テクニックを一挙公開する。
交際費

忘年会 節約と大満足を両立する3つの方法

 秋も深まり11月後半からは忘年会シーズンがはじまる。飲食店も10月に入ると忘年会用に早割りサービスや共同購入チケット販売を盛んに行うようになるため、通常予約よりも多い時で50%程度費用を抑えることができる。社員が満足し経費も抑えられる忘年会を開催し経営者も心から楽しい時間を過ごそう。
補助金

起業時に役立つ補助金 体系的に理解しよう

 起業すると経営者はたいてい資金繰りに窮する。起業時に種々の補助金を知ることは事業の積極的な展開を助けるが、取得には自社事業がうまく補助金とフィットするか見極め効率的に応募を行う必要がある。 本投稿ではこれから起業する方向けに、お役立ち補助金別の主旨と取得に向く企業、注意点をわかりやすくまとめる。
退職金

独立前に検討すべき退職金利用の節税テクニック

 先立つ資金がなければ退職後起業したとしてもすぐに行き詰まってしまう。若い時に多額の自己資金を手に独立する人は少ない。独自のポジションがあり、会社を円満にやめることが可能で、会社と業務委託契約の交渉が可能なら、契約金を初年度は退職金としてもらおう。貯蓄があれば維持可能、自分へ入ってくるお金も効率的に節税可能だ。
法人保険

節税と経営者への資金還流に役立つ逆養老保険

 決算直前の節税対策、企業経営者の資金確保手段として、企業向け生命保険は有効な手段である。中でも近年脚光を浴びているのが、全額損金として帳簿計上可能で、税金の圧縮と資金確保について優れた機能を持つ逆養老保険だ。本記事では、当該保険のメリット・留意事項を探る。