集客

集客

販売相手を変えただけで”売上を倍増”させた不動産会社の事例【高単価を狙うB2B戦略】

企業の売上を2倍3倍に上げる方法は、顧客を変えるか、商品を変えるか、その両方です。不動産会社を例にしますが、個人から不動産会社や大家さんにターゲットを変えた事に需要があり受注が入りました。個人よりも企業等お金があるところとB2Bの取引をする方が単価が高く効率的です。
集客

地方の集客は一本釣りが重要な理由【専門性と商品コンセプトが成功のカギ】

大都会東京と比べると群馬や茨城では駅前に出店したとしても集客数は低いです。地方で売上を伸ばす為にはお客様の数を増やすことと同時に「一本釣り」で効率的に売上を上げることも重要です。それには誰にも負けないという高い専門性と魅力的な商品を扱うことによって差別化を図ることが大切です。
集客

売るランディングページを制作するための5つのポイント

こんにちは。ブリッジワークの高橋です。 サービス業を営むメンバーから、「Webサイトでランディングページを作ったのですが、全然反応が取れないので、一度見てもらえますか」という問い合わせをいただきました。 ランディングページとはW...
集客

あらゆる業界に共通する勝ちパターン

こんにちは島倉です。 長年、中小企業向けにコンサルティングをしてきまして、そこで気づいた「ビジネスで勝つには何に注意したらいいのか」ということをご紹介していきたいと思います。 「ビジネスで勝つには何に注意したらいいのか」 ビジ...
集客

八百屋で鱈を求めてくるお客がいた場合、どうする?

こんにちは島倉です。 今回はあなたが八百屋をやっている前提でこの記事を見てください。 鱈を買いに来たお客はビジネスチャンスなのか あなたは八百屋さんで当然野菜を売っているわけですが、「魚の鱈をください」というお客さまが来ま...
集客

WEB集客の新常識!追いかけてくる奴ら〜リマーケティング広告はもう通用しない?

「一度、どこかのWEBサイトにアクセスした後、そのWEBサイトの広告を見る機会が増えた」という経験はありませんか?これは、WEB広告の専門用語で「リマーケティング広告」と呼ばれるものです。コンバージョン率の高さから脚光を浴びたリマーケティング広告ですが、最近、少しずつ効果が薄れ始めています。その理由はなぜか?他の代替手段は無いか?について解説します。
集客

WEB集客から見た、赤字経営者が知らない正しい社名(店名・屋号)の名付け方

新しくビジネスを始める際の社名・店名・屋号決めは楽しいですよね。名付け方の基本前提は、それぞれの経営者が好きなようにネーミングすれば良いのですが、今の時代は必ず新規顧客がWEBで私達を検索して、お客様になるかを決める時代です。したがって、WEB集客を行うことを考えているならば、正しい屋号・店名・社名の名付け方があります。以下、詳細に解説します。
集客

2018年ウェブ集客のど真ん中トレンドはSPA(温泉じゃないよ)にあり!

ランディングページと似て非なるもの、シングルページアプリケーション(single-page application、略してSPA)が、WEB集客のトレンドとなりそうです。SPAと言っても温泉ではありません。インターネット集客に成功している人は既に手を付けている技術であり、おそらく2018年WEB業界のトレンドとなることでしょう。
集客

集客に強い優秀なホームページには◯◯がある 見栄えやデザインより大事なこと

多くの経営者は、ホームページを作って集客するには、見た目やデザインが重要だと考えます。しかし、これ以上に重要なのが、見込み客の実像を深く考察し、ホームページに訪れた見込み客の心理的変化を見据えたストーリー性あるホームページ作りです。本当に集客できるホームページを作りたかったら、この点を一番に考えるべきです。
集客

WEB集客の見込み客は4つのタイプに分類できる〜成約率を上げる情報発信のコツ

「十人十色」という言葉があるように、世の中には色んなタイプの人がいるので、WEB集客の情報発信で万人受けすることは困難です。1970年代に社会学者デビッド・メリルらが提唱した「Social Style(ソーシャルスタイル)」という分類法では、人を大きく4つのタイプに分類しました。それぞれのタイプ別にどんな情報を提供すると顧客になる可能性が高まるか、朴さんがわかりやすく解説してくれました。
集客

WEB集客の質を高める極意は「類は友を呼ぶ」戦術による情報発信にあり!

どうせWEB集客に力を入れるなら、単に成約数を増やすだけではなく、高単価の成約を増やしたり、リピートにつながりやすい成約に結びつけたいですよね。実際に、WEB集客でこれを実現することはある程度可能です。その方法は、情報発信の際に、自らと同じタイプの人に向けて、彼らが喜ぶ情報を発信することです。名付けて「類は友を呼ぶの戦術」。まずは自分のタイプを把握してみませんか?
集客

改善の順番を間違えるとWEB集客は爆死不可避〜ブラックな仕事をしないために

WEB集客の改善に本格的に乗り出す際に、多くの経営者はリーチ数やアクセス数から改善を始めようとします。しかし、この考え方は、WEB集客における典型的な失敗例を産み出します。なぜなら、これらの数字を増やしたところで、成約率やコンバージョン率が低ければ、会社の業績には何ら影響なく、無駄な業務を行ったに過ぎないからです。
集客

100人いたら99人がブログで集客できない最大にしてシンプルな理由

ブログで集客できるようになった人は、「目的を明確にする」「ターゲットを明確にする」「ターゲットに向けて“だけ”情報を提供する」という、たった3つのことをやっただけの人です。ブログ集客がいつまで経っても出来ない人は、このうち「ターゲットを明確にする」が全く出来ていない人です。
集客

情報発信し人を動かす側に立つか?傍観者のままでいるか?それが問題だ。

 この世界はただただ広く、私達の全く知らない場所で、全く知らない誰かが今日を生き、そして死んでいきます。インターネットを使って情報発信することは、極端に言えば私達があずかり知らない世界に生きている、いつか自分のことを求めてくれるであろう人とつながる可能性の広がりを意味します。傍観者のままでいてはなりません。
集客

ネット集客「無料でやろう思考」 でお金を失わぬ代わりに失う重要なモノ

 インターネットを使うと、無料でいろんなサービス提供を受けることが可能です。一方で、いざ自分達がインターネットで集客する立場になった際も、実はユーザー目線の延長で「無料で集客しよう」と考える傾向が、多くの人にあります。しかし、サービスを提供する人間が "無料でやろう思考" を持つのは非常に危険なことです。その理由をご説明しましょう。
集客

Googleの機嫌や動向を伺ってネット集客するのが全く無意味な理由

 ウェブ検索の世界はほぼGoogleが支配する寡占市場であるため、多くの人はGoogleに気に入られる方法や、Googleが好んでいるツールを使った情報発信がしたいと考えます。しかし、自分が気になる集客ツールが数年後にGoogleからどう評価されているかなんて誰もわかりません。そんなことを気にする暇があったら、今あるツールでお客様に役立つ情報を精一杯発信したほうがよっぽどプラスでしょう。
集客

接客業のHP・ブログで伝えるべきは、商品・サービス以上に「誰がやってるか」

 ホームページやブログから直接お客様に問い合わせをもらいたのに、なかなかもらえないという方はいらっしゃいますか?もし、そのような状況なら自分のホームページやブログをもう一度振り返って見てください。そこにサービスを提供する人間の顔やお客様の顔、商品・サービスを提供する風景はありますか?特に接客業のホームページやブログは、「誰がやってるか」が重要です。
集客

情報発信の際に踏まえておくべき事実〜見込み客は貴方のことを知らないし興味もない

 「“てにおは”が気になる。」「自分のことさらけ出して恥ずかしい」情報発信を始める際は、こんなことを気にしている人が多々います。しかし、見込み客は貴方のことを最初は誰も知らず、興味も持っていません。売れる前は、そんなテクニックや羞恥心を気にするより、ターゲットの心を掴むコンテンツ発信の継続を心がけねば、集客の実感が何年たっても得られないでしょう。
集客

集客につながる情報発信で大事なのは「質」と「量」のどちら?

 インターネットで集客につながる情報発信をする際の条件として、「質と量のどちらが大事?」という議論がいつも行われます。圧倒的に重要なのは質ですが、質の定義は「ターゲットの求める情報を伝えられている状態」であり、文章の滑らかさやキャッチコピーの秀逸さではありません。また、ある程度の質を実現するには、ターゲットを意識したトライアンドエラーの量も必要です。
集客

ホームページを改善して人を集める?そもそもアクセスが少ないと全く意味無いよ。

 「どうやったらホームページから売れるようになるんだ?」貴方と貴方の会社のメンバーは長い時間をかけて考え、デザインだ!文章の改行だ!と熱を込めて議論し改善策をアウトプットします。しかし、全く意味がありません。結果が出ません。なぜなら、それは人のいない場所で妄想しただけの、ただの自己満足、ムダな作業だからです。