目標がある時に誰のアドバイスを聞けば良いか?

営業

誰のアドバイスを聞けばいいか迷っている。

あの人はこんな事を言ってるけど、この人は全然違う事を言っている。

どうしよう!?

そんな方のお悩みに、脳科学教育コンサルタントのクロスがズバリお答えしましょう。

誰のアドバイスを聞けばいいのか

結論から言うと、『現役であること』、『自分の理想像に最も近い人であるかどうか』

この2つの条件が整っている人のアドバイスを聞きましょう。

『現役であること』

まず『現役かどうか』というのは、その理由として、現役の人は時代にあった、その瞬間の事例を沢山持っています。

逆に、『現役じゃない』人の場合、大体事例が古いか、事例が少ないんですよね。「知識はあるからアドバイスを聞け!」という人の話は大体、事例が少ないか、他人の事例をパクってるだけだったりするわけですよね。

「私も今、進行形で色々やっているし、また教えてまっせ」という人の話はアドバイスとして有益です。

理想像かどうか

2つ目の条件、『自分の理想像に最も近い人であるかどうか』についても考えてみましょう。

仮に、「私はMAX年収一千万行きました」という人と、「私は今、現在進行形でまだやってるし、年収5億円あります」という人がいたとします。

『過去一千万あったけど、今300万円ぐらいしかない』

『今現在進行形で現役で5億円ほど稼いでますという人』

年収300万円くらいだけれど一千万稼ぎたいなら、前者の意見を聞けばいいんですよ。

そしたら、場合によっては一千万ぐらいまでだったら行けるかもしれません。

いずれは年収300万ぐらいに落ちるというところも再現出来るかもしれません。

じゃあ、「俺は今現時点で5億円稼げるようなそんな億プレイヤーになりたいんだ」と言うのであれば、後者のアドバイスを聞くのが一番です。

現状の外・ぶっ飛んだところにゴールを設定しよう

ちなみに私は自分のゴールから逆算すると、それこそ数百億円レベルの年収がないと達成出来ないんですよね。

私がどんなゴールを持っているのかというと、まず『世界平和』、そこから降りて今度は『コーチングという文化が世界中に浸透しているような世界を作りたい』わけですよ。

なぜかと言うと、資金力があれば色んな事に投資出来ますし、色々と仲間も増やせますし、色んな所に寄付出来るよねと。

コーチングというものを、更に広めていくこともできるようになります。

私自身、今もガンガン稼いで情報発信もしているけれど、それでも伝わっていないという事は、やはり何かが足りてないという事なんですよ。

目標を設定したら、現状の外、ぶっ飛んだ遥か外の人の意見を積極的に聞くのがベストです。

少なくとも自分と同じぐらいか、自分より下か、目指している人でもない人の意見を聞くのは、かなり後回しで良いでしょう。

 
営業節約
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Jamahl Cross

Jamahl Cross

Founder & Co-Director
一般社団法人脳科学幼児教育研究協会 理事

​認知神経科学、脳リハビリ、発達精神病理学、進化心理学、発達障碍改善、認知行動療法など様々な分野を学び、実践を通じて統合する。独自の方法論に基づいた脳機能向上方法を編み出す。

企業脳科学、行動経済学、認知心理学によって解き明かされた非常識な企業成長法を提供。伸び悩んでいる企業を『平均利益率756倍の企業文化』へと変え、パフォーマンスを高めるなど数々の実績を持つ。

・社員のやる気を出させるのに苦労する
・昇給の効果に限界を感じている
・グループの能力を活かせずにいる
​・目標が現状維持になっている
・批判しあう割には前進していない
・暴言や八つ当たりが目立つようになった
・ネガティブ思考が風邪のように流行っている

これらの問題は、それぞれ科学的なデータによって原因の特定、予測、予防が可能です。

数千に及ぶ論文を元に、経験のみに頼らないエビデンスベースドアプローチのリーダー育成を目指します。

コンサルティング内容の詳細、予約はこちらから

Jamahl Crossをフォローする
節約社長