儲かっている社長が必ず実践している、世の中的には好ましくない3つのこと

経営
スポンサーリンク

儲かっている社長がやっていること1:朝令暮改

今日は「儲かっている社長がやっている3つのこと」というテーマでお届けしたいと思います。

では、早速1つ目から行きましょう。

一般的には、あまり好ましい言葉と捉えられていない「朝令暮改」ですが、儲かっている社長さんは、とにかくこの精神で仕事をやっています。

朝、これをやろうと思っていたら、昼には、これじゃダメだ!と、方針をすぐに変えるくらいのスピードで変化します。

昨日の夜は「〜が一番良いんだ!これでやろう。」と言っていたのが、次の日の朝には「あれは、自分が間違えていた。〜なやり方で行こう」と意見を変えます。

それくらい変わり身が早いです(笑)。

でも、考えてみてください。今の時代って本当に目まぐるしく物事が変わっていきますよね。

20年前にアプリゲームを専門に作る会社とか、家庭用ロボットを作る会社とか、そんなのなかったですよね。

じゃあ、20年前にテレビ局がこんなにも影響力を与える座を、ネットに奪われるなんてことも考えられなかったじゃないですか。

戦略とか戦術とか、行動計画とか、そういうものを一番良いやり方に、どんどんどんどん変えていきます。

失敗しながらもチャレンジして、新しい事業をどんどん作っていきます。

スポンサーリンク

儲かっている社長がやっていること2:やりたい放題

儲かっている会社の社長がやっていることの2つめは、「やりたい放題」です。

よく、ワンマン体制がダメだとか言いますけれど、成長過程にあるうちは、社長がやりたい放題じゃないと厳しいです。

自分を抑えて、我慢して、社員の言うことを聞いていると、大抵がダメになっちゃいます。

なんか、朝令暮改とかやりたい放題とか、どれだけ嫌な会社なんだって話なんですけれど、社員の言うことは大抵、「待遇を良くして欲しい」とか、そんな感じだったりします。

「これを〜したら、凄い利益になります。」とか、そういう話っていうのは、なかなか出てきにくいんです。

小さな会社のうちは、人材の質もそんなに良くないですからね。

ほんとうの意味で必死こいて、リスクを背負っているのは社長で、だいたい最初のメンバーは辞めていってしまいます。

でも、これって健全なことで、身体が成長するために代謝していくのと同じ作用です。

自分の意見を尊重して、120%で応えてくれる人が最初からいたら、そういう人は大切にしてあげてください。将来、あなたの後を任せられる可能性があるからです。

でも、あんまりにも社員さんに気を使いすぎて、会社の成長を止めるようなことをやっていると、本当に後ろ向きに転んでしまいますから、ビジネスの方針は「やりたい放題」を心がけているって方が多いです。

スポンサーリンク

儲かっている社長がやっていること3:先行投資

儲かっている社長がやっていることの3つめは、先行投資です。

自分にとって価値があると思ったら、人が「なんで?無駄遣いじゃないの?」って思うくらい、そこにお金を使います。

それから、儲かっている人は、必ずと言って良いほど自分への先行投資に、時間とお金を使っています。

自分のビジネスに直結する本を読んだり、メンターに会ったり、業界の最先端の現場へ足を運んだり、そういうことに多くの時間を費やしています。

本だったら、自分のビジネスに直結する本を少なくとも100冊くらいは読んでいる。

この人から学びたいと思ったら、その人から商品を買いまくって、自分に恩恵を与えざるを得ない状況にしてまで、教えを請う。

こんなふうに先行投資して、まずは与えて、そこから良い知識、経験、人脈を手に入れていって、自分の会社の明日を作る仕事を充実させていきます。

もしよければ、参考にしてみてくださいね。

 
経営
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

島倉大輔をフォローする
節約社長