サラリーマンの“サラリー”の語源は古代ローマで珍重された“ある調味料”にあり!

経営

日本では働く人、特に会社勤めの人のことを、英語の“salary”(給料、俸給)、“man”(人)をかけ合わせた和製英語の「サラリーマン」と呼びます。

実は、この和製英語の“salary”という言葉の語源を調べていくと、古代ローマで珍重された“ある調味料”に行き着きます。

それは一体何でしょうか?

スポンサーリンク

日本で会社勤めの人を表す言葉は「サラリーマン」

日本では働く人、特に会社勤めの人のことを、私達は「サラリーマン」と呼びますよね。

サラリーマンは英語の“salary”(給料、俸給)、“man”(人)をかけ合わせた和製英語で、日本独自の働く人を表す言葉です。

ちなみに、海外では働く人のことを、“Office Worker”と言うか、特定の職業(ミュージシャン、ドクター)という形で表すのが一般的です。

スポンサーリンク

サラリーマンの語源は古代ローマで珍重された調味料にあり?!

たしかに和製英語のサラリーマンは、給料をもらう人という意味でわかりますが、“salary”という言葉の語源を調べると、興味深い歴史のトリビアを知ることが出来ます。

なんと、“salary”の語源は、古代ローマで珍重された“ある調味料”を指す言葉だったのです。

古代ローマで珍重された調味料、それは「塩」です

古代ローマ共和国の公用語だったラテン語では、「塩」のことを“Salarium”と言います。

実は、英語で塩を表す“Salt”は、ラテン語から派生した単語であり、“salary”にも元々、「塩を買うためのお金」という意味があります。

スポンサーリンク

古代ローマ帝国の時代に塩は効果なものだった

なぜお金と塩を表す言葉に、古代の人達はこれほど密接な意味を込めたのでしょうか?

その理由は、古代ローマ帝国の兵隊達が給料を塩でもらっていた、“Salarium Argentum”という制度に由来しています

当時はまだ塩の大量生産が難しく、更に塩が長期保存が可能な貴重品であったことから、貨幣と一緒に塩を兵士たちに支給する仕組みがあったのです。

また、英語には、“worth one’s salt” という慣用句がありますが、この言葉は、「給料に見合うだけの働きをする」という意味を持ち、古代に奴隷を売買する際に塩と奴隷を交換していたことが、1つの由来とされています。

時は流れ、塩の生産量があがると共に、その換金価値は無くなっていきましたが、古代ローマ帝国時代にどれだけ塩が貴重なものだったかを、言葉はその由来を通して伝え続けています。

経営
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長