経費の支払いにクレジットカードを好んで使うべき3つの理由

効率化
スポンサーリンク

 クレジットカードを使うと、おもったよりも大きなお金を使ってしまうと考えて、カードで経費の支払いを行うのを避ける方がいらっしゃいます。しかし、企業経営者はクレジットカードを利用し、会社の経費を支払う習慣をなるべく身につけるべきです。経費の支払いにクレジットカードを好んで使うべき3つの理由をご紹介します。

クレジットカードで経費を支払う習慣を作ろう

 こんにちは。福岡の税理士、金成です。

 御社では経費をなるべくクレジットカードで払う習慣はありますか?

 もし、全ての経費が現金払いでしたら、クレジットカードの導入を今すぐ考えるべきです。

 本日は、経営者がクレジットカードを好んで使うべき3つの理由をご紹介したいと思います。

経営者がクレジットカードを好んで使うべき3つの理由

理由1:資金繰り面でメリットが生じる

 経営の格言に「Cach is King(キャッシュイズキング)」というものがあります。

 会社のB/S(貸借対照表)には現預金の他に売掛金、車両運搬具、建物など様々な資産が計上されます。

 その中でも現預金ほど流動性(すぐに使えるかどうか)に優れた資産はないという意味です。

 クレジットカードの使用は経費の支払いを先送りすることができる=手元資金が厚くなることを意味します。

 しかも、通常借入をした場合には利息の負担が生じますが、クレジットカードは手数料を相手が負担してくれるという、ある意味不思議なサービスなのです。

 計画的に利用すれば、会社のキャッシュを分厚くする上で、キャッシュカードほど貢献してくれる武器はそうそうありません。

理由2:経理負担が大幅に削減できる

 会計のクラウド化がこの4〜5年で急速に進んでいます。

 クレジットカードの支払いをクラウド会計と同期すると、記帳作業が大幅に削減できます。

 仮に1枚の領収書を手入力で記帳するのに30秒かかったとしましょう。

 月に200枚の領収書を記帳するためには約1時間40分(30秒×200枚)かかりますが、クラウド会計では自動で仕訳計上されますので、不要な時間となります。

 入力スタッフの時給が仮に900円だとすると、年間で約18,000円のコストダウンが可能なのです。

 仮に粗利率が25%のビジネスをしているならば、72,000円の売上を上げたのと同じ効果を、カードを利用することで得られます。

 更に、空いた時間でそのスタッフに別の仕事を頼むこともできれば、見える金額以上に会社のコスト削減も実現します。

理由3:経費の一元管理がしやすい

 法人用のクレジットカードは、種類にもよりますが様々な支払いに対応しています。

 家賃、光熱費、交通費、雑費などをカード払いとして一元管理することで、計画的な資金管理を行うことが可能です。

 カード会社によっては、四半期管理レポートを送付してくれるところもあります。

 更に法人用クレジットカードは、個人カード以上にポイントやマイルを貯めることが可能ですが、これらのポイントには税金がかかりません。

ビジネスが大きくなるほどに利用効果は大きい

 ビジネスが小さいうちには社長の個人カードで立て替えるというのも一つの方法ですが、ある程度の規模になったら法人カードの作成も検討してみましょう。

 ただし、法人カードは通常「業歴3年以上で2年連続黒字決算の法人」を審査基準とするところが多いので、まずは稼ぐ必要があります。

 どのようにクレジットカードを有効利用できるか、顧問税理士に相談することをおすすめします。

効率化
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カナリ総合会計事務所

カナリ総合会計事務所
代表税理士 金成 茂樹(かなり しげき)

「経営者が本業に100%専念できる環境づくり」が経営理念。
理念実現のために、近年はクラウド会計の普及による「会計の自動化」に尽力している。

毎月面談を強要する旧来型の税理士の在り方に疑問を感じており、これを廃止。
ITを駆使することにより「必要時に必要なアドバイス」を提供。経営の合理化に努めている。

2005年 大原簿記学校 入社 消費税法講師担当
2008年 KPMG税理士法人 入社
2010年 荒井税理士事務所 入所
2013年 税理士登録(登録番号:124636)
2014年 カナリ総合会計事務所 開業

カナリ総合会計事務所をフォローする
節約社長