「資本金は1円」ちょっと待って!1円会社設立が危ない3つの理由

経営

会社法が2006年に改正されたことで、1円の資本金で会社設立が可能になりました。

「1円で良いのね?会社作るのって簡単じゃん。」こう安易に考える人も増えていますが、ところがどっこい、会社を作るのは簡単でも継続する時に、1円の会社には困難が待ち受けています。

1円で会社を設立すべきでない3つの理由をご紹介します。

スポンサーリンク

資本金ってそもそもどのような用途のお金?

そもそも資本金とは、どのようなお金なのでしょうか?

会計的には「株主(出資者)が会社に払い込んだお金」として説明されていますが、簡単に言ってしまえば

「お金を出してくれた人に返さなくても良い会社が自由に使って良いお金」

と言い換えることができます。

会社としてビジネスをスタートさせるときに、活動資金として用意してもらったお金ですね。

ビジネスを開始するときには、どうしてもお金が必要になります。

何らかのカタチでお金を用意しなければなりませんが、「会社をつくろう!」と思い立った人(発起人)が集めて出すお金が、資本金というものなのです。

スポンサーリンク

確かに今は資本金が1円でも会社は設立できる

2006年に会社法が改正されたことで、資本金が1円であっても会社は作れるようになりました。

それまで「株式会社であれば1,000万円、有限会社であれば300万円」の資本金を用意する必要があったので、1円で会社が作れるというのは画期的なことでした。

それまでお金を集めることが出来ずに会社を作れなかった人も、資本金というハードルがほぼ無くなったので、簡単に会社が作れるようになったんですね。

実際の問題として、何年も運営されている会社にとってみれば、資本金の金額なんてそんなに意味が無いモノとも言えます。

あくまで帳簿上の数字であり、実際の会社の状態を反映していないことも良くある話なのです。

ただ、そうは言っても、会社のスタート時に用意すべきお金というのはある程度必要です。

法律的に「1円で会社は作れる」ようになっていたとしても、資本金が1円の会社は作るべきではありません。

その理由を、これからご説明したいと思います。

スポンサーリンク

1円で会社を作るべきではない3つの理由とは

結局、いずれ代表者がお金を出さねばならぬ時が来る

ビジネスを始める以上は、なんだかんだ言って、その時々でお金が必要になります。

全く何もない状況からビジネスを始める時はもちろんのこと、ある程度個人事業としてビジネスをされていた方が「法人成り」する場合も同じことが言えます。

自分自身がもらう生活費としての給料はもちろん、モノを仕入れるためのお金や会社設立のための諸経費、通信費や光熱費など、毎月かかるお金も必要になりますよね。

1円で会社を作った場合、会社の資本金はほぼゼロの状態ですから、どこからかお金を用意しなければなりません。

結局、なんだかんだ言って代表者がお金を用意しなければならないのです。

「だったら最初から資本金として用意しましょうよ」というコトです。

実際に仕事をしてお金が入ってくるまでのタイムラグを考えると、最低2か月分程度の運転資金は欲しいトコロです。

会社設立の費用などの初期費用を考えれば、3か月分程度の運転資金は、資本金として用意したいところです。

銀行から融資を受けるのであれば資本金が重要

「資本金が少なくても銀行からお金を借りれば大丈夫」

そう思っている方もいるかもしれませんが、銀行だってそんなに甘くはありません。

お金を貸す銀行の立場に立った場合、一番重要で、気になるポイントは「貸したお金がちゃんと返ってくるのか?」というトコロです。

「オレ、1円しか自分で用意出来なかったけど、足りない分貸してくんなぁい?」って言われて、銀行がお金を貸すと思いますか?

普通に考えれば、そんな危なそうなところにお金を貸してくれるトコロって無いですよ!

そういう会社に対しては銀行も慎重になりますし、リスクを背負わなければならないので、金利だって高くなります。

そもそも論として、「代表者が1円しか用意できないなんて本気でビジネスに取り組もうとしているのか?」って思われてもしょうがないのです。

いつまで経ってもお金が回らない

私もこの業界に20年近くおりますので、色々な状況の会社を見てきました。

実際に資本金が1円とは言わなくても、10~50万円ほどの小さい規模の資本金でスタートしている会社も多くあります。

そのような資本金が小さい会社において多い特徴が、「いつまでたってもお金が回っていかない」ということです。

順調に仕事が回っていけば、何とかなると思われるかもしれません。

ただ、仕事のボリュームが大きくなっていけば、それに併せて必要になるお金のボリュームも増えていきます。

最初から計画的にお金を準備できている会社であっても、資金繰りには気を付けなければなりません。

最初から資金計画に無理がある資本金1円会社では、なおさら資金繰りが厳しくなるのは当たり前です。

会社にお金を残すということは

  1. 会社が利益を出す
  2. その利益に対する税金を払う
  3. 利益から税金を支払ってお金を残す

という、3つのステップを踏まなければなりません。

ですから、自分たちが思っている以上に利益を出していかなければ、会社にお金は残らないのです。

スポンサーリンク

会社にとってお金は人間にとっての血液と同じ

言うなれば、会社にとってのお金は、人間にとっての血液のようなモノです。

貧血状態では健康な体を維持することができないように、会社にとってもカラダの規模にあったお金が必要になります。

最初から貧血状態でレースに臨んでいては、思うような結果が出ないのは当たり前です。

しっかりした計画をたてて、万全の状態でレースにチャレンジできるようにしましょう!

銀行が口座を開設したがらない「起業したばっかりの会社」が持つ4つの特徴
 これから起業する方は、「会社を起こして社長になったら、どういうことが起こるのかな〜」ということに興味津々かと思います。そこで本稿は様々な会社の開業に立ち会ってきたキミアキ先生が、銀行が口座を開設したがらない「起業したばっかりの会社」が持つ4つの特徴などに触れながら、起業したばかりの会社に起こる現象を教えてくれます。
経営
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
鈴木 一彦

鈴木一彦 プロフィール

◆保有資格

税理士、行政書士

◆モットー

「走る税理士」 それが私の別名です!

趣味はマラソンとトレイルランニング。
時間を見つけては、海に山に走りに出かけています!
今の目標は「日本百名山をトレイルランで走破」すること。
壁は高ければ高い方が挑み甲斐があるというものです。

私は生まれも育ちも小田原です。
愛着と思い入れのあるこの地で事務所を構えております。
神奈川県西地域が魅力ある場所になるためにチカラを注いでいます!

私は税理士や弁護士などの「先生商売」と呼ばれるお堅いイメージを無くすことをモットーとしています。

我々のような専門家は、もっとみなさまにとって身近な存在であるべきなのです。
困った時、助けてほしい時に気軽に何でも相談できるような、そんな存在になりたいのです。

一人で悩んでいても、なかなか答えが出てくるものではありません。

まずはお気軽にお問い合わせください!

◆経歴

昭和50年7月 神奈川県小田原市生まれ

平成6年3月 神奈川県立小田原高校卒業

平成10年3月 法政大学経営学部経営学科卒業、神奈川県秦野市の税理士事務所で勤務
(法人税申告300件、個人確定申告800件、相続税申告20件以上を担当)

平成23年12月 第61回税理士試験合格(簿記論、財務諸表論、法人税法、消費税法、相続税法)

平成24年3月 東京地方税理士会平塚支部にて税理士登録

平成26年3月 税理士法人を退社し、神奈川県小田原市にて鈴木一彦税理士事務所を開業

平成26年7月 経済産業大臣により経営革新等認定支援機関に登録される

平成26年8月 行政書士として登録(神奈川行政書士会小田原支部)

〜ブログも絶賛更新中〜

走る税理士 鈴木一彦のブログ

鈴木 一彦をフォローする
節約社長