節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

粗利2千万円を目指すなら複式簿記と心理学を勉強しろ!7冊のお勧め本を大公開

粗利2千万円を目指すなら複式簿記と心理学を勉強しろ!7冊のお勧め本を大公開
 1人で起業開業した後、粗利益で2千万円くらい稼ぐようになると、最低限の組織やチームが組みやすくなってきます。更にこの状態を保てれば会社はどんどん潰れにくくなります。会社の数字に強くなるために複式簿記、営業・広告、マネジメントのために心理学を学んでおくと、より強い会社ができあがるようになります。

粗利益2千万円目指すなら複式簿記と心理学の勉強を

 今日は「粗利益2千万円のための勉強法」というお話をします。

 粗利益というのは、決算書上では売上総利益と言ったり、原価計算上は限界利益と言ったりします。

 顧客ゼロから始めて、どこかの下請けでない場合、粗利益2千万円は早くても3年かかりますね。

 普通の人でも大体4〜5年かかって粗利益2千万円いきます。

 粗利益2千万円までもっていくと最低限の組織とかチームが持てるので、この後はだんだん潰れにくくなります。

 ですから、「下請けじゃないということは顧客は大体分散されているので、粗利益2千万円をとりあえず目指してやりましょう!」と私はいつも言っています。

 その時のための最低限の勉強はやっぱりやっておいた方が良いと思うんですね。

 粗利益2千万円を目指す時の勉強として切っても切れないのは、やはり会計です。

 ですから複式簿記は勉強しておいた方が良いです。

 それからあとは心理学です。心理学は営業でも広告でも使いますし、従業員さんを雇うときも結構 つかえます。

 難しいところまで勉強するのではなく、「サラッと軽い心理学」みたいな感じで良いと思います。

複式簿記は2級が受かるレベルになればOK

 まず複式簿記については、日本商工会議所の簿記検定を取れば大丈夫です。3級は個人事業者、2級はいわゆる中小企業の会計です。

 うちの息子が中学1年生で遂に簿記1級の勉強に入ったんですが、やっぱりね、1級となるとモノが違いますね…。

 自分も1級に受かったのは18歳のときですし、中学1年生の息子にはちょっとヒドイことしているな〜、と思うくらい内容が難しいので、皆さんも簿記は2級までで良いと思います。

 2級までやりますと原価計算とかね、中小企業の経営をやっていく会計がほぼほぼ分かりますので、その辺で止めておいて良いのではないかと思います。

 検定試験をおすすめするのは何故かというと、やっぱりね〜合格証書がくるとやる気が出ますよね。

 合格証書がくるがゆえに真剣に勉強する!っていうこともありますからね、ぜひおすすめします。

心理学を学ぶうえで有名な2人の著者と7冊の本

 心理学については2名の著者の方をご紹介しようと思います。

 まず精神科医の和田秀樹さん。

 和田秀樹さんの本は山ほど出ていますけれど、受験本以外は基本的に全部買っちゃって大丈夫です。

 そのくらい中小企業経営において本当に役立つことがたくさん書いてあります。

 ですから、「誰の本を読んだら良いか分からない」ってなったら、絶対に和田秀樹さんがおすすめですね。

 和田秀樹さんは40歳、50歳になってもどんどん勉強していきましょうって言われてます。

 ですから、40歳からの勉強法、それから50歳からの勉強法ってそういう感じで、比較的 年が上の人向けの勉強法の本も出してらっしゃいます。

 『人生の9割は40代で決まる』っていう本も書いてらっしゃいます。

人生の9割は40代で決まる (中経の文庫)
和田 秀樹
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 14,695

 「40代の頑張り」であなたは一生評価される!ってね、これ40歳になった方とか「やべ!そろそろ俺も頑張らなきゃ!」って、ね(笑)

 実は私、40代はあまり頑張ってなくてですね

 まぁ新しい事にチャレンジしたっていうのは、本当に営業でどん詰まってYouTube始めたくらいのもんで…。

 売らなくても売れるっていう成果が出たので、それはそれでまぁ良かったのかなと。

 あとは『バカの人』って本、これもオススメします。

 そっか!あいつは医学的にもバカだったんだ!!っていう本なんですが、人を雇った時とかにも関係あるんですけれど、色々とね顧客を選別していくときに、やはりこの手の心理学は勉強しておいた方がね、なんていうかな…心が楽になりますね。

バカの人 その傾向と対策
和田 秀樹
全日出版
売り上げランキング: 125,123

 それから、『自分を「平気で盛る」人の正体』っていう本も好きです。

自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書)
和田 秀樹
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 43,327

 ざっくり内容について触れると、和田秀樹さんが精神科医の立場からショーンKさんとかをちょっと皮肉っている感じです。

 でも実際、起業開業して本当にガムシャラに走っている時っていうのは、広告系とか、それから企業ストーリーとかを考える時、かなり実は”盛って”いきます(笑)。

 ですから広告とかは結構盛ったりするんですが、精神科医からすると悪い事のように書いていますね(笑)。

 競争を知らない従業員の心理状態が分かるのが、『心の強い男の子の育て方』です。

心の強い男の子の育て方―10歳までに知っておきたい!
和田 秀樹
学研パブリッシング
売り上げランキング: 11,464

 東京というのは競争の街なので、競争するのが当たり前ですけれど、競争の無い世界の中で育ってきた人も沢山いるわけですよ。

 そこで従業員さんに働いてもらう時に、競争の世界に来るとすぐに心が折れちゃうことがあるわけです。

 企業活動って基本的には競争なので、やはり心のケアからしっかり考えていかないといけないしっていう、人を雇う時にも役立つ本です。

中山マコトに学ぶお金をかけずに稼ぐ仕組作り

 それからもうひとかたご紹介します。中山マコトさんです。

 未だに実務をやる時に中山マコトさんの本をたくさん使います。

 まずは、『仕事がどんどんやってくる目立つ技術』というやつです。

仕事がどんどんやってくる 目立つ技術
中山 マコト
中経出版
売り上げランキング: 61,596

 「ビジネスは目立てば、80%が成功だ!」って、これいかにも私も言いそうでしょ(笑)。

 元ネタは中山マコトさんです。

 次は、『選ばれるフリーランス100の仕掛け』です。

「選ばれる! 」フリーランス100の仕掛け
中山 マコト
技術評論社
売り上げランキング: 204,425

 中山マコトさんがフリーランスとしてどんどん仕事を取っていくときの仕掛けを紹介しています。

 この仕掛けをずっとやっていれば粗利2千万円くらいまではもって行けるし、2千万円あれば最低限のチームや組織を持てるので、会社も潰れにくくなると。

 そしてこの中山マコトさんの本の良さっていうのは、本当にね〜お金がかからないんですよ(笑)。

 なるべくお金がかからない状態で、ちょこちょこ仕掛けて仕事を取って行こう!みたいな感じなんですね。

 そして、『うまくいく人が必ず持っている黄金の仕組み』もご紹介しましょう。

うまくいく人が必ず持っている黄金の仕組み
中山マコト
WAVE出版
売り上げランキング: 25,364

 どんどん仕事が入ってくる仕組みをまず作ってしまおうぜっていう感じで、こういう本も起業開業したての方には役立つと思います。

 最後に、『バカ売れキャッチコピーが面白いほど書ける本』

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本
中山 マコト
中経出版
売り上げランキング: 15,384

 「たった1行で、商品が動き出す!」という本なんですが、これは私の中学1年の息子もあっという間に読んでしまいました。

 キャッチコピー1つで物が売れる・売れないっていうのを、実際に我々も体験しているので、じゃあどういうキャッチコピーで引きつけて覚えてもらえるかとか、そういうのって日々実践しているわけですよ。

 その時にやっぱりキャッチコピーっていうのは、実際はアウトプットですね。

 アウトプットで、実は中山マコトさんの本の法則を見ながら、ガンガンにアウトプットして訓練していくっていうのを私共はやっています。

 粗利益2千万円を達成できれば、下請けでない限り、小さな会社っていうのはまず本当に潰れないです。

 そこまでどうやって持っていくかって時が来たら、複式簿記と心理学、本当にこれくらいは勉強しておいた方が良いです。

 ぜひオススメします。


 

2018年1月17日

心理学 会計学 経営者

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。