節約 社長
大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

常にプラス思考だと疲れるだけ〜プラス思考強迫症を克服せよ

常にプラス思考だと疲れるだけ〜プラス思考強迫症を克服せよ
 本やインターネットを見ていると、「プラス思考が成功を招く!」という言葉がそこかしこに氾濫しています。しかし、実際のところ、常にプラス思考でいようとすると、気持ち悪さを覚えたり、そうなれない時に自己嫌悪を感じ、プラス思考強迫症に陥ってしまうものです。これを克服するにはどうすれば良いのでしょうか?考えてみましょう。

いつでもプラス思考でいるのって疲れません?

  「プラス思考が成功を招く!」

 誰もがこんな言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

 これは、ナポレオン・ヒルプログラムに代表される、積極的な心構え(positive mental attitude)が、成功をもたらすと考える理論を表します。

 例えば、片足を失ってしまった場合、2つの考え方があります。
  • 自分は片足がなくなってしまったと、失った方に焦点を当てて考えるマイナス思考
  • まだ、もう片方があると、残っている方に焦点を当てて考えるプラス思考
 この時、「失ったものを考えるのではなく、残っているものを考えるプラス思考が大事だ!」と考えることは正しいことですし、プラス思考の方が成功するでしょう。

 しかし、この考え方って、いつでもすんなり受け入れられるものでしょうか?

 人によっては、「いつでもプラス思考でいるなんて気持ち悪い」と感じる場合もあるのではないでしょうか?

プラス思考強迫症に陥ってはいないだろうか?

 さて、プラス思考をよく表す言葉に、“プラスの気は建設、マイナスの気は破壊”というものがあります。

 これも色々な本に書かれており、プラスの気を持つことが大事だ、ということを説いています。

 Facebookでも、よく「おはようございます。今日もプラス思考でいきましょう!」というメッセージを毎朝投稿している人がいますよね。

 世の中にはいつでも「プラス思考」が氾濫しています。

 ところが、頭では、プラス思考を持たねば!と分かっているのですが、気持ちの方は、それになかなか付いていけないものです。

 例えば、夫婦ケンカをした時、妻の気に食わないことが次々に頭に浮かんで、「なんてヤツだ!」と、心の中で毒づいています。

 しかし、次の瞬間には、「あぁダメだ、もっとプラス思考にならなければ…」と反省したりしますが、プラス思考ができないのです。

 こうなると次は、プラス思考ができない自分を「また、マイナス思考になってしまった」と責めてしまいます。

 プラス思考をしなければならないのにマイナス思考になってしまう、そんな自分を「ダメだ!ダメだ!」と責めてしまう。

 これを私は「プラス思考強迫症」と呼んでいます。

プラス思考強迫症はどうすれば克服できるか?
次のページへ >>

2016年11月15日

プラス思考強迫症 プラス思考 経営者

大場保男
大場保男中小企業診断士

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

大場保男 さんへ問い合わせ

問い合わせ