節約 社長
松尾 順
松尾 順プロフェッショナル・マーケター - ジェネシスコミュニケーション

電話はネットと併用すると最強の営業ツールになる〜インサイドセールスのすすめ

電話はネットと併用すると最強の営業ツールになる〜インサイドセールスのすすめ
 顧客1人1人に直接メッセージを届けるダイレクトマーケティングの世界でも、デジタルツールの活用がますます重要視されています。一方で、デジタルツールのみを利用した顧客との関係作りは効率的ですが、リアルなニーズを拾いきれない場合もあります。そこで注目されているのが、電話とネットをミックスした営業手法です。電話がなぜ重要視されているのか、その理由をご紹介します。

ダイレクトマーケティングで顧客と良好な関係を築こう

 こんにちは。ジェネシスコミュニケーションの松尾です。

 私の得意とする主な専門領域は、「マーケティングリサーチ」、および「CRM(Customer Relationship Management)」です。

 マーケティングリサーチの適用範囲は様々ですが、ざっくり言うと「顧客理解を深めること」が主目的になります。

 一方、CRMは、日本語に直訳すると「顧客関係性管理」となりますが、こちらもざっくりというと、お客様との良好な関係を構築・維持することが目的になります。

 そして、CRMでは、上記目的の達成を目指すために必要な「仕組み(ITシステム等)」や様々な「コミュニケーション施策」を企画・開発・運用します。

 このCRMのためのコミュニケーションにおいて重要になるのが「ダイレクトマーケティング」のアプローチです。

 ダイレクトマーケティングとは、端的に言うと、対象顧客(見込客)一人ひとりに直接メッセージを届けることで、自社商品購入などなんらかの働きかけを行うもの。

 したがって、ダイレクトマーケテイングでは、郵便のDMや、eメール、電話などを用います。

 これらは、基本的に対象顧客一人ひとりに直接アプローチできるコミュニケーションツールだからです。むしろ、こうしたツールを使うからこそ、ダイレクトマーケティングと呼ばれています。

ダイレクトマーケティングで電話に再び脚光

 さて、近年、インターネットが浸透し、eメールだけでなくLINEを始めとするSNSが日常のものとなっています。

 このため、ダイレクトマーケティングもデジタルツールの活用に大きくシフトしましたが、同時に再び注目を集めているのがアナログな「電話」です。

 電話は「同期ツール」ですね。すなわち2者がリアルタイムで接続し、双方向のやりとりを行うことが前提のツールです。(ちなみに、eメールやチャットは非同期ツールです)

 同期ツールはお互いに時間的に拘束されるため、

  「いつでもどこでも(やりとりできる)」

 というわけにはいかないのですが、リアルタイムでつながっていますから、相手の反応に即した柔軟なコミュニケーションができます。

 そこで、特にB2Bマーケティングで「電話」が積極的に活用されるようになってきています。

電話によるインサイドセールスとMAを複合して利用すると効果抜群
次のページへ >>

2016年11月4日

マーケティングオートメーション 営業 電話

松尾 順
松尾 順プロフェッショナル・マーケター - ジェネシスコミュニケーション

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。