助成金

助成金を活用する事でレバレッジを効かせた経営を実現できます。助成金に関する情報は産業などの条件によって様々です。貴社に有利な助成金ニュースをお届けいたします。

スポンサーリンク
助成金

助成金を申請する前に会社として準備しておきたい4つのこと

 助成金の給付を受けるということは、会社の将来的な目標を掲げ、目標を達成して会社を新たなステージに引き上げるために、国から手段としてお金を受け取ることを意味しています。従って、助成金の申請を検討するなら、会社は「経営方針の明確化」をはじめとして、事前に4つの準備をする必要があります。
助成金

経常利益6%の会社が約120万円の助成金を受け取る際にかける労力の目安は?

 助成金を申請する際に、経営者の皆さんが悩まれることの1つが、「この助成金を取得する際にかける労力は果たして給付を受けた分でペイできるのか?」ということです。ならば、どれくらいの手間をかけるべきか、目安を抑えた適正な労働配分で申請を実行するまでのこと。そこでオススメしたいのが、経常利益から助成金にかけるべき手間と労力の目安を把握する方法です。
助成金

知らないと怪我するよ!助成金を申請する際に踏まえるべき4つのデメリット

 助成金の給付を受けることには様々なメリットがあります。一方で、返済不要なお金を国からもらえるわけですから、様々な制限や手間が発生するのも事実です。経営者はこれらデメリットを冷静に踏まえ、自社が本当に必要としている分野の助成金を申請する必要があります。以下、4つのデメリットをご紹介しましょう。
スポンサーリンク
助成金

なぜあの企業は助成金に力を入れるの?助成金を申請する5つのメリット

 企業の中には助成金に詳しい専属チームを抱えている会社があります。なぜそんな部隊を抱えている会社があるのか?理由は、助成金を申請することで、これらの会社が余りあるメリットを享受しているからです。そこで、「助成金の全て〜活用のイロハ」シリーズ第3回目は、「助成金を申請するメリット」についてご紹介しようと思います。
助成金

助成金と補助金を比較して見つけた3つの共通点と4つの異なる点

 「助成金と補助金の違いを教えて」と言われたら、殆どの方は言葉につまるはずです。なぜなら、両者は法律などで明確な区分けがされていないからです。しかし、助成金と補助金は似て非なるもの。そこで本稿は、助成金と補助金の共通点をご紹介した上で、理解しにくい両者の違いについて、わかりやすくご説明します。
助成金

助成金ってどんな制度?なぜ国は助成金を増やしているの?

 よく耳にする「助成金」ですが、我が国の企業で受給要件を満たして活用している企業は、全体の20%以下に留まっていると言われます。使わぬ理由の殆どは、「どんなものか内容を知らないから」「申請するのが面倒くさそう」という勿体無いものばかり。そこで本稿は、「助成金ってどんな制度?」「なぜ国は助成金を増やしているの?」という素朴な疑問にお答えします。
助成金

社員を解雇すると助成金が受給しにくくなるって本当ですか?

 助成金の多くは、返済不要かつ使用目的を問われないものが多いため、経営者にとっては非常に魅力的な制度です。一方で助成金制度は、雇用保険制度の一環として実施されるものであり、雇用機会の維持及び増大を図った企業に支給されることになっています。これらの趣旨に鑑みると、社員を解雇した場合、助成金は受給しにくくなるのでしょうか?
助成金

60歳以上の有能な社員がいるなら「65歳超雇用推進助成金」はガチでオススメ

 平成28年10月より、高年齢者の就労機会の確保、及び希望者全員が安心して働ける雇用基盤の整備を目的として「65歳超雇用推進助成金」が創設されました。この助成金は創設当初から当サイト記事でも扱っていますが、60歳以上の有能な従業員を抱えている会社さんにとって、リスクは本当に限りなく少ないものです。ぜひ申請をしてみませんか?
助成金

新たに始まったリスクが少なく高額な助成金制度〜65歳超雇用推進助成金

 平成28年10月19日より、高年齢者の就労機会の確保、及び希望者全員が安心して働ける雇用基盤の整備を目的として「65歳超雇用推進助成金」が創設されました。条件を満たしている企業は新たな雇用や設備等の購入も必要とせずに、助成金を受給することが可能な優れたものです。詳細を解説いたします。
助成金

“使える助成金”は「目的意識」を明確化することで絞り込める

 助成金は、銀行融資と異なり返済する必要がない、「人」に関して必要なお金を賄う資金調達手段ですが、政府や自治体が設けるものを合わせると、常時100種類以上存在します。従って、自社の経営において最適な助成金を見つけるのは至難の技です。自社に最適な助成金を見つけるためには、助成金で何を達成するのか?「目的意識」を明確化する必要があります。
助成金

ママの多い職場に朗報!「子育て期短時間勤務支援助成金」とは

 人材確保が必要な企業ほど、ワークライフバランスを重視する子育て世代の人たちを支援し、優秀な人材を確保することを求められています。そのような企業にお勧めなのが、子育て期短時間勤務支援助成金です。子育てと家庭、そして仕事の両立を目指す従業員をサポートする、その内容を詳細に解説いたします。
助成金

非正規労働者の正社員化を支援するキャリアアップ助成金とは?

 非正規労働者と正規労働者の間では、賃金や社会保証にかなりの格差があります。キャリアアップ助成金は、両者間の格差を是正する目的、もしくは正社員化を促進する目的を持ち、非正規労働者を正規労働者へ転換する取り組みを行っている事業者に対して支給される助成金です。本稿ではキャリアアップ助成金の概要を説明します。
助成金

業績悪化時のリストラにちょっと待った!雇用調整助成金とは?

 人材は会社で一番の資産。一時的な業績悪化時も何とか従業員を解雇しないで、雇用維持に努めたいと多くの経営者が考えるはずでしょう。そんな時に検討していただきたいのが、雇用調整助成金の申請です。休業もしくは従業員に教育訓練を受けさせる、どちらかを選択することで、1日1人あたり最大で7,775円を受け取ることが可能です。
助成金

新創業融資以外もあるよ!起業時に使える3つの資金調達方法

 起業時の資金調達手段として一番メジャーな方法は、日本政策金融公庫の「新創業融資」です。しかし、これ以外にも起業時には様々な方法で資金調達を行うことが可能です。一つの資金調達方法に決め打ちせず専門家と相談しながら、起業時に複数の方法で資金調達することがリスクヘッジにつながります。
助成金

「企業主導型保育事業」の助成金を活用し会社で保育施設を作ろう

 育児をしながら正規社員として夫婦が共に働くためには、「仕事場でも育児ができる環境」が必要です。これを踏まえて政府は、従業員のために保育施設などを設置した大企業や中小企業を対象とした「企業主導型保育事業」において助成金を交付しています。詳細をご紹介します。
助成金

誤解の多い助成金:経営者が答えに詰まる8つの疑問に回答

 助成金は、非常に魅力的な制度ですが、ごく一部の企業にしか利用されていないのが実情です。その理由は2つあり、1つ目は申請しなければ受給できないこと、2つ目は経営者が助成金について多くの誤解をしていることです。そこで本稿では経営者が助成金についてよく誤解している8つの疑問にわかりやすく回答します。
助成金

【必見】男性社員が育休を取ると会社が最大60万円もらえる「出生時両立支援助成金」

 平成27年に男性の育児休業取得率は、2.65%と過去最高の取得率に到達しました。しかし、政府の目標とする男性の育児休業取得率は13%であり、目標には程遠い取得率です。そこで政府は今年、「出生時両立支援助成金」を新設し、男性に育児休業を取得させる企業へ最大60万円の助成金を出すことを決めました。詳細を解説いたします。
助成金

学生インターンやアルバイトのために助成金は申請できる?

 学校に通いながら、自社で一生懸命に働くインターンの学生を見ると、彼らの教育を更に充実させたいと感じて、助成金の申請を検討する経営者の方がいらっしゃるかもしれません。ところで学生を対象として、助成金を受けることは可能なのでしょうか?助成金のプロに解説していただきます。
助成金

これを読めば解決!「補助金」と「助成金」って何が違うの?

 「補助金」と「助成金」名前は似ているけれど、制度のどこがどう違うのか?答えられる人は意外と少ないようです。そこでお金のプロが、補助金と助成金の共通点と相違点を解説してくれます。更に両者のうち、代表的な制度も3つずつあげていただいた上で、利用するメリットと注意点を指摘していただきます。これを読めば、補助金も助成金もまるわかりです。
助成金

更に支給額が増額され活用し易くなったキャリアアップ助成金

 キャリアアップ助成金とは、勤務地限定正社員、短時間正社員等の多様な正社員への転換制度を、パートタイマー、アルバイト等の有期雇用労働者が利用した場合に、企業へ支給されるものです。この助成金は今年も支給枠が拡大しましたが、背景にはどのような国内問題があるのでしょうか?申請時の注意点も含めて助成金のプロが解説してくださいます。
スポンサーリンク