IT

ITテクノロジーの活用は節約/効率化の為の最適な手段の一つです。ただし間違った導入をすると逆に手間がかかったり管理にリソースを取られたりと本末転倒な状態を生みかねません。節約社長では少しでも多くの活用方法をご提案していきます。

スポンサーリンク
IT

「SEO対策に取り組んでいますが全く成果が出ていません」の場合

 インターネットで何かを売るためSEO対策に取り組んでいる人はとても多くいます。ただ、商品やサービスを早く売らなければならないのに、SEO対策のみに頼るのは愚の骨頂です。成果を早くあげるためには広告の出稿によるリーチと実験の検証、ブラッシュアップが欠かせません。
IT

一日に一度もググらない人は時代の変化を読み取ることができない

発売されたばかりの本の内容が既に古い!時代の変化スピードがあまりにも早いため、本を書いている時間、校正し、発売に至る過程で、情報が陳腐化したものになっているのです。最新の情報は人の頭とインターネットにあります。人の頭から学べる情報量は限定的ですが、WEBは私達に必要な時代の変化を常に情報提供しています。検索する習慣がないと時代の変化に気がつくことはできません。
IT

中小企業同士で作る新シェアリングエコノミー セクションバーターとは?

21世紀は所有から共有の時代への過渡期です。中小企業でも人件費や資材費の高騰により、コスト削減・生産性アップを図っても、自社内で全てを内製化しようとするほど負けやすい時代になっています。そこで本稿は節約社長メンバー南本さんが、シェアリングエコノミーの発想を応用した『中小企業のセクションバーター経営』を提案してくださいます。一体どのようなものなのでしょうか?
スポンサーリンク
IT

大人が毛嫌いする場所とやり方で、いつの間にか膨大な資産とビジネスを作る若者達

2017年に発表された「中学生の将来なりたい職業ランキング」で、男子第3位はユーチューバーでした。ところがこれに一部の大人は激怒し、専門家を利用してまで、彼らの夢をストップさせる論調を展開しました。反対する大人が持ち出した理由は「収入が不安定」というもの。じゃあ、実際どうなのよ?ということでキミアキ先生が持論を解説します。
IT

スマホ全盛期の今こそ、名もなき者達はネット上に「シグナル」を作れ

新しい取り組みを始める際は、多額の宣伝広告費を支払うことで一定の認知を上げることが可能です。しかし、起業したての会社、資金力に乏しいフリーランスが、初期段階でこのような方策を取ることは困難です。世の中のほとんどの人が私達の魅力や強み、弱みを全く知らない中で、私達はどのように自らの「シグナル」を作ることができるのか考えてみましょう。
IT

動画メディアで起業がブーム!ただし、マネタイズ困難で赤字垂れ流しの予感

女性をターゲットとしたCチャンネル、”料理系”動画メディアkurashiruなど、独立系の動画メディアが近年立ち上がっています。これに追随する形で多くの起業家が動画メディアを立ち上げていますが、実際には殆どマネタイズと黒字化を達成出来ていないのが現実です。中小企業が動画を活用するとしたら、どんな方法が良いのか?キミアキ先生が解説します。
IT

WEB集客の新常識!追いかけてくる奴ら〜リマーケティング広告はもう通用しない?

「一度、どこかのWEBサイトにアクセスした後、そのWEBサイトの広告を見る機会が増えた」という経験はありませんか?これは、WEB広告の専門用語で「リマーケティング広告」と呼ばれるものです。コンバージョン率の高さから脚光を浴びたリマーケティング広告ですが、最近、少しずつ効果が薄れ始めています。その理由はなぜか?他の代替手段は無いか?について解説します。
IT

WEB集客から見た、赤字経営者が知らない正しい社名(店名・屋号)の名付け方

新しくビジネスを始める際の社名・店名・屋号決めは楽しいですよね。名付け方の基本前提は、それぞれの経営者が好きなようにネーミングすれば良いのですが、今の時代は必ず新規顧客がWEBで私達を検索して、お客様になるかを決める時代です。したがって、WEB集客を行うことを考えているならば、正しい屋号・店名・社名の名付け方があります。以下、詳細に解説します。
IT

2018年ウェブ集客のど真ん中トレンドはSPA(温泉じゃないよ)にあり!

ランディングページと似て非なるもの、シングルページアプリケーション(single-page application、略してSPA)が、WEB集客のトレンドとなりそうです。SPAと言っても温泉ではありません。インターネット集客に成功している人は既に手を付けている技術であり、おそらく2018年WEB業界のトレンドとなることでしょう。
IT

集客に強い優秀なホームページには◯◯がある 見栄えやデザインより大事なこと

多くの経営者は、ホームページを作って集客するには、見た目やデザインが重要だと考えます。しかし、これ以上に重要なのが、見込み客の実像を深く考察し、ホームページに訪れた見込み客の心理的変化を見据えたストーリー性あるホームページ作りです。本当に集客できるホームページを作りたかったら、この点を一番に考えるべきです。
IT

WEBに掲載できる魅力的な「お客様の声」を意図的に集める2つの方法

アナログ集客と同じで、WEB集客でも「お客様の声」があると、コンバージョン率や成約率が上がりやすくなります。ただ、実際にお客様の声を集めようとする多くの方が、「そもそも魅力的なお客様の声が集めにくい」と感じているのが現実です。どうすれば、WEB集客に活用できる魅力的なお客様の声を集められるのでしょうか?具体的な2つの方法をご紹介します。
IT

コンバージョン率を高めるランディングページ(LP)4つの基本構成STEP

WEB集客において、最後にお問い合わせ・予約を獲得する工程に関しては、「ランディングページを使う」パターンが多く使われます。ただし、ランディングページにも様々な書き方や見せ方があるため、どんなものを作れば良いか迷う方がいらっしゃいます。そこで本稿は、「ランディングページの基本構成」について、大きく分けて4つのSTEPでご紹介します。
IT

WEB集客の見込み客は4つのタイプに分類できる〜成約率を上げる情報発信のコツ

「十人十色」という言葉があるように、世の中には色んなタイプの人がいるので、WEB集客の情報発信で万人受けすることは困難です。1970年代に社会学者デビッド・メリルらが提唱した「Social Style(ソーシャルスタイル)」という分類法では、人を大きく4つのタイプに分類しました。それぞれのタイプ別にどんな情報を提供すると顧客になる可能性が高まるか、朴さんがわかりやすく解説してくれました。
IT

WEB集客の質を高める極意は「類は友を呼ぶ」戦術による情報発信にあり!

どうせWEB集客に力を入れるなら、単に成約数を増やすだけではなく、高単価の成約を増やしたり、リピートにつながりやすい成約に結びつけたいですよね。実際に、WEB集客でこれを実現することはある程度可能です。その方法は、情報発信の際に、自らと同じタイプの人に向けて、彼らが喜ぶ情報を発信することです。名付けて「類は友を呼ぶの戦術」。まずは自分のタイプを把握してみませんか?
IT

改善の順番を間違えるとWEB集客は爆死不可避〜ブラックな仕事をしないために

WEB集客の改善に本格的に乗り出す際に、多くの経営者はリーチ数やアクセス数から改善を始めようとします。しかし、この考え方は、WEB集客における典型的な失敗例を産み出します。なぜなら、これらの数字を増やしたところで、成約率やコンバージョン率が低ければ、会社の業績には何ら影響なく、無駄な業務を行ったに過ぎないからです。
IT

つくば市が自治体で全国初のRPA働き方改革〜対象業務で約8割の時間削減を達成

茨城県つくば市は、NTTデータ、クニエ、日本電子計算と共同で、これらの課題解決のためにRPAを活用することで「作業時間の短縮(効率化)」と「ミスの少ない正確で的確な処理」の効果を研究しました。その結果、これまでにない定形業務の時間短縮、コスト削減が実現しています。詳細をお伝えします。
IT

失敗したアイデアが集まるインターネットのジャンク市場「junk mart」

「資金が足りなくなった」「エンジニアがいきなり退職した」「経営者の気が変わった」「投資家と意見が合わなかった」等の、クオリティとは全く関係のない理由でサービスが終了したり、実現せずに終わったアイデアが、世の中には沢山あります。これら失敗アイデアを売買できるインターネットのジャンク市場「junk mart」のβ版が4月に登場しました。
IT

国家機密レベルで個人のデジタル情報を守ってくれる「InterVault(インターボルト)」

今年の冬、世間を賑わしたニュースと言えば、仮想通貨取引所サービスで起きた仮想通貨流出事件です。約580億円に及ぶ膨大な個人のデジタル資産情報が盗まれたことで、デジタルセキュリティ、デジタル資産の保護にさらなる注目が集まっています。そこで本稿でご紹介したいのは、宇宙航空局や国家警察など政府でも導入されているプライベートストレージ「InterVault(インターボルト)」です。
IT

100人いたら99人がブログで集客できない最大にしてシンプルな理由

ブログで集客できるようになった人は、「目的を明確にする」「ターゲットを明確にする」「ターゲットに向けて“だけ”情報を提供する」という、たった3つのことをやっただけの人です。ブログ集客がいつまで経っても出来ない人は、このうち「ターゲットを明確にする」が全く出来ていない人です。
IT

接客担当者はAlexa?!国内初、居酒屋でスマートスピーカーに音声注文の実験

スマートスピーカーが、様々なビジネス分野への応用で期待されています。今回ご紹介するのは、国内初、居酒屋でスマートスピーカーに音声注文の実験です。「アレクサ、飲み物メニューを開いて」と話しかければ、Alexaにオーダーできて、注文のキャンセル、メニューや個数の変更もできるなど、スマートスピーカーの可能性に驚きの声が上がっています。
スポンサーリンク