黒坂 岳央

スポンサーリンク
時事

これからの時代でプロフェッショナルとアマチュアを分ける境界線

 読者の皆様はプロフェッショナルとアマチュアを分ける境界線が、どこに存在すると考えていらっしゃいますか?これまでの時代は、「お金を稼ぐ人がプロ」という意見がメジャーなものだったかもしれませんが、新しい時代においては、この概念も風化した古いものとなるかもしれません。
営業

ゴネ得社会に染まるな 真のビジネスマンはクレーマーにならずとも利益を得る

 「日本のホスピタリティは素晴らしい」と言われる一方、過剰サービスがクレーマーを生み出す温床となっているケースがしばしば見受けられます。「質の高いサービスを受けたいならお金を払うこと」これがグローバルスタンダードであり、サービスを受ける側に立った時こそ、私達は高い人間性を求められます。
節約

「ペラペラに薄い言葉」と「重い一言」の差を生むものは何なのか?

言葉の重さ・軽さは「対象を見る視点」で変わる  私は相手と話をしていて、その人の人生論や、歩んできた深みにものすごく差を生じさせるものがあると考えています。  それは、「見ている視点」の違いです。  唐突ですが皆さんに質問をさ...
スポンサーリンク
起業

経営者にとって仕事で必要な能力は「もらう」から「断る」へ変化していく

 起業したばかり、駆け出しの頃に経営者にとって大事なのは仕事を「もらう能力」です。しかし、仕事を段々ともらえるようになる、つまり売れるようになると仕事を「断る能力」が必要になってきます。読者の皆様はなぜだと思われますか?以下、解説いたします。
起業

成功者と知り合い、良い関係を築くために貴方が踏むべき3つのステップ

 良い人と付き合うことは、人生を向上させるうえで欠かせない要素です。ビジネスを成功させたいなら、ビジネスを成功させているお金持ちと付き合うことが欠かせません。とはいえ、今、全く交流の無い超がつく大金持ちとどうやって知り合い、人間関係を築けば良いのでしょうか?黒坂さんが経験を踏まえて教えてくれます。
起業

今、貴方が付き合っているビジネスパートナーともいつか別れの時が来る

 「諸行無常」と言ってしまえばそこまでですが、現実として貴方がステップアップする度に、自分が付き合っているビジネスパートナー、コンサルタントはどんどん変わっていきます。これは決してマイナスに捉えるべき現象ではありません。あなたのビジネスにおける「生息域」が変わると、付き合う人が変わるのは自然なことだからです。
起業

天は自ら助くる者を助く 他人の助けを生かす人はどんな人か?

 幾ら私達が他人を救おうと思って手を差し伸べても、他人を救うことはできません。しかし、手を差し伸べた人が大きく変化することも中にはあります。他人の助けにより救われる人と、そうでない人にはどんな差があるのでしょうか?
経営

正しい危機感は貴方のビジネスにチャンスと困難を突破する力を与える

「危機感」という言葉にネガティブなイメージを持つ人は少なくないはずです。しかし、「正しい危機感」には大きな価値があります。なぜなら、正しい危機感はチャンスを生み、困難を突破する力を私達に与えてくれるからです。あなたは正しい危機感を持っていますか?根拠なき楽観主義者になっていないでしょうか?危機感を持つことで人生を飛躍的に高める方法をお伝えします。
資産運用

成功する度に共感してくれる人は減る。成功者が孤独になる理由

成功者の多くは、大衆から「きちがい」「変人」「ぶっとんでる」と評され、なかなか理解されません。また、特に日本では、成功者がありのままの自分の状況を伝えようものならば、大概は嫉妬の対象となるため、負のオーラに引っ張られないように成功者が仮面を被ることもよくある話です。なぜ成功者は孤独になりやすいのか?黒坂さんの解説です。
マーケティング

自分の人生を「幸せ」と感じられるか否かは「選択肢」の多さで決まる

100億円あげるから80歳になってもらえない?20歳になったばかりの若者にとって、このお願いは聞き入れにくいものでしょう。なぜなら時間はお金よりも遥かに価値を持つものだからです。幸せを感じるには、お金以上に、自分がやりたいことを選べることのほうが大事なのです。
起業

「〇歳限界説」を信じる人は「年齢の奴隷」になっている

転職市場で売り手なのは35歳まで、プログラマーの旬は35歳まで、35歳を過ぎた婚活は無理ゲー、起業するなら30歳まで。私達は周囲の人間やメディアを通じて、あらゆる〇歳限界説を植え付けられます。しかし、これら〇歳限界説の多くはデータの平均値によって作られたものであり、あなた個人の状況や意思、計画性、やり方が明確なものであれば、全く無視したほうが良いものばかり。やりたいことがあるなら年齢の奴隷になってはなりません。
効率化

決意で継続は実現しない。継続は技術により実現する。

私達が何か目標を立てる時、すべての目標は「継続」によって実現します。しかし、あれほど強く決意して建てた目標であっても、多くの人はこれを達成することなく、挫折を味わうことになってしまいます。なぜなら継続することは人間にとって困難だからです。継続は技術であることを理解し、技術に基づいて行動を継続しなければ、継続と目標実現は達成されません。
効率化

私達が皆、自らを「投資家」であると認識するべき理由

あなたは、誰かに「あなたは投資家ですか?」と尋ねられたら、どう答えますか?多くの人は、「自分は〇〇業を営む経営者です」「自分は会社員です」「私はパート社員です。」「主婦です。」と答えることでしょう。しかし、筆者の黒坂さんは、「世の中の全ての人は投資家である」と断言します。その理由を以下解説してもらいました。
起業

全ての人は世界を変えたいと思っているが、自分を変えようとは思っていない

多くの人が世界を変えたいと願っているにも関わらず、自分を変えることについておざなりにします。しかし、私達は皆、自分の思い通りに世界(他人)を変えることはできません。なぜなら、人の性格や感じ方、能力は固定値であり、これを変えることは不可能だからです。サミュエル・スマイルズが『自助論』で「天は自ら助くる者を助く」と述べたように、自分を救える存在は自分以外どこにもいないのです。
起業

人生を変えたい人にお勧め「インプット3:アウトプット7」の黄金比率

 「人生を変えたい」と考え、必死にインプットをしているビジネスマンにお勧めしたい本、それは「学びを結果に変えるアウトプット大全」です。筆者は、「日本一アウトプットをしている精神科医」と自負する樺沢紫苑さんです。なぜ多くの人が変わりたいと思いながら変われないのか?インプットをアウトプットに変える方法について、本の内容を抜粋しながら説明いたします。
IT

一日に一度もググらない人は時代の変化を読み取ることができない

発売されたばかりの本の内容が既に古い!時代の変化スピードがあまりにも早いため、本を書いている時間、校正し、発売に至る過程で、情報が陳腐化したものになっているのです。最新の情報は人の頭とインターネットにあります。人の頭から学べる情報量は限定的ですが、WEBは私達に必要な時代の変化を常に情報提供しています。検索する習慣がないと時代の変化に気がつくことはできません。
節約

ほとんどの自己啓発本やセミナーは役立たず 変わりたかったら◯◯を変えろ

本屋の棚にもアマゾンの棚にも、数多くの自己啓発の本が平積みされています。また、世の中には、「あなたの夢を叶える簡単な方法」「一瞬でポジティブになれる思考法」といった自己啓発セミナーで溢れかえっています。ですが、自己啓発本やセミナーの多くは、読んだり参加したところで、時間やお金といったリソースを消耗する要因となってしまうことがほとんどです。
時事

モノを持つと人はモノに所有される 過去の価値観から脱却せよ

インターネットの登場前後で大きく変化した価値観があります。それは「所有」ついての価値観です。インターネット登場前は、所有することが豊かさの象徴でした。しかし、インターネット登場後、あらゆるものをシェアすることに価値を置く時代が訪れました。モノを持つことで人間がモノに所有されてしまう、というパラドックスに多くの人が気づき始めたのです。
効率化

過去の生存戦略を捨てられぬ人が実践すべき「アンラーン」2つのステップ

時代によって生存戦略は次々と変化していきます。昭和の時代には昭和の生存戦略があり、平成のはじめには平成初期の生存戦略がありました。しかし、これらは過去の遺物となっています。しかし、過去の生存戦略で成功した人、長い時間浸かってきた人ほど、これを捨てされず、ビジネスの敗者となっています。現代を生きる私達に必要な能力、アンラーン(学んだことをリセットする)をご紹介します。
起業

人間の本能「臆病」を乗り越え、チャンスを掴むために必要なモノ

人間の本能は「変化やリスクを嫌い現状維持を望む」臆病なものです。従って、転職や起業、投資といったリスクを取ることに対して、人は不安や恐怖を感じ、なかなか行動を取ることができません。私達は自らの力で本能をコントロールする必要があります。どうすれば、本能をコントロールし、果敢にチャレンジし、チャンスを掴むことができるのでしょうか?
スポンサーリンク