生き残るビジネスに共通する3つの特徴 消えゆくビジネスとの違い

経営
スポンサーリンク

生き残るビジネスには3つの共通点がある

今日のテーマは『生き残るビジネスに共通する3つの特徴』です。

昨日、札幌のメンバーさんとミーティングが終わった後に「食事でもしようか」という話になりまして、久々に街に繰り出しました。

ところが二人とも知らない店に入ったんですよね。

そしたら、その店に入った瞬間に「あ!やべえ!間違えた!」と思っちゃいました。とにかく店が若いんですよ(笑)。

店のお客さんはほとんどが学生さんとか、若いカップルとかグループとかで、対する僕は当年57歳、メンバーさんは42歳です。

それでも、一旦は入っちゃったものだから仕方なく食事をしていた時に、そのメンバーさんがふとこんな事を呟いたんですね。

「いやー、この元気な人達もあと20年もするとポケットに胃薬忍ばせて、腰痛に悩んだりするんでしょうねぇ。諸行無常ですね。」と。

「まあまあまあ、そんな老け込む年じゃねえだろう」と思いながらも、確かにそうだと感じる部分もあり、思わず笑っちゃいましたね。

『諸行無常』『全てのものは常ならず』

これはビジネスも同じです。残念ながら多くのビジネスというのは、数年で姿を消してしまいます。若さを失います。

かたや5年も10年も20年も30年経過しても成長を続ける会社があります。

この『生き残るビジネス』『消えゆくビジネス』の差はどこにあるのでしょうか?

色んな要素・見方があるので、一概に「絶対」とは言えないんだけれども、僕が多くのメンバー(企業クライアント)さんを見ていて、生き残るビジネス・生き残る人には3つの共通点があるなと思っています。

生き残るビジネスに共通する特徴1:常に課題が明確

生き残るビジネスの一つ目の共通点は、『常に課題が明確』であることです。

生き残るビジネスを展開する企業は常に課題を明確にしています。

今どれだけ儲かっていようが、「次にこれをやる」という課題がもの凄くはっきりしていて、常に課題に取り組んでいます。

僕のメンバーさんでも、ぐいぐいビジネスを前に進めてる人は、例えば「今月何に取り組むつもりですか?」と聞くと、迷いがなくて「今月はこれとこれとこの3つをやります!」と、きっぱりと言い切るわけですよね。

常に自分自身で課題を設定しているので、「次に何をやっていいのかわかりません」という事態にはなりません。

いくら今の業績が良くても、次に何をやるべきか明確になっているのです。

でも、課題を決めるには一つ条件があるんですよ。それは『ゴールが明確である』ことです。

5年後、3年後、1年後、1か月後、そして今日さえも、ゴールが決まっているから『課題・やる事が明確』にできるわけです。

生き残るビジネスに共通する特徴2:数字を常に見ている

生き残るビジネスの二つ目の共通点は、『数字を常に見ている』ことです。

見込み客の数・成約率・顧客生涯価値・粗利率・時間当たりの生産性、こういった自分のビジネスに必要な数字を、生き残るビジネスを展開する経営者は常に見ています。

ビジネスは数字のゲームですから、数字を見ていないということ自体がナンセンスなんですよね。

「あっ、この数値、2ヶ月連続で落ちているぞ」といった段階で、すぐ手を打てるわけなんですよね。

『数字を常に見ている』ことは、一つ目の共通点『課題を明確にする』と、実は対になってるんですね。

数字を見てると、「今何をやるべきか」というのが明確になるんですよ。

そして、「今何をやっていいかもわかりません」という人に共通しているのは、そういう人に数字聞いても何にも把握してないんですよね。

「何をやるべきか」わからないなら、数字が具体的な課題を教えてくれるんですよね。

生き残るビジネスに共通する特徴3:とにかく早い

生き残るビジネスの三つ目の共通点は、『とにかく速い』ことです。

「アイディアを行動に移すスピードがめちゃめちゃ速い」「やる・やらないの判断がめちゃめちゃ速い」といった具合です。

まさに『兵は拙速を尊ぶ』です。

できる経営者ほど本当に待たないんですし、完璧を求めません。完璧よりもスピードを重視します。

サイトをバーッと作って、バーッと公開して、それから改善して行くんだけども、そのスピードがとにかく速いです。

たとえば、メンバーさんと1ヶ月ごとにミーティングをやる際に、できる人ほど1ヶ月ごとにアウトプットが全然変わってるんですよね。

常に課題を明確にして、数字を常に見て、とにかく早く全てのことをやってしまいましょう。上手く行ってる人のまねをすると成功も早いですよ。

 
経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長