「先入観が可能を不可能にする」世間の不可能を可能に変える人が持つ3つの思考

経営

大谷翔平18歳の時の言葉「先入観が可能を不可能にする」

今日のテーマは、「先入観が可能を不可能にする」です。

「先入観が可能を不可能にする」

これ、誰が言った言葉か皆さんはご存知ですか?私が言ったと言いたいところなんですが(笑)、そうじゃありません。

でも、この言葉の言わんとするところ、私達日本のビジネスマンに一番欠けている部分だと思うんです。だから、取り上げました。

誰の言葉かというと、メジャーリーグを席巻中の大谷翔平選手の言葉です。

彼はプロ野球の世界に入った頃はもちろん、メジャーリーグ入りした時も、「二刀流なんて絶対に通用しない」って玄人(くろうと)にめちゃくちゃ叩かれましたよね。

「バッターとピッチャーの両立なんて絶対に無理だ」「どっちか優れた能力のある役割に徹したほうが成績が伸びる!」と、玄人達は彼を叩きに叩きました。

そして、世間でも一定数の人は玄人達の意見になびきました。

一般的な人であれば、これだけ叩かれると、「あっ、そうだよな。俺はバッター(ピッチャー)で行こう」って思うのが普通です。

こうやって多くの人が先入観に毒されていって、可能かもしれないものにチャレンジせず、100%不可能な状態を作り出していきます。

外野はとにかく先入観で可能を不可能にする

で、先入観って何なのかって、辞書を引いて意味を調べてみました。すると、先入観にはこんな意味があるんですね。

「先入観とは、初めに知ったことに基づいて作られた固定的な概念」

大谷選手は、私は聞いてないんですけれど、「先入観が可能を不可能にする」って18歳の時に言ったらしいんですね(笑)。

でも、彼を見ていると先入観にはやっぱり弊害が多いよなって、本当にビジネスの現場でも感じることが多いです。

たとえば、「やっても無駄だから」「先例が無い」「会社が認めないから」「先人が既にやっていて失敗しているから成功するはずない」「王道・常道じゃない。普通じゃない。」なんて、みんな言いますよね。

質(たち)の悪いことに、こういうことを、親や兄弟、同僚や上司、それから友人が言ってくるわけです。

自分が経営者として何かをやろうとした時に、外野がとにかくうるさいんです。

これを、「あっ、そうなんだ。」って、そう思った瞬間に、可能かもしれないものが、100%不可能になってしまうわけです。

世間の不可能を可能に変える人が持つ3つの思考

じゃあ、どうすれば先入観を打破して、世間の不可能を可能にできるかというと、できる方法を考えて実践すればよいんです。

できる方法を考えて実践している人は、以下3つの考え方を持っています。

1)人のゆく裏に道あり花の山

以前の記事で、「人のゆく裏に道あり花の山」という話をしました。

参考リンク:人の行く裏に道あり花の山 飲食店オーナーだったらどうやって人の逆を行く?

これは株式投資の格言なんですが、要は人と同じ道を辿ったって、そんなに上手いこといきませんよ。という意味があります。

上手くいってない組織や体制と全く異なるアプローチをした人が、必ず次の時代を作っています。歴史は常にこれを実証してきました。

2)逆転発想

逆転発想で、裏から見てみたり、下や上から見てみたりしないで、他の人と同じことをやっても大差なんて生まれません。

たとえば、いきなりステーキ。

ステーキは高価な商品だから、座ってゆっくり食べるものという先入観を、消費者も飲食店もこれまで持っていました。

対して、いきなりステーキは、立ったまま、サッと食べる。普通の飲食店より単価は高いけれど、ステーキ屋さんとしてはコスパが高いという逆転発想で、一気にステーキ業界のトップに躍り出ます。

逆転発想を常に持ち続けることも、先入観を打破して、不可能を可能にするために必要な考え方です。

3)ゼロベース思考

今ある仕事の流れ、利益体質、お客様とか全部取っ払って、自分がゼロになった状態で何をしたいか、何ができるかを考える癖をつけましょう。

ゼロベース思考を持つというのは結局、「自分を信じること」に他なりません。

あなたが中小企業の経営者であったり、管理職の立場にあって、自分を信じて新しいことやろうとした時に、「◯◯さんね、そんなの絶対無理」とか周りに言われるんですね。

でも、その人はあなたよりも、あなたがやろうとしていることについて調べ、考え、テストしているでしょうか?

あなたが既にゼロベース思考で調べ、考え、テストしており、これに本格的なチャレンジする価値を見出しているなら、それはやったほうが良いのです。応援してくれる人は味方です。どんどん巻き込みましょう。

大谷選手も理解のある監督とともに、自分の身体能力を調べ、ピッチングを中6日にして、その間にバッティングをやったほうが体質的に調子が良い、という仮定の元でテストを行い、その結果としてチャレンジする価値を見出しました。

そして今、彼はチャレンジして、徐々に自分の二刀流が可能であることを証明しつつあります。

自分も56歳のおっさんですが(笑)、大谷選手が18歳の時に言った!と伝わる「先入観が可能を不可能にする」に凄く勇気をもらってますし、自分を信じて新しいことをどんどんやろうと思っています。

 
経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
南本 静志

和歌山生まれ。株式会社紀陽銀行入行。銀行業務を2年程度経験後、システム部へ異動。

システムエンジニアとして銀行オンラインシステムや情報系のマーケティングシステムの構築で活躍する。

30歳代の後半には日本ユニシスに出向し、金融機関向けCRMマーケティングシステムの業務設計のリーダーを任される。その後、コンサルタントとして独立、現在は東京千代田区で経営コンサルティング会社と社会保険労務士事務所を設立し、代表に就任。

中小企業診断士及び社員を持つ経営者としての立場で、幹部社員(部長、課長、係長等)を次期役員に昇格させるようなマネジメント系の人材育成プログラムに強みを発揮している。また、初級管理職(主任や中堅リーダー)に対するモチベーション研修や自己発見研修も得意。

アールイープロデュース 

適性検査Cubic(キュービック)

東京中央社会保険労務士事務所

東京中央給与計算センター

組織活性化ブログ
 
動画ブログ(組織活性化TV)

南本 静志をフォローする
節約社長