ポジティブ思考もネガティブ思考も行き過ぎはダメ!ゼロベース思考のススメ

経営

 「ポジティブ思考」は良くて、「ネガティブ思考」はダメ。一般的にはそう言われていますが、どちらも行き過ぎは害悪にしかなりません。なぜなら、人生の8割は自分の思い描いた通りになど行きません。自分の目の前に現れる現実に対して、その時々の感情を大切にしながら、ゼロベースで最適解を選択して実行する、その積み重ねが道を切り拓きます。

あなたはポジティブ思考?ネガティブ思考?

 今回は、「超お勧め!ゼロベース思考」というテーマでお届けします。

 「ポジティブ思考」とか「ネガティブ思考」についてはよく論じられていますよね。

 ポジティブ思考というのは、何でもプラスの方向に考えることで、ネガティブ思考というのはその逆です。できるだけポジティブ思考でいたほうが物事はうまくいくよ。というのが一般的に言われていることでしょうか。

 ただ、私はどっちも極端なのはダメなんじゃないかと思ってます。

ポジティブもネガティブも行き過ぎると害悪

 なぜポジティブ思考も行き過ぎるとダメなのかって、「全てプラスに考えろ」って言いますけれど、そんなことできないですよね。

 人生、プラスに考えられないくらい嫌なことって沢山あるじゃないですか。

 自然災害に巻き込また人、家族を失ったり、家を失ったりした人にとって、自然災害なんてなかったほうが良かったんです。「なんで、俺たちが巻き込まれなきゃならないんだ。」って考えるのが自然なことです。

 そんな時に「自然災害が起きて、自然の脅威を改めて知れて、本当によかった」なんて、無理にポジティブ思考で考えるのって気持ち悪くないですか?

 つまり、行き過ぎた不自然なポジティブ思考って、覚醒剤と一緒で持続性のない作られた「前向きさ」なんですね。

 一方で、ネガティブ思考も行き過ぎるとキツイです。できない、やれない、私には才能がない…って、じゃあ、死ぬまで一生自分を呪うしかないじゃないですか。

 これは本当にキツイです。

人生は思い通りに行かないから「ゼロベース思考」で行動する

 そこで私がお勧めしたいのが、「ゼロベース思考」です。

 ゼロベース思考がどのようなものかというと、ありのままの現実を見たうえで、自然に自分がどうしたら良いのだろうかと考える、ごくごく普通のあり方です。

 以前、「もう夢に日付を入れても叶わない。偶然の変化に応じる者のみが最後に笑う。」という記事でお伝えしたように、人生は思い通りになんかいきません。

 個人がどんなに細かく夢やキャリアの目標を設定しても、その8割は偶発的なことにより決まっていくため、成功というのは偶然、その時々の状況に上手く対応することでしか手に入れられないからです。

 無理に自分をポジティブ思考にする必要も無く、ネガティブにブレる必要も無く、自分の目の前に現れる現実に対して、ゼロベース思考で行き当たりばったりな最適解を選択して実行しましょう。

 その積み重ねが、いずれ気がついた時、その人にとっての成功を作り出します。

 
経営
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

島倉大輔をフォローする
節約社長