いつまで経っても結果を出せない人が陥っている典型的な3つの思考

経営

 「あともう少しの惜しい人」「才能はあるのに上手くいってない人」と評される人は世の中に沢山います。一方で、なんだかんだ結果を出す人は、どんなときでも一定の結果を出し続けています。島倉さんは、なかなか結果を出せない人の話を聴いていると、だいたい同じ思考の傾向を持っていると言います。いつまで経っても結果を出せない人が陥っている典型的な3つの思考を提示してもらいました。

結果を出せない人の思考1:バランスを取りたがる

 今日は、「結果を出せない人の思考」というテーマでお送りいたします。

 なかなか結果を出せない人の話を聴いていると、だいたい同じことを言ってる傾向があります。

 まずは、1つ目。これから行きましょう。

 「バランスを取る」

 これは起業前の人を中心に頻繁に耳にします。でも、圧倒的な結果を出そうと思ったら、バランスを取ってやるなんてプロでも無理ですよ。

 人間の時間やお金には注ぎ込める限界があるわけです。

 だから、本当に成功しようと思ったら、AもBもCも100%全力でバランス良くやるなんて無理です。

 他人から見たら、何かを捨てたような人、バランスが悪い状態で何かに没頭した人、集中してやる人でないと、圧倒的な結果を出すことなんて出来ません。

 バランスを取ろうなんて取り繕わず、リスクオンのバランスが悪い状態を選ばない限り、圧倒的な成果なんて出せやしません。

結果を出せない人の思考2:優先順位をつけたがる

 これは起業後の社長さんの口からよく聞きます。「優先順位をつけてやらないと」って考える人は、なかなか結果を出せません。

 最初に「バランスを取るな」「捨てろ」と言ったのに、「優先順位をつけるな」って矛盾していない?と言う方もいらっしゃるかもしれません。

 ここで言う「優先順位」とは、大枠(たとえば事業)を取捨選択した後にやることが細かく1、2、3、4…って出来た後の話です。

 大企業出身の人なんかで特に多いんですが、細かいタスクに優先順位をつけてやろうとするんです。

 たとえば、「インターネットで集客して成果出す」という目的があった時、その手法として、ホームページ、ブログ、動画、SNS…といった具合に細かくタスクが生まれるはずなんです。

 中でもホームページでの情報発信が優先順位の高いタスクだったとします。

 すると、「優先順位をつけてやる」という人は、ホームページの完成までに半年かかるって言われたら、そこからもう次に動けないんですよ!

 機会損失も甚だしいですが、それすらわかっていない。

 正解は「全て同時並行で進める」ことです。

 「どの領域に挑むか」という戦略面は絞り込みが必要ですが、大きな戦略が決まった後の戦術は、「如何にやりこなして、少しでも早く成果を出すか」が大事です。

結果を出せない人の思考3:流れに沿ってやりたがる

 これは、かなりの方が思考としてお持ちなんですが、「流れに沿ってやる」という方は多いです。

 要は、「順張り思考」ですね。

 トレードしている方はよくわかると思うんですけれど、「皆が買っているから自分も買う」「皆が売っているから自分も売る」という、大衆に迎合する投資スタンスを「順張り」と言います。

 一方で、「逆張り」というトレードスタンスもあります。これは、「皆が買っているから自分は売る」「皆が売っているから自分は買う」という、大衆の逆で判断する投資スタイルです。

 では、これまでの歴史を紐解いていった時に、どちらが最後に勝つかというと、「逆張り思考」の人です。

 考えてみてください。起業における勝ち組と負け組は、起業10年で生き残る人が1割に対して、起業10年で消え去る人は9割です。

 勝てる人が1割に対して、9割の人は負ける。しかも、だいたいが同じような「みんながこれやってる」という方向で順張りして負けます。

 1割の人は大抵、最初のうちは「何やってんだ、あいつ」みたいなことを言われがちです。なにせ逆張りですから。

 でも、ビジネスの種は他の人がダメだと思ったところに常にあります。

 「今は不景気でみんなも調子良くないから、うちの会社も駄目だわ。」なんて言ってる人は典型的な順張り思考ですから、今すぐに思考回路をスイッチしないと、いつまで経っても結果を出すことなんて出来ません。

 「不景気で困っている人が多いから、そういう人の役に立てる仕事をすれば、こりゃ儲かるな!」って、常に流れに逆らう、逆張りのスタイルで挑んでみませんか。

 結果を出す人は、いつだってそう考えているものです。

 
経営
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

島倉大輔をフォローする
節約社長