2020年はますます安月給に!?小売サービス業”300万円”時代の到来

ビジネス

こんにちは!
無職のユーチューバー、タナカキミアキです。

ダイヤモンドオンラインの記事に、「平均年収が低い上場企業ワースト500」という記事がありました。
あくまでも上場企業の話ですが、2020年に向けて、中小企業も働き方改革をしています。

スポンサーリンク

年収を簡単に上げられない中小企業の実態

従業員の年収をあげたいと思っていても、なかなか給料を上げられず、いったん上げてしまうと下げることはできないので、昇給をどうしたらいいかという相談事が多くなっています。

黒字の中小企業の経営指標や上場企業の低い方を目安に考える

そこで一つの目安となるのは TKCが出している「BAST」という中小企業の黒字企業だけを抜粋した経営指標もあります。

そしてもう一つ参考にしたいのが、プレジデントOnlineや東洋経済も結構出していますが、上場企業の年収の状態を低い方から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

平均年収が低い上場企業ランキング

40代が中心でも平均年収の低い企業

平均年収が低いランキングで、気になるところは平均年齢です。

たとえば、サマンサタバサはアパレル系なので平均年齢が28歳と若いのですが、40代が中心でも平均年収が残念ながら低いという会社も増えてきました。

若いエネルギーのある企業の中に入り込んでいかないと、経営成績や付加価値も停滞してしまうということもこれを見てわかると思います。

業種別に見た平均年収

次に、東京商工リサーチの「上場企業2681社の平均年収」というデータで構成比を見ると、47%が製造業で平均年収が600万円ですから、おのずと上場企業全体の平均値も600万円となります。

昔から年収が高いのは、建設系と電気やガスのインフラ系、それに金融・保険に不動産という4つです。

その4業種が上に引っ張りつつ、昔から低い小売やサービス業が下側に引っ張るという傾向があります。

東京地区は不動産の街と言うこともありますが、サービス業もかなり多い街です。

東京地区でもあまり儲かっていない業種が結構あって、収入の低い人たちがいます。

一方、女性でも上場企業で年収400万円もらえるところ、というと小売系です。

従業員が多いところでは、靴の小売のABCマートが従業員は3640名で年収400万円ぐらいです。

それから400万円くらいであれば製造業も入ってきます。

上場企業に入ればクビになることをあまり考えなくていいと思いますが、40歳ぐらいの平均年収が約400万円なので、それほど年収は高くはないということです。

スポンサーリンク

年収が上がらないのは付加価値が上がらないから

年収が上がらないのはなぜかというと付加価値の問題です。

従業員1人あたりの付加価値が上がらないから、企業側も払いたくても払えないのです。

そういう状況で業種ごとに偏りがあります。

中小企業の年収600万円説

上場企業2681社の平均年収が600万円くらいということで、中小企業に置き換えてみると、中小企業では幹部でも年収600万円ぐらいで頭打ちにするわけです。

中小企業の年収600万円説というのがあって、600万円で抑えていれば長く働けるけど、出し過ぎてしまうと一緒に働けないということがあります。

もちろん役員であればもっと出してもいいのですが、普通の社員であれば年収600万が頭打ちかと思います。

上場企業で500万円台という企業でも、中小企業に比べたらとても待遇がいいわけです。

転職しても給料は上がりにくくなっている

最近では転職を繰り返しても、給料が上がっていくというよりむしろ下がっていく方が多いわけです。

40代の転職で高い給料を狙うのであれば、外資系の保険の営業ぐらいしかないくらいに限られてきていて、東京地区でも年収300万円という転職がゴロゴロあります。

女性の経理職は年収400万円くらい

女性でも年収400万円で定年まで働ける経理職という職業がありますから、経理の技術を手に入れて、あまり大きな会社でないところに経理として配属されれば、AIもほとんど関係ないので10年くらいは食べていけるでしょう。

普通の人は技術など持ち合わせていないので、スキルを持っていなくても転職できるとすれば営業職ですが、営業も売れない物を売らされると言うことが結構多いです。

スポンサーリンク

働き方改革で付加価値が下がると年収も下がる

40代の転職で年収300万円の時代

40代の転職で年収300万円しかもらえないということは、上場企業の人から見たら信じられないと思うかもしれませんが、中小企業では普通なのです。

生み出す付加価値が低ければ給料を出したくても出せないのです。

中小企業は人件費を予算削減している現状

働き方を変えるということで、付加価値がどんどん下がる方向に行ってしまっているので、給料を出したくても出せないという形です。

多くの中小企業が2020年の計画を立てるときに、1人当たりの人件費は下がるであろうという予算組みをしているという現状を知って欲しかったので、この問題を解説しました。

2020年ますます安月給に★小売サービス年300万円時代
ビジネス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タナカキミアキ

売らない営業マン タナカキミアキ

YouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」で、
中小企業経営のこと、起業のこと、経理のことを、
顧問先法人100社・個人事業者50名を抱える現場目線で
お話しています。

所有資格:

日商簿記検定1級
全経簿記検定上級
全商簿記検定1級で簿記検定3冠王、
税理士
簿記論・財務諸表論で簿記4冠&簿財番長
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランナー
かわいらしい秘書検定2級
普通自動車に普通自動二輪
みんなの安全を守る甲種防火管理責任者
珠算3級
よく分からん情報処理検定2級

…などプチ資格オタク

妻は「あおば会計税理士法人」代表税理士の田中朝代。

18歳の時に簿記1級のクラスで出会って、
15年後になぜか結婚しました。

中小零細企業の経営に関しては夫婦揃ってめっぽう詳しいので、
ガンガン講義やっていきます!

田中でよか人用 
直通電話:03-5942-8225
E-Mail:kimi@kimi3.com
 
「起業酔話」月間再生時間9,000時間(毎日300時間)突破!感謝です!

「起業家たちによろしく」も絶好調!

あおば会計税理士法人
野方事務所 中野区野方3-30-5-1階 03-5942-9982
沼袋管理部 中野区沼袋3-2-12-1階 03-5942-8225

タナカキミアキをフォローする
節約社長