節約 社長
フランチャイズWEBリポート
フランチャイズWEBリポート

ホームページ

コンビニって儲かるの!?コンビニ経営のメリット・デメリット

コンビニって儲かるの!?コンビニ経営のメリット・デメリット
 今や全国どこの街に行っても必ずあるのがコンビニエンスストアです。コンビニエンスストアのオーナーとなるきっかけは人それぞれですが、もしコンビニエンスストアの経営を行うのであれば、メリットとデメリットをそれぞれ把握しておくことは得策です。膨大なノウハウが蓄積され、初期投資も少なく始めやすいコンビニですが、フランチャイズ本部との契約には注意が必要となります。

コンビニ加盟を考えるきっかけは人それぞれ

 コンビニ経営は、どういうきっかけで始まるのでしょうか。

 私がコンビニ本部の店長研修を担当していた際、多くのオーナーや店長候補者と接する機会がありました。

 研修を進めていく中で、コンビニ加盟のきっかけをインタビューしたのですが、
  • 「もともと小さなスーパーをやっていたが、近くに出店したコンビニにどうしても勝てない。それが、加盟を考えるきっかけになった」
  • 「前から自分でコンビニ経営をやってみたかった」
  • 「コンビニは経営に必要なノウハウがだいたい揃っているので、始めやすいと思った」
  • 「本業が別にある会社だが、事業の一つとして展開を行うことになった」
 など、様々な話が寄せられました。

 どの話を聞いてもワクワクしましたが、同時にそのワクワクを持って加盟されたのであれば、そのワクワクを長い間継続してほしいと思い、研修では可能な限りリアルな経営の姿をお伝えしていたことを覚えています。

コンビニ・フランチャイズの特徴

 コンビニ・フランチャイズの仕組みは、ここでは詳細を言及することは控えますが、図のような関係です。

節約社長

 本部が加盟店に対してノウハウを提供し、加盟店はロイヤリティー(フィー)を支払うことで、ノウハウを活かした事業ができる仕組みとなっています。

 もちろん、加盟するチェーンによって、特色や注意事項はありますが、コンビニ加盟のメリット(最大限に活かせる点)とデメリット(事前に注意・確認すべきポイント)について、本稿ではまとめてみたいと思います。

コンビニ経営がやりたくなる4つのメリット

 コンビニの経営を行うメリットは、以下のとおり4つになります。

1)本部のノウハウが確立している

 コンビニは、数あるフランチャイズビジネスの中でも、仕組みがしっかりした業態です。

 レジや発注端末をはじめとした最先端の機器、システムを活用した運営ノウハウで、運営マニュアルも作られているため、一からビジネスを始めるよりも格段に早く本業に専念できます。

2)チェーンブランドやスケールメリットを生かせる

 一からオリジナルブランドを立ち上げようとすると、まずは知ってもらうところから始まりますが、すでに何十年も続いているコンビニチェーンの看板は多くの人に知れ渡っています。

 そのため、宣伝費を別でかけることなく、事業を始められます。

 また、直営店や先に開店している加盟店のノウハウも本部にかなり蓄積されているため、事業戦略が比較的立てやすいのも魅力です。

 そして、商品の発注から納品もシステム化されており、一定の店舗数を抱えるコンビニチェーンでは、メーカーとの仕入れ価格の交渉を本部が行い、通常よりも安く仕入れられたり(期間条件が付くこともあります)、新商品やオリジナル商品の導入もしやすかったりします。

3)加盟形態が選べる

 コンビニビジネスが始まった直後は、もともと酒屋や小さな食料品店を営んでいた方がコンビニに転換することがほとんどでした。

 しかし現在は、これまで小売の経験がなかった方でも加盟しやすくなっています。

 コンビニの契約形態は、次のように大きく分けて2つあります。

節約社長

 チェーンによってはより細かく分けられている場合もありますが、現状と照らし合わせて、選ぶことができます。

 本部が土地、建物を用意する加盟タイプができてから、コンビニの店舗数は一気に拡大しました。

 というのも、このタイプは本部の立地調査によってある程度見込みのある店舗で事業をスタートできるうえに、加盟時に準備する金額が、500万円程度で済むからです。

 もちろん、本来加盟者が用意するものを本部が代わりに用意することから、加盟後に本部へ支払うフィー率がやや高めに設定されますが、一気にコンビニ事業が身近になったのは間違いないでしょう。

4)決算書類もしっかりしている

 コンビニの数値管理は、すべてPOSというシステムによって行われます。

 POSは加盟店と本部でつながっていることから、本部を通して会計処理ができるものが多くあります。

 経営上必要なもので、多くの店舗で採用されるものについては、あらかじめレジやストアコントローラ(ストアコンピュータ)に登録するだけで、データが本部に転送されます。

 その後、毎月出される決算書類に反映されるため、損益計算書や貸借対照表など、必要な決算書類がきちんとした形で、定期的に発行されるので、数字が苦手でつい経理処理を後回しにしてしまう方にとっても、安心です。

コンビニ経営で注意すべき4つのデメリット
次のページへ >>

2015年9月25日

経営者 オーナー コンビニエンスストア フランチャイズ

フランチャイズWEBリポート
フランチャイズWEBリポート

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

フランチャイズWEBリポート さんへ問い合わせ

問い合わせ