節約 社長
島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

お客様の消費を促すのは感情。チラシのネタに困ったらレビューをばらまけ!

お客様の消費を促すのは感情。チラシのネタに困ったらレビューをばらまけ!
 チラシ集客を行う際に、次はどんなコンテンツを掲載すればよいのだろう?と、ネタに困ることがありますよね。こんな時にオススメしたいのが、既に商品を購入してくれたお客様の生の声(レビュー)を、チラシにばらまいてみることです。なぜ、お客様のレビューをチラシにばらまくことが、次のお客様を動かすのか?島倉さんが解説してくださいます。

チラシに載せるネタに困ったら「お客様の声をばらまけ」

 今回はチラシ集客で「どんなコンテンツを載せたら良いかわからなくなった時」の対応策をご紹介したいと思います。

 チラシに載せる内容、チラシを継続的に打てば打つほど、何を掲載したら良いのかわからなくなる時ってありますよね。

 結論から言うと、チラシに載せるネタに困った時は、チラシの中にお客様の声をばらまいてみることをお勧めしています。

 なぜ効果があるのか、以下ご紹介したいと思います。

私達の商品に対するこだわりはお客様にとってはウザったい

 チラシに掲載するコンテンツに迷った時に、私達が陥りやすいワナがあります。

 それは、とかく「商品やお店のこだわり」について、重箱の隅をつつくような内容をチラシに掲載しがちになるということです。

 「開発秘話」「私達のこだわり」「商品の特徴」みたいなものを、10も20も並べて書くようになります。

 でも、特徴だけ書かれても、消費者の側から見たら「だから何?」って感じたり、「売り込み臭凄いな!」としか思えなくって、結局のところはゴミ箱に捨てられるだけのものとなってしまうのがオチだったりします。

 要は、SNSに女子が掲載する「今日の昼ごはん」写真と同じで、「これを見た僕に何のトクがあるの?」って、自己満足でしかないわけです。

 そのこだわりを見たお客様にとって、プラスの情報が何一つないわけです。

 じゃあ、どうしたら良いの?というところなんですけれども、冒頭で紹介したように、ネタに困ったらお客様の声(レビュー)をチラシにばらまいてみることをお勧めします。

 特に、お金をわざわざ使って感動してくれる人の声は、私達にとって非常に大きな財産です。

 というのも、大抵のケースで、私達の持つ商品の価値は、私達が一番熟知しているワケではなく、使っているお客様が一番理解しているもの。

 自分達では考えたこともなかった用途で商品を使い、勝手に感動してくれる人がいるなら、それがお客様にとって商品が持つ真の需要だったりします。

 ですから、普段から商品を使っていただいたお客様の声を、すかさずアンケートとして取る仕組みを作りましょう。

 本当にリアルなお客様の声というのは熱量が大きくて、商品を販売している私達の声とは全く違うものとして、売り込み臭無くチラシを受け取る次のお客様にも必ず伝わります。

 継続的にお客様の声をいただくことができれば、コンテンツの継続性にも大きく貢献するでしょう。

レビューは商品に対する生の感情として次のお客様に響く

 人は理屈では経済行動を起こしません。感情を揺り動かされた時にはじめて財布の紐を緩めます。

 私達が如何に情熱的に自分達の商品について良さを語ったとて、それを購入することで、「楽しくなる」「前よりラクができる」と消費者に“感じて”もらえなければ、私達の商品はいつまで経っても売れません。

 お客様の生の「楽しくなった」「前よりラクができるようになった」という声(感情)が、次のお客様を動かすのです。

 つまり、効果的なチラシは、
  • 私達の商品やサービスに対するこだわり:理屈っぽい
  • お客様の商品やサービスに求めるもの:感情的
 この2つが合致するところで商品の訴求価値を高めているのです。
節約社長
 チラシに載せるネタに困ったら、お客様の声をチラシにばらまくことを試してみてください。


 

2017年5月18日

チラシ 行動経済学 心理学 レビュー

島倉大輔
島倉大輔株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役 経営コンサルタント

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。