節約 社長
タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

商売人として経営者として「人徳」を積むにはどうしたら良いのだろう?

商売人として経営者として「人徳」を積むにはどうしたら良いのだろう?
 「優秀な人材を獲得したい」と悩み始めた時に、経営者は「どうやったら人徳を積めるのか?」と考え始めます。トイレ掃除を自ら毎日行う…のような美談的な行為では無く、あくまでも商売の実践において人徳を積む方法について、キミアキ先生が解説してくださいます。

採用で悩み始めると経営者は人徳を意識する

 今日は「商人として、商売人として、徳を積む」という話をしたいと思います。

 この”徳”なんですけど、特に”人徳”ってモノについて聞かれることが多いので、商売人という限られた分野で「どうやって人徳を積んでいけば良いのだろう」という話です。

 人徳で悩むという段階についてなんですが、会社を始めると3段階の悩みが発生します。

 第1段階としてまず売上で悩みます。なかなか売上が上がらないことで悩みます。

 そして、第2段階は資金繰りですね。売上がグゥ〜っと上り調子であってもですね、商売というのは先払いの後貰いなので、売り上げが伸びていても、お金が出ていくことが先なので、資金繰りがけっこう大変なんですよね。

 さて、資金繰りも落ち着いてきて、お金もそれほど心配しなくても良くなってきて、よく回ってきたぞ!となれば、最後の第3段階の悩みがやってきまして、今度は人材で悩むわけです。

 まぁ、世の中っていうのは所詮は人が動かすので、会社が成長したり成熟すると、自分たちのチームに開業当初とは違う人材が必要となってきます。

 開業当初に欲しかった人材と、今必要な人材が段々と変わってくるっていうね。

 この時に本物の人材を獲得したいと、そういうケースで、先ほどの”徳”という話がでよく出てきます。

 社長に人徳が無いと、良い人材は集まらないんじゃないか?!ってやつです。

自らトイレ掃除…美談的な行為で徳は積める?

 極端な話ですけれど、徳を上げるために社長自らトイレ掃除とか率先するみたいな、美談的なものがあるじゃないですか。

 じゃあ、トイレを一生懸命ピカピカにするみたいなことをすれば、徳が積めて優秀な人材が集まるのか?となると、私はですね、徳とはあんまり関係無いな〜と思います。

 というのも、私自身も日常的にトイレ掃除をしているんですよ。

 家のトイレ掃除も私がやっていますし、毎日の掃除も私がやっていますし、それから朝は洗濯物を干して、それから食洗機ですね。

 ずっと毎日、土日も関係無くやっています。

 この掃除系で徳が積めるかどうかっていうのは、それほど関係無いんではないかな?と私は思っています。

 あくまでもキレイ好きなことは良いことなんですけれど、商売に限定した時に「徳が積めるの?」ってなればね〜…。

 日常的にそれをやっている人間から見たら、あまり関係無いのかな?って思います(笑)

他人が喜ぶことにお金を使って徳を積もう

 では次に、あくまで商売人ですから、お金の観点から考えていきましょう。

 他人が喜ぶことにお金を使うと徳は積めるのか?という話です。

 お金の使い方で商売っていうのは決まりますから、「他人が喜ぶことにお金を使うと徳は積める」というのは、なかなか納得出来る部分があります。

 やはり、万年黒字社長というのは、基本的に人が喜ぶんだったらお金も時間も使うよ〜、という方が多いです。

 ちなみに、お釈迦様の托鉢というお説教がありますよね。

 お釈迦様はもともと王族ですから、人から物を恵んでもらう必要は無いんですが、托鉢に行く時は、お金持ちの家には行かないで、敢えて貧しい人々のところに行くんです。

 それは何故かと言うと、貧しい人が永遠に貧しいのは、他人が喜ぶことにお金を使う、このようなことが一切無いというのが、その理由です。

 「もらう」「奪う」こればかりしか考えてないから、貧しい人は貧しいままなんだって、お釈迦様も考えたわけです。

 だから良いことに自分の施しをあげるという、そういうことを習慣付けするために、お釈迦様は貧しいところに托鉢したといわれていますね。

 商売人として徳を積む上で、他人が喜ぶことにお金を使うっていうのは、こう考えてみると、大変有意義なことだと私は思います。

「三方良しの精神」を持つことで徳を積もう

 更に、商売の上手な人たちは、昔から他人が喜ぶことにお金を使ってきました。

  売り手良し、買い手良し、世間良し。

 これは滋賀県、昔は近江と呼んでいましたけれども、近江商人の「三方良し」の精神ですね。

 要するに、みんなで買い叩いたりしないし、それから無理に値引いたりしないで、売り手良し・買い手良しの関係を作ると。

 更に、儲けたお金で橋を架けたり、学校を作ったりして、還元して世間良し、という状態を作ることで、発展してきたわけです。

 近江商人たちはもともと行商なんですね。行商でぐる〜っと回って稼いで、そして世間に還元するってね。

 未だに近江商人の三方良しを、商売の基本として社訓としているところもありますし、それから社長さん方も、本当にこの三方良しを大事に大事にして、自分の信念にされて商売している方も多いです。

 こういうことをやっていると、商売人としてはそれなりに徳を積めると思います。

他責思考や買い叩きは徳を無くす典型的な行為

 それから今度は逆に、徳を無くすパターンについても考えてみましょう。

 まず、責任問題で必ず人のせいにする人。

 世間が悪い〜、あいつが悪い〜、従業員が悪い〜、とか言うような他責の人は、全く以て味方に付きたくないですし、徳も積めない人です。

 あとは買い叩きをする人ですね。

 買い叩きをする人にも色々と言い分はあるんです。代表的なものだと、「自分だって買い叩かれてるんだから!」っていうものですね。

 でも、買い叩くときに仕入れ先さんを買い叩く、外注さんを買い叩く、そして従業員さんをも買い叩く。

 こういうことをやっている人に、私は味方したくないんですよ。

 こういうことで人徳というものが問われるときに、じゃあ私が味方しなくてもね、他の人が味方してくれたら良いじゃないかって、そういう考え方はありますけどね。

 結局、類は友を呼ぶと言いますが、徳を積むならば早くこういう環境、もっと言えば下請けから脱却しなければならないです。

人徳を積む一番効果的な方法は良い人と付き合うこと
次のページへ >>

2017年3月10日

他責思考 買い叩き 釈迦説法 近江商人 三方良し 人徳 経営者 商売人 商人

タナカキミアキ
タナカキミアキ

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。