節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

会社に2人の代表取締役がいる?!3つのメリットとデメリット

会社に2人の代表取締役がいる?!3つのメリットとデメリット
 ここ最近、雑誌を読んでいるとよく見かけるのが、代表取締役が会社に二人いる会社です。実は、会社法には、代表取締役になってよい人間の人数を制限する文言がありません。複数の代表取締役を社内に設置する、メリットとデメリットとは何なのでしょうか?解説いたします。

代表取締役って実は10人いても良いらしい

 ここ最近、雑誌を読んでいるとよく見かけるのが、代表取締役が会社に二人いる会社です。

 代表取締役社長が二人いたり、片方が代表取締役会長で片方が代表取締役社長、というパターンもよくあります。

 代表取締役は、会社法第349条において、

業務に関する裁判外又は裁判上の一切の行為をする権限を有する

 という強力な権限を付与されていることから、なぜ二人の代表取締役を設置するのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 実は、会社法には、代表取締役の人数を制限する文言がありません。

 従って、二人と言わず、五人でも、十人でも、もっと言えば、取締役全員が代表取締役になることも可能なのです。

 そこで本日は、複数の代表取締役を社内に設置するメリットとデメリットをご紹介します。

 今回は、現実にもよくあるパターンとして、二人の代表取締役を設置する会社を例に解説いたします。

代表取締役が二人いること・3つのメリット

 二人の代表取締役を設置するメリットは、以下の通りです。

二人で始めた会社を仲良く続けるにはちょうど良い

 インターネットビジネスのように、少額出資によるリーンスタートアップ(小さく始める)で事業を始める場合は、お金がそれほどない二人で、最初の出資はもちろん、収入や権利も折半したほうが、気持よくビジネスが続けられるメリットが生じます。

 また、ビジネスを無理に大きくせず、二人のやりたいことを、自分達のペースで仲良く続けたいという方が、二人代表の会社を設立するケースも増えています。

専門領域の高い人材による高度な分立経営を実現できる

 情報化社会の中で、ビジネスの変遷は加速度的に早くなっており、財務・技術・営業・経営のそれぞれの分野で、高度な判断が求められています。

 それぞれの分野のプロフェッショナルが、自らの専門領域に集中し、代表取締役としての意思決定を行うことで、ベストな選択を目指せます。

 特に、企業の拡大期においては、個別組織(部署など)のレベルを全体で押し上げるために、この体制を取る会社もあります。

事業承継に当たって権限を分担し負担を軽減できる

 先代からの事業承継に当たって、特に先代が一人代表として辣腕を振るっており、その後継としての人材が一人では負担が重い時に、二人の代表取締役が設置される場合があります。

 特に、突然の事業承継が起きる場合は、内外から負担に耐えうる適正な人材を、複数の代表取締役として配置することで、短期間に組織の体制を整えるメリットが生じます。

代表取締役が二人いること・3つのデメリット
次のページへ >>

2016年6月14日

会社法 リーンスタートアップ 事業承継 経営判断 株式保有比率 印鑑 取締役 代表取締役 社長 経営者 二人代表取締役

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。