節約 社長

助成金

社員を解雇すると助成金が受給しにくくなるって本当ですか?

社員を解雇すると助成金が受給しにくくなるって本当ですか?

 助成金の多くは、返済不要かつ使用目的を問われないものが多いため、経営者にとっては非常に魅力的な制度です。一方で助成金制度は、雇用保険制度の一環として実施されるものであり、雇用機会の維持及び増大を図った企業に支給されることになっています。これらの趣旨に鑑みると、社員を解雇した場合、助成金は受給しにくくなるのでしょうか?

ママの多い職場に朗報!「子育て期短時間勤務支援助成金」とは

 人材確保が必要な企業ほど、ワークライフバランスを重視する子育て世代の人たちを支援し、優秀な人材を確保することを求められています。そのような企業にお勧めなのが、子育て期短時間勤務支援助成金です。子育て... 

助成金ニュースの記事をすべて見る

助成金
助成金を活用する事でレバレッジを効かせた経営を実現できます。助成金に関する情報は産業などの条件によって様々です。貴社に有利な助成金ニュースをお届けいたします。
学生インターンやアルバイトのために助成金は申請できる?

学生インターンやアルバイトのために助成金は申請できる?

 学校に通いながら、自社で一生懸命に働くインターンの学生を見ると、彼らの教育を更に充実させたいと感じて、助成金の申請を検討する経営者の方がいらっしゃるかもしれません。ところで学生を対象として、助成金を受けることは可能なのでしょうか?助成金のプロに解説していただきます。


これを読めば解決!「補助金」と「助成金」って何が違うの?

これを読めば解決!「補助金」と「助成金」って何が違うの?

 「補助金」と「助成金」名前は似ているけれど、制度のどこがどう違うのか?答えられる人は意外と少ないようです。そこでお金のプロが、補助金と助成金の共通点と相違点を解説してくれます。更に両者のうち、代表的な制度も3つずつあげていただいた上で、利用するメリットと注意点を指摘していただきます。これを読めば、補助金も助成金もまるわかりです。


更に支給額が増額され活用し易くなったキャリアアップ助成金

更に支給額が増額され活用し易くなったキャリアアップ助成金

 キャリアアップ助成金とは、勤務地限定正社員、短時間正社員等の多様な正社員への転換制度を、パートタイマー、アルバイト等の有期雇用労働者が利用した場合に、企業へ支給されるものです。この助成金は今年も支給枠が拡大しましたが、背景にはどのような国内問題があるのでしょうか?申請時の注意点も含めて助成金のプロが解説してくださいます。


助成金・・・準備が整ったからでは遅い! 

助成金・・・準備が整ったからでは遅い! 

 助成金には、様々な条件が定められていて、当然、それらの諸条件を満たさなければ助成金は支給されません。しかし、助成金を受給できる条件は整っているにも関わらず、助成金をもらうことができない企業も数多く存在します。なぜ助成金を貰うことが出来ないのかには2つの理由があります。1つ目は存在を知らないこと、2つ目は申請のタイミングを準備含めて間違えていることです。


数千万〜数億の資金確保も可能!キャリアアップ助成金とは?

数千万〜数億の資金確保も可能!キャリアアップ助成金とは?

 日本政府は、企業が非正規労働者の正規雇用を念頭に置いた訓練を施す場合に、企業にメリットがあるキャリアアップ助成金制度を設けています。ただでさえ優秀な人材の確保が難しくなっている今、人材確保にかかるコストは助成金を上手に活用し確保していくべきです。数千万~億単位の人材確保コストが削減できたため、人材育成にお金をかけて業績を伸ばしている企業もあります。


東京都の非正規労働者処遇改善促進助成金がお勧め

東京都の非正規労働者処遇改善促進助成金がお勧め

 アベノミクスのおかげで景気が良くなったと言われて久しく経ちますが、総務省の発表によると、2012年から、2015年で非正規労働者数はおよそ200万人増加しています。中小企業の経営者で非正規雇用を行われている方は多いと思いますが、東京都が出す「非正規労働者処遇改善促進助成金」は取得要件が比較的容易なのでお勧めです。プロに解説してもらいました。


補助金・助成金は情報収集が命 Jnet21をチェックしよう

補助金・助成金は情報収集が命 Jnet21をチェックしよう

 小さくても積極的な投資や営業ができる企業の特徴の1つは、補助金・助成金を受けるのが上手なことだ。補助金・助成金を受けるのが上手な企業とヘタな企業では、補助金・助成金情報を収集する能力に差がある。中小企業庁が運営する「Jnet21」内の「補助金・助成金・融資制度」コーナーを有効活用し、自社にマッチする情報を取得しよう。


母子家庭の前に立ちはだかる厳しい政府の助成金政策

母子家庭の前に立ちはだかる厳しい政府の助成金政策

 日本では結婚した2.9組に1組は離婚しており、母子家庭の経済的負荷は非常に大きな問題だ。更に母子家庭特有の問題でもある「子供を育てながらの就労」が困難を極めるにも関わらず、特定求職者雇用開発助成金のうち母子家庭の親に対する助成金が減額となった。政府が守ってくれない以上、自立するために積極的なサポートセンターの活用が必要になる。


助成金ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。