節約 社長

IT

インスタグラムは集客出来る?(中編)フェイスブックの短所を埋める3つの長所

インスタグラムは集客出来る?(中編)フェイスブックの短所を埋める3つの長所

 本稿は、宇田さんによる「インスタグラムは集客出来る?(中編)」をお送りします。フェイスブックに取って代わり、人々の間で受け入れられつつあるインスタグラム。なぜ、インスタグラムが受け入れられているのか?フェイスブックの短所と対比させながら、その3つの長所をご紹介していきます。

ユーチューブで投稿者が望まぬ広告を表示されるのはなぜ?対応策はコレ!

 ますます盛り上がるユーチューブ。投稿を閲覧する人も増えていますが、投稿者も増え続けています。さて、もし投稿する動画について収益化を望んでいないのに、投稿に広告が表示されるとしたら、閲覧者の離脱が増え... 

ITニュースの記事をすべて見る

IT
ITテクノロジーの活用は節約/効率化の為の最適な手段の一つです。ただし間違った導入をすると逆に手間がかかったり管理にリソースを取られたりと本末転倒な状態を生みかねません。節約社長では少しでも多くの活用方法をご提案していきます。
何十万もネット広告にお金を出せぬ会社に一度お試しいただきたい2つのネット集客術

何十万もネット広告にお金を出せぬ会社に一度お試しいただきたい2つのネット集客術

 インターネットを使った新規見込み客集めは、法人・個人や業種業態を問わず、今や必須の作業となっています。しかし、自前の情報発信が開花するまでには時間が必要であり、有料の広告を活用したくてもお金が出せないという会社が殆どです。そこで島倉さんが自らの経験を踏まえ、費用をあまり掛けず効率的に見込み客を集める方法を紹介してくださいます。


衣服のサイズ悩みをパーソナルデータの提出で解消する「unisize」

衣服のサイズ悩みをパーソナルデータの提出で解消する「unisize」

 近年、ビッグデータの活用により、ECサービスにおいて「レコメンド」とパーソナルデータの活用が進んでいます。アパレルECサイト向けサイズレコメンドエンジン「unisize」は、消費者に身体情報のパーソナルデータを提供してもらうことで、自動的にお勧めのサイズをレコメンドしてくれる優れたサービスを運営しています。その詳細をご紹介します。


【技術者の視点】トランプ氏の政策が技術革新の視点で見て極めて合理的なワケ

【技術者の視点】トランプ氏の政策が技術革新の視点で見て極めて合理的なワケ

 日本のニュースメディアは、トランプ氏のやろうとしている内向き政策が、昔の貿易摩擦時代への回帰を目指すもので、いずれコストアップとインフレを起こすだろう、という論調に終始一貫しています。ただし、ITやAIの技術進歩の観点から見た時に、トランプ氏の政策はアメリカにとって極めて合理的で違った結果を生み出すものとなるかもしれません。


ノーメイクでもお化粧ばっちり状態でビデオ会議に臨める?資生堂の「テレビューティ」

ノーメイクでもお化粧ばっちり状態でビデオ会議に臨める?資生堂の「テレビューティ」

 ビジネスシーンにおけるオンライン会議やビデオ会議の重要性がより一層高まっています。一方で画面が映す自分の顔を好きな人は殆どいませんし、女性ならオンライン会議があっても自宅勤務の時はすっぴんでいたいもの。この悩みを解決するため資生堂が開発した「テレビューティー」は、微妙な人間心理を理解した上で、テクノロジーを適切に利用したソリューションの一例です。


IoTをビジネスに取り入れ業務を劇的に効率化させるために必要な視点

IoTをビジネスに取り入れ業務を劇的に効率化させるために必要な視点

 IoTと聞くと、テクノロジー分野について専門的なノウハウが無ければ活用できない、といった具合で、敷居の高く利用が難しい技術だと考えられています。しかし、IoTは、人が経験的に行っている作業(アナログ作業)をデジタルに置き換えられないか、という視点で、普段から業務を見ることにより、容易に活用することが可能な技術です。


ネットの背後にスタッフ8人が待機。「オンライン接客」が好評なイエッティのケース

ネットの背後にスタッフ8人が待機。「オンライン接客」が好評なイエッティのケース

 ここ最近、企業の運営するウェブサイトにおいて、「セルフサービス化」された運営を脱却し、「オンライン接客」を志向する潮流が生まれ始めています。本稿では、その具体事例として'iettty(イエッティ)'という、不動産仲介業者の運営するサービスをご紹介します。AIの台頭により「オンライン接客」は今後更に拡大しそうです。


貧乏人狙いじゃないのに貧乏人を集めるネット界の商売素人たち

貧乏人狙いじゃないのに貧乏人を集めるネット界の商売素人たち

 インターネットの世界には狙っていないにも関わらず、貧困層を奪い合う商売素人が沢山います。彼らはインターネットの考え方を現実の世界に当てはめて、貧困層を相手に高い商品を販売するという無茶なビジネスを行い、結果として上手くいってません。私達は彼らの反面教師から、インターネットの中に一つのヒントを得ることができます。


人工知能が人類を超えるシンギュラリティとAI暴発への未然対策

人工知能が人類を超えるシンギュラリティとAI暴発への未然対策

 2045年には、人工知能が人類の能力を超える「シンギュラリティ」な状態が訪れると考えられています。人類が人工知能を制御できなくなり、いわば終末論に近い悲観的な意見を持つ人も多いのですが、技術の進歩は止まりません。果たしてシンギュラリティな状態に達したときの、人工知能暴発に未然対策はないか考えてみましょう。


ITニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。