【私見】アメリカの住宅需要減少が日本のこれからの経済に与える影響

時事

揺れる株式市場~アメリカでは住宅需要が減少継続

揺れる日本の株式市場、その震源地はアメリカです。

アメリカでは史上最高値を更新した10月3日以降、ここ数か月株価が安定しない状況が続いています。

GAFA(「 Google」「Apple」「 Facebook」「Amazon」の頭文字)の税負担が増加する可能性や、独占禁止法の影響が将来でる可能性、更にはトランプ政権政策に対する懐疑的な視線を受け、やや不安定な状況が続いています。

日本の株価はアメリカの影響をほぼ確実に受けますから、アメリカ市場の株価の不安定さが、日本にも確実に伝播しています。

さて、今回の株式市場を不安定にさせている要因のもう一つに、アメリカの住宅需要が落ちていることが挙げられます。

参考リンク:米住宅需要に陰り 価格高騰、金利高も逆風 :日本経済新聞

リーマンショックのときは、住宅ローンの課題貸付、その結果、住宅ローン関連会社、ファンドの破綻がそのきっかけともなりました。

住宅建築、金融業の金利収入、ファンドの手数料など多くの収入が絡む業界であるため、10年前の嫌な記憶がよみがえります。

ちょっとした現象からでも常に未来へ思いをはせよう

日本では2020年の東京オリンピックへ向けて、拡大投資を続け、またそのために人材不足が叫ばれています。

しかし、これだけ人口減が継続する中で、人材不足が本来続くはずはありません。もちろん介護などの需要は一定期間あるはずという例外があります。

更には人材不足なのに、日本企業の収益は良好です。それなのに、給料が増えた実感がない。何か変だな、と思わないといけません。

もしかすると、今みたいな人材不足は続かないのではないか、自分たちのビジネスもこのままの調子では続かないのではないか、感じ取り、対応策を打っていく必要があります。

なぜなら私達はこれからも仕事をして、生活をしていく必要があります。長期的な視野で大局的に物事を見なければなりません。

今回のアメリカの住宅需要悪化は、自分たちへどんな影響を与えるのでしょうか。

私個人としては、「アメリカの住宅需要悪化→米国経済、金融市場への悪影響→日本での同様の状況の発生→東京オリンピック特需の消失→人材の売り手市場化が消滅あるいは縮小→景気減退」という最悪のシナリオも、可能性として想定し動く決意を持っています。

これは単に私の考えで、皆さんに同意をお願いするものでもありませんが、自分で考え、自分たちは今、何をすべきかを考えて実行するのは、誰にとっても重要なことだと改めて感じます。

時事
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大原達朗

一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会代表理事・アルテパートナーズ株式会社代表取締役として、M&Aを手掛ける公認会計士です。

BBT大学、法政大学院イノベーションマネジメント科の教員も兼任しております。

大企業だけではなく中小企業にとっても、ユーザーフレンドリーな会計業界を、世界中に広めることが目標です。

M&Aの悩み(会社や事業を売りたい/会社や事業を買いたい/小規模M&A投資を検討している)があれば、お気軽にお問い合わせください。

運営サイト:
経営者のための実践ファイナンス

【現職】
一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会代表理事
アルテ監査法人代表社員
アルテパートナーズ株式会社代表取締役
日本マニュファクチャリングサービス株式会社監査役
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師
ビジネス・ブレークスルー大学大学院准教授
ビジネス・ブレークスルー大学准教授
PT. SAKURA MITRA PERDANA Director

【職歴】
1998年10月 青山監査法人プライスウオーターハウス入所
2004年1月 大原公認会計士事務所開設
2004年6月 株式会社さくらや 監査役
2006年1月 株式会社ライトワークス リスクコンサルティング部ディレクター
2007年4月 ビジネス・ブレークスルー大学大学院講師
2008年4月 法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師(現任)
2008年4月 アルテ公認会計士共同事務所開設 代表パートナー
2008年6月 日本マニュファクチャリングサービス株式会社 監査役(現任)
2009年4月 アルテパートナーズ株式会社設立 代表取締役(現任)
2010年7月 アルテ監査法人設立代表社員(現任)
2010年8月 日本M&Aアドバイザー協会 理事
2014年10月 日本M&Aアドバイザー協会 代表理事(現任)
2016年4月 ビジネス・ブレークスルー大学准教授(現任)

【所属団体】
日本公認会計士協会、一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)、日本税理士会、日本CFO協会

【資格】
公認会計士、税理士、 JMAA認定M&Aアドバイザー (CMA)

【その他】
ビジネス・ブレークスルー大学大学院MBA/経営管理修士(専門職) 日本CFO協会主任研究員(2006年)

大原達朗をフォローする
節約社長