孔子に尋ねる〜経営者に求められる「大きな器(うつわ)」とは?

経営
スポンサーリンク

 「会社は経営者の器以上に大きくはならない」「A社の社長は、B社の社長とは器の大きさが全然違うよ。」経営者は必ず「大きな器(うつわ)」という言葉でそのあり方を語られます。対して、孔子は「君子は器(き)ならず。」という言葉をも残しました。経営者に求められる「大きな器(うつわ)」とは、一体何なのでしょうか?

経営者の能力を語る時に必ず出てくる「器」という言葉

  「経営者は器が大きくないとダメだ」

  「会社は経営者の器以上に大きくはならない」

  「もっと大きな器を持って経営に当たらないと、部下は付いてこない」

  「A社の社長は、B社の社長とは器の大きさが全然違うよ。」

 経営者を語る時、私たちは常に「器(うつわ)」という言葉が、一緒に付いてくることに気が付きます。

 「大きな器」が必要だと言われる時、私達はつい他人との比較を行い、その結果として失望することすらあります。

 しかし、経営者に求められる本当の意味での「大きな器」とは、人との比較や競争によって生まれるものではありません。

 孔子の教えに尋ねてみましょう。

孔子は君子に決まった「器」となることを求めなかった

子いわく、
君子は器(き)ならず。

【出典】論語[為政]

 これは、孔子が論語で述べた、短くも深い意味を持つ言葉です。

 考えて見れば、器(うつわ)というものは全て、ある目的のための専用につくられるものです。

  • 食器⇒食べ物を入れるための器
  • 茶器⇒お茶を入れるための器
  • 洗面器⇒洗面のための水をいれるための器

 私達は、これらの器をその大きさや形状によって、価値のあるなしを判断するでしょうか?

 いいえ、そのようなことはありません。用途に応じて、それぞれに価値が発生すると考えているからです。

 あなたが、専門家として生きるなら、目的のための器となり、仕事をしていくのがよいでしょう。

 しかし、孔子が理想的な君子の姿として求めたのは、「ある一つのことだけの専門家であってはならない」ということです。

 企業にとっての君子、それは経営者です。

経営者に向いているのは「才人」ではなく「徳人」

 ところで、東洋運命学では、その人が生まれながらにしてもっている潜在能力をみることができます。

 人は、大まかに10種類の能力を持つことができますが、「少ない種類の能力を偏って持って生まれる人」のことを「才人」といいます。

 これに対して、「いろいろな種類の能力をバランスよく持って生まれる人」のことを「徳人」といいます。

 才人は、専門家になることがよいとされていますが、徳人は、リーダーとして、他の人(専門家)を動かしていく方がよいとされています。

 どちらがいいということではなく、自分が持って生まれた能力を活かしきることが最上だということを忘れないようにしたいです。

 経営者に求められる「大きな器」とは、その時々の目的に応じて、姿を変えられる柔軟なあり方を指すのかもしれません。

経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
篠田法正(しのだほうせい)

株式会社LBC (ライフ&ビジネスクリエイト研究所)
代表取締役

1962年名古屋生まれ
血液型:A
動物占い:ペガサス
好きな食べ物:梨、夢らんまん(夢が叶う和菓子)
趣味:弓道、読書、大きな声で言えない話の収集
健康法:わくわくすること、シナジーのサプリメント
大切な人:家族(妻、息子、娘)

工学博士
経済産業大臣登録 中小企業診断士
(財)生涯学習開発財団認定 シニアスキルリーダー
福島正伸メンターズクラブメンバー

大学4年~大学院で、化学の研究に没頭。
教授に勧められるままに就職先を決める。

某大手化学会社の研究開発部門で20年間勤務。

身体と環境に優しいプラスチックを研究。
・身体の中で消えてなくなる手術用縫合糸
・長期持続性の制ガン剤用樹脂 ・整髪剤用樹脂
・化粧品用樹脂
・トウモロコシから作るプラスチック
・環境中で安全に消滅するゴム
・トイレに流せるプラスチック
等々を開発、製品化した。

出願特許件数:国内外合わせて150件以上
国際学会発表:5回
社長表彰「生体吸収性縫合糸の開発・製品化」
工学博士学位取得

研究開発を続ける一方で、「理系人間の世間知らず、経営知らず」という批判に発奮し、経営やマーケティングについて基礎から徹底的に学び、1995年に中小企業診断士試験に合格、翌年登録。

1999年から2年間、アメリカピッツバーグにあるカーネギーメロン大学に留学。
専門分野の最新学理と手法を学ぶとともに、研究開発マネジメントやコミュニケーション、
考え方について大きな影響を受ける。
多民族国家アメリカの自由と自己主張の文化に触れ、国際的感覚も身につける。
コメディドラマ「フレンズ」の大ファン。

2007年 コンサルタントとして独立、株式会社LBC(ライフ&ビジネスクリエイト研究所)を設立。
2012年 一般社団法人最幸経営研究所を設立。代表理事に就任。
一般社団法人最幸経営研究所

[ 強く影響を受けた人々(敬称略) ]

下村湖人
スティーブン・R・コヴィー
ロバート・キヨサキ
岩元貴久
ジェームス・スキナー
ナポレオン・ヒル
ブライアン・トレーシー
中村天風
石井裕之
福島正伸
鴇田正春

[ 法正という名前の由来 ]
法は、宇宙の法則、自然の摂理、仏の教え、不変の原則。
正は、正直、すなお、教えや原則に違わない。
(天意に背かない=正しい。) 
そのまま、あるがまま。
Let it be. Just the way we are. つまり、法正とは、大いなるもののエネルギー、天意を伝える仏の教え、宇宙をつかさどる法則・原則に素直に従い、自然と調和して生き、正しく伝えていくこと。
ちなみに、三国志に、法正(法孝直)という人物が登場する。

法正についての解説はこちらをクリック → 法正

[ 座右の銘 ]
思いは地球よりも大きい。

篠田法正(しのだほうせい)をフォローする
節約社長