自動運転車の判断ミスで起こした事故の責任は誰が負うのか?

自動運転車で初の公道における過失事故が発生

 アメリカのグーグルを始め、世界中で様々な企業が自動運転の車を開発しようとしています。

 日本だと、モバゲーで知られるDENAがヤマト運輸と連携し、自動運転技術を生かした次世代物流サービスプロジェクト「ロボネコヤマト」を7月に開始したのは、記憶にあたらしいところです。

 ところが今年の3月に、グーグルの自動運転車が、公道上で初めて過失による事故を起こしたという報道がありました。

 この自動運転車には人が乗っており、必要に応じて手動の運転に切り替えることができるタイプだったようですが、手動運転に切り替えず、自動運転のままでバスと衝突してしまったようです。

 この報道内容が正しければ、この事故は、AI(人工知能)が判断して運転し、その結果起こってしまった事故ということになりそうです。

 この場合、事故の責任は誰が負うことになるのでしょうか。

 自動運転車が交通事故を起こした場合は、法的な責任として、大きく分けると、民事上の責任と刑事上の責任が生じます。

 それぞれの係争で、どのような責任が問われるか、ご説明いたします。

自動運転車が事故を起こした場合に民事・刑事で生じる責任

 民事上の責任とは、損害が生じた場合の賠償責任、物を引き渡したり、明け渡したりする責任など、主に財産について、確定された権利義務に則って行う責任と言い換えられます。

 今回の事故であれば、壊れた車を修理する責任、けが人がいれば治療費や慰謝料を支払う責任が挙げられます。

 こういったものは、運転者がAIでも、その自動車もしくはAIの所有者(今回の事故ではグーグルという会社)が負うことになると予想されます。

 では、刑事的な責任はどうなるのでしょうか。

 刑事的な責任とは、何らかの犯罪行為(過失を含む)を行った際に、それに対して身柄の拘束を受ける罰を受ける責任が、一般的には想像されると思います。

 刑事的な責任は、原則として、犯罪に該当する行為を行った者に科されることになります。

 今回の事故では、AIが運転していましたが、AIを身柄拘束して罰を与えることはできません。

 かといって、車に乗っていた人は、ハンドル等に触っていたわけではないので、刑事上の過失があると言えるのでしょうか?

 今回は、必要に応じて手動運転に切り替えられるようですので、必要に応じて手動運転に切り替える注意義務があったのに、それを怠った、という過失責任が想定されます。

テクノロジーの進化に法律も追いつく必要あり

 グーグルの自動運転車は、手動運転もできる性能が備わっているため、今回は民事と刑事それぞれで、責任を見出すことができます。

 しかし今後、自動運転の性能が上がり、自動運転者であれば免許がなくても乗れるといった時代が来た場合には、果たして自動運転による事故に関して、乗っている人に刑事上の責任を問えるのか、といった問題が出てくることでしょう。

 他方で、自動運転の場合、罰したところで犯罪の抑止にはつながらないので、自動運転の事故については刑事上の責任を全く考慮しない、という方向に進む可能性もあるのではないかと思います。

 テクノロジーの進化と共に、法律のキャッチアップも今後必要とされていくことでしょう。

Photo credit: romanboed via Visual Hunt / CC BY

時事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
名古屋総合法律事務所

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。

~名古屋総合法律事務所の特徴・強み~

【1. 法務・税務・登記のトータルなコンサルト、そして業務の専門化、愛知・名古屋 トップクラスの信頼と実績】

名古屋総合法律事務所は、名古屋総合リーガルグループとして、同フロアに税理士法人名古屋総合パートナーズ、名古屋総合司法書士事務所、名古屋総合社労士事務所がございます。法務・税務・労務・登記のご相談がリアルタイムにお受けできます。そのため、弁護士と税理士・司法書士・社会保険労務士との連携をスムーズに行うことができ、迅速なサービスを提供させていただくことができます。また、業務としては、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門法律事務所です。多くのノウハウを事務所内で蓄積・共有でき、上記専門6分野においてトップクラスの法律事務所となっております。経験豊富な弁護士10名・税理士2名・司法書士1名・社会保険労務士2名が各専門チームとなって迅速に対応します。

【2. リーズナブルな弁護士費用】

弁護士・法律事務所の弁護士費用は、わかりにくく事前に予測できない、思いがけない名目で費用がかかる、あるいは請求されるという問題がありました。名古屋総合法律事務所では、リーズナブルな価格で、また、詳細な報酬規定とその説明をしています。

【3. 女性弁護士、男性弁護士をご選択いただけます】

例えば、「女性の方のための女性弁護士による相談」を行っております。男性弁護士にはご相談しにくい、女性弁護士ではなく男性弁護士を、という方はどうぞご利用ください。

【4. 丸の内駅徒歩2分の利便性】

新事務所はオフィス街、問屋街、中高層住宅街の混在する名古屋市中区丸の内・錦地区のほぼ中央に位置しております。桜通りに面し、本町通りにほど近い立地です。地下鉄桜通線丸の内駅4番出口からは徒歩2分と、交通の便が大変良くなりました。

【5. より良いサービスの追究】

皆様により快適にご相談していただくために平日夜間相談、土曜相談を拡充いたします!名古屋を代表するビジネス街にありますので、会社帰りなどにもご利用いただけるよう、夜間相談を毎週火曜・水曜日に実施しております。また、土曜相談も、毎週土曜日に実施しております。夜間相談・土曜相談いずれも、弁護士2~3名の体制を整え、よりご希望の時間帯にご予約をお取りできるよう努力しています。

【6. 完全個室の相談室9室をご用意しております。】

プライバシーの保護・情報の漏えいを防ぐことを大切にしています。名古屋総合法律事務所は、相談ルームと執務エリアを別々に設け、「個別相談」、「完全予約制」、「完全個室」で、相談内容などのプライバシー、個人情報の保護を徹底しております。ご安心してご相談できます。防音に配慮した完全個室とし、天井までのハイパーテイションを設置し、さらに内部にグラスウールを充填し、さらに今回は、天井の一部にグラスウールを充填しました。また、音漏れ防止策の一つとして、弱い音量でBGMを流しております。

【7. 1万冊の蔵書】

専門法律事務所にふさわしく、事務所内には法律関係図書など1万冊の蔵書があります。また、弁護士・税理士・司法書士・社会保険労務士・事務スタッフともに離婚・相続・中小企業法務など専門6分野について事務所内外での厳しい研鑽に励んでおります。

【8. 組織としての事務所】

弁護士法人名古屋総合法律事務所は「合同事務所」「共同事務所」ではありません。名実ともに、一つの組織です。組織としてより良いサービスをより適正な価格で満足していただけるよう全力を挙げております。

名古屋総合法律事務所のポータルサイト

相続サイト

離婚サイト

債務整理サイト

交通事故サイト

不動産サイト

企業法務サイト

労務問題サイト

住宅ローンサイト 

登記サイト 

相続税サイト

会社設立サイト

名古屋相続手続き遺言後見センター 

名古屋総合法律事務所をフォローする
節約社長