誰にでも12年に一度やってくる!天中殺の良い過ごし方とは?

経営
スポンサーリンク

東洋運命学では、誰でも12年に一度、2年間、天中殺という期間がやってきます。この天中殺は「天が味方をしてくれない時期」とも言われていますが、天中殺を恐れる必要は決してありません。天中殺は膝を曲げて、次の大きなジャンプに備える時期なのです。この期間に何をして良いのか?悪いのか?篠田さんが解説してくださいます。

誰にでも12年に一度訪れる…それは「天中殺」

 誰でも12年に一度、2年間、天中殺という期間がやってきます。

 東洋運命学では、この天中殺が「天が味方をしてくれない時期」といわれています。

 もし、あなたが、その天中殺の期間に入ったとしたら、どうすればよいでしょうか?

 今日は、天中殺の過ごし方について、3つのアドバイスをお伝えします。

天中殺にやらないほうが良い3つの行動とは?

1)新しいことを始めないこと

 まず、新しいことを始めないことが肝要です。

 結婚は、一般的には、天中殺の期間中にはしない方が良いとされていますが、この期間中に結婚したからと言って、不幸になるとはかぎりません。

 お互いの相性がすごく強い場合、二人が結婚する運命にある場合などは、問題が起こらないことがあるようです。

2)何となしの起業や独立はできるだけ避ける

 2つ目ですが、起業・独立もこの期間はできるだけ避けたいところです。

 人間、どうも調子が悪くなると、じたばたして何か始めようとするようです。

 実際、私のところに起業相談に来られる方の中には、天中殺に入っている方が非常に多いです。

 そんなときには、「どうしても起業したいですか?」とお尋ねすることにしています。

 もし、本人の決意が固ければ、天中殺現象を避ける方法をお教えすることにしています。

 なんとなく今の職場がイヤだからとか、起業できたらいいなあという気持ちの方には、「もう少し待ってみてはいかがでしょうか」と、思い直すようにやんわりと促します。

3)知り合ったばかりの人と新しいことを始めるのは慎重に

 そして、3つ目は新しい人間関係も慎重にした方がよいでしょう。

 天中殺に入ると、曇ったメガネをかけるような状態に人はなりやすく、人を見る目が鈍ることがあります。

 この時期に出会った人と、すぐに新しいことを始めるのは、慎重にした方が良いとされています。

天中殺にやったほうが良い3つの行動とは?

 では、天中殺の時期にしておいた方がいいことは何でしょうか?

 それは、一言で言えば、「運を天に任せながら、自分を磨く」という生き方です。

 詳細に話せば、以下のとおりです。

1)目の前のことを一生懸命やる

 目の前のことを一所懸命やりましょう。

 たとえそれがお金にならなくとも、この期間中は自分の修行の時期だと考えて下さい。

2)頼まれごとはまず乗ってみる

 自分から始めたり言い出したりするのは良くないのですが、人から頼まれたり薦められたりすることには乗ってみることです。

 「頼まれごとは、試されごと」と考えて、これも自分を磨くための試練だととらえてみましょう。

 ただし慎重に行動して下さい。

3)他人に負けないものを磨いておく

 何か一つだけでも、他人に負けないものを磨いておきましょう。

 天才と言われるイチローも、天中殺の時期に2軍生活を送り、その間に振り子打法を開発して磨いています。

 天中殺があけてから、仰木監督との運命的出会いにより、1軍に引き上げられ、すぐに大活躍することになりました。

 天中殺を恐れる必要は決してありません。天中殺は膝を曲げて、次の大きなジャンプに備える時期なのです。

経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
篠田法正(しのだほうせい)

株式会社LBC (ライフ&ビジネスクリエイト研究所)
代表取締役

1962年名古屋生まれ
血液型:A
動物占い:ペガサス
好きな食べ物:梨、夢らんまん(夢が叶う和菓子)
趣味:弓道、読書、大きな声で言えない話の収集
健康法:わくわくすること、シナジーのサプリメント
大切な人:家族(妻、息子、娘)

工学博士
経済産業大臣登録 中小企業診断士
(財)生涯学習開発財団認定 シニアスキルリーダー
福島正伸メンターズクラブメンバー

大学4年~大学院で、化学の研究に没頭。
教授に勧められるままに就職先を決める。

某大手化学会社の研究開発部門で20年間勤務。

身体と環境に優しいプラスチックを研究。
・身体の中で消えてなくなる手術用縫合糸
・長期持続性の制ガン剤用樹脂 ・整髪剤用樹脂
・化粧品用樹脂
・トウモロコシから作るプラスチック
・環境中で安全に消滅するゴム
・トイレに流せるプラスチック
等々を開発、製品化した。

出願特許件数:国内外合わせて150件以上
国際学会発表:5回
社長表彰「生体吸収性縫合糸の開発・製品化」
工学博士学位取得

研究開発を続ける一方で、「理系人間の世間知らず、経営知らず」という批判に発奮し、経営やマーケティングについて基礎から徹底的に学び、1995年に中小企業診断士試験に合格、翌年登録。

1999年から2年間、アメリカピッツバーグにあるカーネギーメロン大学に留学。
専門分野の最新学理と手法を学ぶとともに、研究開発マネジメントやコミュニケーション、
考え方について大きな影響を受ける。
多民族国家アメリカの自由と自己主張の文化に触れ、国際的感覚も身につける。
コメディドラマ「フレンズ」の大ファン。

2007年 コンサルタントとして独立、株式会社LBC(ライフ&ビジネスクリエイト研究所)を設立。
2012年 一般社団法人最幸経営研究所を設立。代表理事に就任。
一般社団法人最幸経営研究所

[ 強く影響を受けた人々(敬称略) ]

下村湖人
スティーブン・R・コヴィー
ロバート・キヨサキ
岩元貴久
ジェームス・スキナー
ナポレオン・ヒル
ブライアン・トレーシー
中村天風
石井裕之
福島正伸
鴇田正春

[ 法正という名前の由来 ]
法は、宇宙の法則、自然の摂理、仏の教え、不変の原則。
正は、正直、すなお、教えや原則に違わない。
(天意に背かない=正しい。) 
そのまま、あるがまま。
Let it be. Just the way we are. つまり、法正とは、大いなるもののエネルギー、天意を伝える仏の教え、宇宙をつかさどる法則・原則に素直に従い、自然と調和して生き、正しく伝えていくこと。
ちなみに、三国志に、法正(法孝直)という人物が登場する。

法正についての解説はこちらをクリック → 法正

[ 座右の銘 ]
思いは地球よりも大きい。

篠田法正(しのだほうせい)をフォローする
節約社長