ビジネスで勝つための法則は全部「信長の野望」から学んだ!

ビジネス

こんにちは島倉です。
今回は、ビジネスや投資で勝つ法則はすべて「信長の野望」から学んだというお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

「信長の野望」の兵法がビジネスに役立つ

「信長の野望」をご存知でしょうか。特に30代40代の男性であれば、ゲームをやったことがある方も多いのではないでしょうか。

内容は、とにかくシンプルな構成になっています。米を売ったり、買ったりして、お金をつくって、武器を買ったり、兵を雇ったり、街に投資をしたりして、他国を攻めていくというものです。この「信長の野望」を考えてみると、本当にビジネスで勝つ法則のすべてを含んでいると思います。

一点に集中する

まず、信長の野望で他国に攻める時に何をするかというと、能力の高い武将に兵を集めます。コンピューター側は武将8人くらいにまんべんなく兵士を与えているわけです。

しかし、それと同じことをやったらコンピューター側に勝てないので、能力の高い武将にも全部兵を預けます。
弱小の武将に兵をあげたところで、全然勝てない。ものの役に立たないということです。
これはビジネスでいう一点集中で、まさにこれがビジネスで勝つ法則です。

例えば起業したら、いろんなことに手を出さず、まず一つのビジネスに集中していくことで業績が上がると、さらに展開が生まれていくということです。

まず一点集中が大事。それは能力の高い、自分が得意とする分野に集中していくことで結果が出せるということです。

信長の野望でやっていることと、ビジネスでやっている勝ちパターンは一緒です。

投資で大事な「逆張り思考」

もう一つは米を売ったり買ったりするのですが、この米をどう売るかというと、安いときに買って、高いときに売る、そうすれば一気にお金が増えるわけです。
逆に米が安い時にお金があったら、買っておけば米も増えるわけです。

安い時に買い、高いときに売るというのは基本です。
それでは投資ではどうでしょうか。
例えば、順張りという考え方は、値段が上がっていったら買うことです。
みんなここで買って、急に下がって、損してしまっているのです。

日本人は特に順張りが好きです。
上がっていたら、追い続けて買っていく、下がっていったら追い続けて買って売っていくということをよくやりますが、それは失敗します。

ですから、安いときに買う、高いときに売る、いわゆる逆張り思考が投資には大事なわけで、まさにこれは信長の野望で実践する話になります。

「信長の野望」の原理原則を思い出す

ビジネスや投資で本当にこれはやってはいけないという原理原則は、「信長の野望」で実は全て学ぶことができるということです。

まだビジネスとか投資の話が難しい、例えば自分のお子さんにビジネスとか投資の感覚を身につけたいのであれば、「信長の野望」をやらせてみるといいのではないかと思います。

もしビジネスでうまくいってない、投資でうまくいっていないと言うのであれば、この「信長の野望」で学んだ原理原則を思い出していただきたいと思います。

中小経営者は自社戦略を「信長の野望」姉小路氏の生き残り戦略から学べ
30代から40代の方を中心に一度はハマったことがあるであろうストラテジーゲームと言えば、「信長の野望」ではないでしょうか?通になると、弱小国から始める人もいますが、弱小国の代表キャラに姉小路氏があります。彼らを選択した後の生き残り戦略は、中小企業の生き残り戦略と非常に通ずるものがあります。島倉さんの解説です。
成功するかどうかは行動する前に決っている - 戦略・シナリオ
こんにちは島倉です。 今回は、成功するかどうかは行動する前にもう決まっているというテーマについてです。 成功する人は戦略・シナリオをもっている 成功する人は、行動する前に頭の中に全部「戦略・シナリオ」というものがあります。 ...
ビジネスで勝つための法則は全部「信長の野望」から学んだ!
「信長の野望」が遊んで学べる最強のビジネス教材と言える3つの理由
 『信長の野望』が遊んで学べる最強のビジネス教材?!本当にそうなんです。実はこのゲーム、ハーバード大学の大学院のMBA経営学修士の教材にもなっています。では、なぜ「信長の野望」が遊んで学べる最強のビジネス教材と言えるのでしょうか?自らも起業のきっかけは、『信長の野望』とおっしゃるキミアキ先生が3つの理由を教えてくれます。
「職業に貴賎無し」江戸時代の商売人達から学ぶ商売人のあり方
 「職業に貴賎無し」とよく言われています。確かに今の時代で露骨な職業差別は存在しません。ただし、「3Kの職業だって、立派に世の中の役に立っている職業なんだから、職業に貴賎なしで身分の高い低いも無いでしょう。」のように、「貴賎」という言葉は未だに使われています。この概念から抜け出すことを考える時に勉強となるのが、江戸時代の商人達の考え方です。
ビジネス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

島倉大輔をフォローする
節約社長