節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

コンビニもやってる「ABC分析」で売上分析し業務を効率化しよう

コンビニもやってる「ABC分析」で売上分析し業務を効率化しよう
 コンビニエンスストアに行くと、先週まであった商品が無いということが頻繁に起こります。限られた店舗で効率的に売上を立てるため、運営側が商品をどんどん入れ替えるからです。商品の入れ替えを行う際は主に「ABC分析」という手法が用いられますが、これは高度なソフトが無くともExcelで簡単に始められます。ぜひ始めてみませんか?

なぜコンビニからあの商品は消えたのか!?

 コンビニに行くと、「先月は確かに売っていたはずの、あのガムがない」というようなことが頻繁にありますよね。

 スーパーマーケットや百貨店に比べて店舗スペースの限られたコンビニが、効率的に坪単価あたりの売上を伸ばし続けるためには、常に売れ筋商品をチェックし、売り上げの悪い商品をどんどん入れ替えねばなりません。

 これを支えるのが、コンビニの優れた売上分析手法です。

 主にコンビニが売上分析を行う時に採用する手法は「ABC分析」と呼ばれ、簡単に売れ筋商品が理解できて、商品選定も効率化が図れるものです。

 また、この分析手法はお金のかかるソフトを使わなくても、今日から実行できます。

 そこで本稿は、コンビニが行う「ABC分析」についてご紹介します。

経験や勘に頼らないデータを基にしたABC分析

 商品を販売する人ならば誰もが理解できることですが、人気のない商品をそのまま放置して販売を続けると、様々なリスクが発生します。

 例えば、
  • その商品のせいで「あそこは品質が良くない」など悪評が広まってしまう
  • 期限のあるものであれば在庫のムダや廃棄ロスが発生する
  • 販売頻度が少ないのに管理の手間がかかり作業が効率化出来ない
 などのリスクです。

 こういったリスクを排除するためには、人気のないメニューをどんどん外す必要があります。

 ただ、どれが人気がある商品なのか?どれが人気のない商品なのか?を経験や勘だけに頼って選ぶのは危険です。

 人の直感が必ず当たるとは限らないからです。

 そこで、データに基づいたABC分析を用いると、売り場の雰囲気や感覚に左右されること無く、客観的に「販売に力を入れる商品」と「販売を止めるべき商品」を選択することが出来ます。

Excelを使って簡単なABC分析をやってみよう
次のページへ >>

2016年11月30日

ABC分析 コンビニエンスストア 業務効率化

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。