節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

年末倒産はなぜ起きるのか?今から立てられる万全対策を紹介

年末倒産はなぜ起きるのか?今から立てられる万全対策を紹介
 今年の4〜9月に、関東の倒産件数は26年ぶりの低水準を記録しました。とはいえ、必ずしも社会全体の景気が良いとは言えず、年末になると意識すべきなのが年末倒産です。年末倒産はなぜ起こるのか?そのメカニズムを解説すると共に、年末倒産を防ぐために今からどのように万全な対策を立てられるか説明いたします。

倒産件数は26年ぶりの低水準でも気をつけたい年末倒産

 東京商工リサーチが2016年4~9月の東京都と神奈川、埼玉、千葉3県の倒産状況をまとめた指標を発表しました。

 件数は前年同期比で2.4%減の1387件と7年連続で減少し、1990年以来、26年ぶりの低水準となったそうです。

 景気がよければ倒産件数は減りますが、倒産件数が減ったからといって必ずしも社会全体を見渡して景気が良いとは言えません。

 そして時は既に11月、年末が近づくと増えるのがいわゆる「年末倒産」です。

なぜ年末倒産は起きるのか?黒字でも要注意

 さて、なぜ年末になると倒産が増えるのでしょうか?

 倒産というと、2回目の手形不渡りによる事実上の倒産や、会社更生法・民事再生法・破産法の申請といった形態があげられますが、その原因の大半は資金不足です。

 例えば卸売の会社があるとします。業績は好調で毎月ごとに売り上げが伸びていく状況です。

 売り上げが伸びれば、当然仕入や経費の金額も膨らんでいきます。

 ここで売り上げの入金が2か月後の手形(サイト3カ月)決済、仕入・経費は翌月決済とします。

 そうするとお金が手元に入るのが最大5か月後なのに対し、支払いは1か月後で、4カ月のずれが生じます。

 その間は、手元資金でキャッシュをやりくりしなくてはなりません。

 特に、業績拡大期は支払の資金繰りが追い付かず、黒字なのに倒産に追い込まれるという事態が起こってしまします。

 同じように、年末に向かっては、クリスマス商戦や年末年始商戦が繰り広げられ、取引金額が膨らみやすくなり、しかもボーナスまで支払わねばなりません。

 このような原因で、体力のない中小企業ではキャッシュが尽きやすくなり、年末倒産が起きやすくなります。

年末倒産を防ぐため事前に立てたい対応策とは
次のページへ >>

2016年11月8日

資金繰り 経営セーフティ共済 キャッシュフロー 年末倒産

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。