節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

スタバはなぜ二杯目のドリップコーヒーを100円で提供するのか?

スタバはなぜ二杯目のドリップコーヒーを100円で提供するのか?
 スターバックスが提供するコーヒーの価格は、決してお得感が溢れるものではありません。それでもスターバックスの店内には、いつも顧客が溢れ、週末になれば待ち客まで出る始末。スタバファンの心を掴むサービス、ワンモアコーヒーがあるからです。なぜスターバックスは2杯目のコーヒーを100円で提供するのでしょうか?

スタバファンに大人気のワンモアコーヒー制度

 コーヒー1杯で3〜400円程度。スターバックスが提供するコーヒーの価格は、決してお得感が溢れるものではありません。

 ドトールやサンマルクコーヒーに行けば、1杯200円強でコーヒーが飲めますし、味わいで言えば、最近だとセブンカフェのほうが美味しいと感じる方も多いはずです。

 それでもスターバックスの店内には、いつも顧客が溢れ、週末になれば待ち客まで出る始末で、いわゆる熱烈なスタバファンも存在します。

 スタバファンがスターバックスをヘビーに利用する理由の一つに「ワンモアコーヒー」というサービスがあります。

 ワンモアコーヒーはドリップコーヒーに限って、レシートを見せれば、注文したものと同じ種類・同じサイズのコーヒーを、1杯100円でお代わりできる制度です。
 
 なぜスターバックスは、二杯目のドリップコーヒーを100円で提供するのでしょうか?

スタバが2杯目のコーヒーを100円で出す理由

 スターバックスが2杯目のドリップコーヒーを100円で提供するのには、少なくとも2つの理由があります。

 1つ目の理由は、ドリップコーヒーのロスを少なくすることができるからです。

 皆さんも御存知のように、スターバックスの作り置きコーヒーは、注文されてからドリップされるわけではなく、既にドリップしたコーヒーをカップに注いで提供する形となっています。

 ドリップコーヒーは、豆を挽いた瞬間から酸化が始まるため、スターバックスではドリップコーヒーの取り置き時間を1時間以内と規定で定めています。

 ドリップから1時間が経過して飲まれなかったコーヒーを廃棄するくらいなら、2杯目のコーヒーを100円で提供するほうが、ロス(無駄)を減らすことや、コーヒーの回転を利かすことで品質の良いコーヒーの提供に繋げられるなど、良い連鎖として働きます。

 2つ目の理由は、2杯目のコーヒーを100円で提供することが、顧客に強烈なお得感をもたらすことにつながるからです。

 例えば、スターバックスでドリップコーヒーのトールサイズは、1杯目が320円(2016年7月時点)です。1杯目だけを見ればスターバックスのドリップコーヒーの値段は、マックコーヒーの100円よりべらぼうに高く、ドトールの1杯220円よりなお高し、という印象を受けます。

 しかし、2杯目のワンモアコーヒーを利用した場合、トールサイズを2杯頼んで合計で420円で済む計算になります。この価格ならば、マックより少し高くて、2杯飲むならドトールより安くなる計算となります。

 コーヒー好きの「1杯だけだと足りないな」「1杯目は店舗で飲んで、2杯目は会社に持ち帰って飲みたいな」というニーズに、ワンモアコーヒーはよくハマるサービスなのです。

 1杯目のコーヒーに320円を支払うことに対する抵抗感も薄まり、ワンモアコーヒーを利用するユーザーは、ヘビーに店舗を利用してくれるようになります。

ワンモアコーヒーの満足度を更に高めるもの

 ワンモアコーヒーによる顧客満足度を更に高めるものがあります。それは、スターバックスの店舗に現れた世界観です。

 スターバックスがこれだけ多くの人に支持されているのは、スターバックスが単純にコーヒーを販売しているからではありません。

 スターバックスは立ち上げ当初からシアトルのカフェに生まれた「サードプレイス構想」を掲げ、家庭でも職場でもない第三の場所として、顧客にとって気軽に立ち寄れる、居心地良い店舗を作ってきました。

 居心地が良い場所を提供してくれて、しかもワンモアコーヒー制度を利用すれば、お得に美味しいコーヒーを飲める。

 ファン達がスターバックスを離れない背景には、質とコストの両方で顧客を満足させる、スターバックスの優れた戦略がありました。

Photo credit: TAKUMA KIMURA via Visualhunt.com / CC BY-SA

2016年7月12日

スターバックス

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。