節約 社長
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)走る税理士・すずき会計代表

ホームページ

補助金で節約も?!店舗をやるならタブレット型のPOSレジ

補助金で節約も?!店舗をやるならタブレット型のPOSレジ
 お店を始めようとすると、何かと初期投資に費用がかかるため、節約しなければなりません。しかしながら、最初に絶対欠かせないアイテムも存在します。その一つがレジスターです。「タブレット型のPOSレジ」は導入費用が安く、軽減税率の適用を踏まえた補助金も導入される可能性が高まっています。今後店舗を始める方は、同補助金の動向に注目したいですね。

店舗開始に必須なPOSレジを節約して買う方法

 新しくお店をスタートさせるためには、色々なモノを準備しなければなりません。

 お店の内装や陳列するための棚、パソコンやもろもろの備品など、細かいものまで上げていったらキリがない。

 ただ、どうしてもお店をやっていく上では、欠かせないアイテムも存在します。

 その代表的なものが、お客様からの売上を管理したり、レシートを管理するための「レジスター」です。

 レジの中でも高機能と言われるPOSレジは、専用の端末を買うと、数十万円する金額になってしまいます。

 ただ、最近は「タブレット型のPOSレジ」というものが登場して、このPOSレジ業界に大きな変革をもたらしているのです!

 しかもこのタブレット型のPOSレジを購入する際は、補助金が出る場合もあるのです。

 そこで今日は、タブレットPOSレジをオトクに取得して、節約する方法をご紹介したいと思います。

タブレット型POSレジは顧客データ分析に最適

 簡単に言ってしまえば「自分が持っているPCやタブレットなどをレジとして使用する」のが、タブレット型POSレジの大きな特徴です。

 POSとは「Point Of Sale」の略語です。

 一般的なレジでは、単に売上を集計する機能しか持たないのですが、POSレジの場合には登録の方法によって、売上だけでなく色々な情報も管理する機能を持たせることが出来ます。
  • どんな年齢,性別,人数のお客様がいくら何を買っていったか
  • 何時にどのくらいのお客様が来たか
  • このお客様は前回どのような商品を購入していったか
 データの登録方法にもよりますが、様々な情報を管理出来るのがPOSレジの特徴です。

タブレット型POSレジを利用するメリット

 タブレット型のPOSレジは急速に普及していますが、その理由は何よりもその手軽さにあります。

 導入するコトで得られる、3つのメリットを整理していきましょう。

1)コストを大幅に削減できる

 今までPOSシステムのレジを導入しようと思うと、レジの端末だけで数十万円もの費用がかかりました。

 また、在庫管理や顧客管理まで行おうとすると、さらに費用がかさむので、100万円以上端末にお金をかけなければならぬ場合もありました。

 それに対してタブレット型のPOSレジは、最初にかかる費用もタブレット端末だけで済みます。

 更にiPadなどを持っていれば、それがレジの代わりになります。

 お店などの場合、お金を入れておく場所(キャッシュドロア)とレシートを印刷するプリンタだけ追加で購入すれば、十分な機能を備えたPOSレジに早変わりします。

 タブレットとこれらの付属品を買ったとしても、10万円前後で済んでしまうので、従来よりもかなり負担は減ります。

 さらに月額利用料が無料のサービスもありますので、コストのメリットは非常に大きなものになりますよ!

2)クラウド会計などのソフトと相性がいい

 タブレット型のPOSレジは、クラウドサービスを利用しているものが多いです。

 ですので、同じクラウドサービスであるクラウド会計ソフトと非常に相性がいいのです。

 例えば、POSレジで集計した売上データをクラウド上にアップしておけば、自動的にクラウド会計ソフトが同期をして、会計ソフトに取り込んでくれたりもします。

 最初の登録さえしておけば、あとは全自動で売上のデータが、会計ソフトに入力されるわけです。

 もうイチイチ売上データを、会計ソフトに入力する必要はありません。

 その他にも、スクエアやペイパルなどのクレジット決済サービスと連携させておけば、カードの支払にも対応できるようなシステムも作ることが出来ます。

 クラウドサービスはどんどん進化していきますので、今まででは考えらればなったような便利な機能も増えるかもしれません。

3) POSレジの最大の魅力は充実分析機能

 POSレジの最大の魅力は、何と言っても販売データを分析することが出来るということです。

 データを収集することが出来るので、売上や顧客の分析を行って、業務の改善につなげることが出来ます。

 「データの分析なんて難しくてできないのでは?」と思うかもしれませんが、分析グラフやチャート図などのようなものは、自動で出来上がります。

 感覚的にどうなっているのかというコトを知るだけでも、大きな違いが生まれるのですよ!

レジの買い替えに国の補助金が使えるかも?!

 平成29年4月に、消費税率が8%から10%に増税されることが予定されています。

 それに併せて、消費税の軽減税率というものも導入される予定です。

 そうなると、今まで使っていたレジでは対応できないところも出てきてしまうのです。

 そこで政府は、消費税のアップに合わせて必要となるレジの買い替えについて、補助金を支給することを決定しています。

 まだ未確定な部分もありますが、現状で分かっている情報では、こうしたタブレット型のPOSレジも補助対象となるということです。

 ① 対象となる者

 以下の要件を満たす中小企業支援法に規定する中小企業者等

 ・軽減税率制度(複数税率)への対応が必要な事業者
 ・複数税率に対応できるレジを保有していない事業者

 ② 補助対象

 1)タブレット(iPad Air、iPad mini、iPad Pro)
 2)周辺機器(キャッシュドロアー、レシートプリンター、バーコードリーダー)
 3)サポート(初期設定サポート、メニュー登録サポート)

 ③補助率

 購入金額の1/2~2/3(事業者によって異なる。上限あり)

 消費税のアップに伴って実施される可能性が高いので、まだ未確定な要素が大きいのが現状ですし、消費税の増税が凍結される可能性もあるので、最新の情報が分かればお伝えするようにしますね!

 新しく事業を始める方だけでなく、これからレジを買い替えようとしている方にも、タブレット型のPOSレジはオススメですよ!

 補助金などを活用して、効率的にシステムの入れ替えを行ってください。

クラウド会計を同時に導入して業務を効率化

 タブレット型のPOSレジを導入するのであれば、是非一緒に、クラウド会計も導入することをオススメします。

 売上の情報だけでなく、経費や資金繰りの状況も併せて確認することによって、効率的に経営を行うことが出来ます。

 新しいものを積極的に取り入れて、お客様へのサービス向上にも結び付けていきましょう!

 Photo credit: monoprixgourmet_bis via Visualhunt / CC BY

2016年6月2日

レジ POSレジ 節約 補助金 業務効率化 経費 資金繰り 店舗 経営者 顧客データ管理 軽減税率 クラウド会計 コスト削減 節約

鈴木 一彦 (すずき かずひこ)
鈴木 一彦 (すずき かずひこ)走る税理士・すずき会計代表

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。