節約 社長
着実に売上を上げる営業変革!
着実に売上を上げる営業変革!

ホームページ

お金をかけずに部下のモチベーションを上げる言葉は◯◯語

お金をかけずに部下のモチベーションを上げる言葉は◯◯語
 経営者にとって大きな仕事の一つが、自部門および部下を元気にすることです。優秀な部下がいたとしても、彼らのモチベーションを上げない限り、組織全体の力が大きくパワーアップすることは叶いません。お金をかけずに部下のモチベーションをあげる方法、それは「積極語」を常に用いて部下と接することです。特に部下が失敗する場面でこそ積極語の使用が、社員のモチベーションアップに役立ちます。

社員のモチベーション向上は経営者が担うもの

 経営者にとって大きな仕事の一つは、自部門および部下を元気にすることです。

 いくら優秀な部下がいても、モチベーションを上げない限り、部下は自発的な行動をしなくなってしまいます。

 ところが、多くの経営者は自分の意志で起業を志し、モチベーション高く事業を実践してきたわけですから、相手にも同じ状態であることを求めてしまいガチです。

 これが間違えであることは、会社を車になぞらえた例えで説明することが可能です。

 会社を車に例えると、経営者は人を動かすドライバーのような立場で、「動かされる立場」にある部下は車本体として、よく表されます。

 もし車が気持よくかっ飛ばし続けるには、どうする必要があるでしょうか?

 ドライバーは車へ常にガソリンを入れ続け、労るようにメンテナンスを行わなければなりません。

 ガソリンも供給してくれないドライバーのために、車は動いてくれないからです。

 同じように経営者は、常に社員のモチベーションを向上させなければならないのです。

 サイトの趣旨も踏まえて、今日は「お金をかけず簡単に社員のモチベーションをあげる手段」について、ご紹介したいと思います。

積極語を活用し社員のモチベーションを向上

 お金をかけず簡単に社員のモチベーションをあげる手段、それは「言葉」です。

 「人はパンのみにて生きるにあらず。言葉によって生きるのである。」という古い格言にもあるように、経営者の言葉は社員のモチベーションを大きく左右します。

 使う言葉に意識を向けてみましょう。貴方は常日頃、否定語をどうしても使っていませんでしょうか?

 例えば、社員が失敗した時には、よく以下の様な否定語が経営者の口から聞こえてきます。
  • どうして予算未達なんだ?
  • どうして失注した?
  • どうするつもりなんだ?

 客観的に考えてみてください。このような言葉を失敗した部下にいくら投げかけたところで、起こった事実は変わりません。

 このような時こそ、否定語ではなく、積極語を使うべきです。
  • どうすれば予算達成できるだろう。
  • 失注しないために何を改善すればいいだろう?
  • これからの対策を考えてみよう!

 同じ事実を見ても表から見るか、裏から見るか、否定語で気力を失わせるか、積極語で未来に目を向けさせるかは、大きな違いです。

 否定語は社員からモチベーションと思考する能力を奪い、積極語は逆に社員にモチベーションと思考する能力を与えます。

 言葉一つで、モチベーションは大きく変わります。

積極語の副産物は同じ釜の飯を食う感覚の共有

 積極語は更に、もう一つの副産物である「同じ釜の飯を食っている」という意識を部下たちに与えます。

 人間は食事を共にすることで、「親和欲求」が満たされると心理学では言われていますが、この意識を共有することは、部下と心理的距離を縮める最良の方法です。

 常日頃、否定語を浴びせてくる経営者や上司からの「ご飯の誘い」を、快く部下は受け入れるでしょうか?

 文字通りの「ご飯の誘い」でも、「共に苦楽を共にする」という精神的な意味でも、まずありえません。

 反対に、積極語を使う経営者や上司の元に、部下は苦楽どのような場面と遭遇しても、ついてくるものです。

 積極語、騙されたと思って意識してみてください。必ずや部下にキラリと光る輝きを貴方は見つけられるでしょう。

2016年2月4日

営業

着実に売上を上げる営業変革!
着実に売上を上げる営業変革!

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。

着実に売上を上げる営業変革! さんへ問い合わせ

問い合わせ