着実に売上を上げる営業変革!

スポンサーリンク
営業

とことんやりきる覚悟が決まったら営業変革を達成するため着手する3つの要素

営業変革は、経営者、幹部が強い意志を持って自ら取り組まなければ、管理職や一般社員からの発信だけでは到底成しえません。もし経営者や幹部が営業変革を「とことんやりきる覚悟」が決まったら必ず変化を起こすべき3つの要素があります。組織全体の「仕組み」、「現場力」、「マネジメント力」の3要素です。詳細を解説します。
経営

4月は営業変革を行う絶好タイミング!変革を阻止する◯◯を打破せよ

4月から新期入りする会社さんは多いことでしょう。期初だからこそ取り組みやすいことがあります。それは営業変革です。ただし、経営者が本質的に会社の目指す方向性を明示し、仕組みでまわる組織作りを行わねば、組織の垢と言える「慣性力」が働き、結局のところ営業目標は何一つ達成されないことになります。慣性力を打破する3つの要素をご紹介します。
営業

営業マンは新規が嫌い…社内にコントロールセンターを作り案件を実営業に繋げよ!

 幾ら案件を創出して営業マンに渡しても、なかなか彼らは実営業に結びつけてくれない、というか、新規案件にチャレンジしたがらないものです。なぜなら、既存顧客に対して営業していたほうが、自分にとっては楽だからです。もし、営業マンに案件を渡し、営業の成果を出してもらいたいなら、社内にコントロールセンターという組織を作るのが効果的です。
スポンサーリンク
営業

販売数量を1%伸ばすと利益は約3%伸びるが、価格を1%上げると利益は◯%伸びる

 かつて、日本全体の消費量が右肩上がりの時代にあったときは、規模の経済性が物を言った分、販売数量を伸ばせば利益も自然に伸ばすことが可能でした。しかし、あらゆる国内市場が縮小している現在、最大利益をあげるためには、価格を上げなければ、効率的に利益を伸ばすことが出来なくなっています。そのために必要なのが、最大利益を得るための“値決めの仕組み”を会社に作ることです。
営業

社内に眠る名刺情報を統合し、案件創出のための顧客行動のデータを取り始めよ!

 皆さんの会社では、名刺の多くが営業担当者やサービス担当者の机の中で眠ったままとなっていませんか?展示会やセミナー来場者の名刺も、どこかに格納されたままでその後の活用には至っていないのでは?!これらの名刺を完全に社内に情報として統合し、マーケティングオートメーションを駆使し、顧客行動のデータをとることで、社内に営業案件創出のノウハウが貯まり始めます。
営業

マーケティングオートメーションを使い営業マンが新規営業せざるを得ない状況を作れ

 営業マンの多くは、通い慣れた既存顧客のいつもの担当窓口部署に顔を出すのが大好きです。愛想よく振る舞った結果として頂いた馴染みからの引き合い案件には一生懸命対応します。しかし、新規営業無くして会社の未来はありません。ならば、マーケティングオートメーションを駆使して、営業マンが新規営業せざるを得ない状況を作ってみませんか?
営業

あなたの会社が新規営業を十分に行えていない5つの理由〜問題点と解決策

 あなたの会社の営業マンは新規取引先をどんどん開拓していますか?残念ながら現実にはほとんどの営業マンが、既存顧客の通い慣れた部署に行き、馴れ合いの中で売上を作っている、そんな状態ではないでしょうか?あなたの会社が新規営業を十分に行えていないなら、その理由はこれからあげる5つのどれかに当てはまるはずです。組織営業のプロフェッショナルが問題点と解決策を提示します。
営業

お客様と会話できない若手に教えるべき会話の基礎を作る「3つの挨拶」

 オンラインコミュニケーションはこれからも増えていくことでしょう。だからこそ、大事な営業局面では、会って話をする、言葉できちんと伝えることの重要性が更に高まっていきます。しかし、多くの若手営業マンは、「お客様と何を話せば良いのか?」と会話に悩んでいます。もし、そんなお悩みがあるなら、トップやマネージャーが「3つの挨拶」を自ら実践し、基礎として教える必要があります。
効率化

【前月の営業成績】敏腕営業マネージャーが必ずチェックする3つのポイント

 優秀な営業管理者は、前月の結果から次のアクションに向けて、部下に適切かつ具体的な指示を出すことができます。彼らは、前月の営業成績が出た時に、時系列に対応した3つのポイントを必ずチェックし、その数値に基づき次の方針を決めます。また、自社の売上目標についても、月次で現実的な数値を定め成果を出します。その手法をご紹介します。
営業

「気合」に頼らず「部下育成と部下支援」を行い成果を出す営業管理者のやっていること

 営業管理者たる経営者や営業部長に求められているのは結果であり、結果が出るまでが営業管理者によるマネジメントの範囲です。結果が出てから「あーだ、こーだ」と忖度を行い指図しているなら、それは営業管理者がマネジメントに失敗してると言って良い状態です。結果を出す営業管理者は、部下育成・部下支援の仕組みについてどのようなことをやってるのか?組織営業のカリスマが教えてくれます。
営業

売上目標を必ず達成する管理者が行う「先行情報管理」の具体的な手順

 今月の売上は過去の活動結果に過ぎず、未来を見据えたマネジメント無くして、売上目標の達成は困難です。従って、売上目標を達成する管理者は、先の売上目標を達成するために今すべきことを明確化する、「先行情報管理」という仕組みに沿いマネジメントを実行します。本稿では、「先行情報管理」を行うのに必要な5つの指標と、管理者の具体的な行動手順をご紹介します。
営業

36ヶ月連続で売上目標を達成する部門管理者が行うマネジメントの仕組み

 営業にとって売上目標をクリアすることは業務命題の一つですが、毎月コンスタントにこれを実現するのは、そう容易い(たやすい)ことではありません。ところが、中には36ヶ月連続で売上目標を達成している企業も存在します。このような会社の部門管理者は、未来の売上を作るために、先行情報を管理し、部下育成・部下支援に重きを置きます。
営業

成果をあげる営業研修と成果をあげない営業研修の違い〜キモは制度設計

 これからの時期、営業研修を開催する会社が増えていきます。ただし、営業研修を行う動機が、年度計画に入っている、予算があるから、なんとなく…という会社も多く、このような場合は、営業研修を行わぬほうが得策です。営業研修を行う目的は、会社の課題を解決し結果を出すことであり、これを実現するには、研修で得た知識やスキルを実務に生かす制度設計が初期時点で必要だからです。
経営

仕事を「意味」レベルで全員が理解して実行する会社は圧倒的に強い

 同じ業界で同じような仕事をしている会社であっても、社員がイキイキと仕事をしている会社と、社員が死んだような目をしている会社があります。両者の間に生まれる差は、仕事を「意味レベル」で理解しているか否かの差です。社員が仕事を意味レベルで理解し実行するには、マネジメント層や経営者による「何のために仕事をするのか?」に関する継続発信が必要です。
営業

売上目標を達成できていない会社にオススメの「先行情報管理」

 売上目標をいつまで経っても達成できない会社は、大抵の場合、売上目標の逆算活動を行っていないものです。売上は過去の営業活動が結実することによって初めて生じるものです。そこでオススメしたいのが、未来の売上を可視化する「先行情報管理」というマネジメントの仕組みです。詳細をご紹介いたします。
営業

責任者が変わると成績のブレ幅も大きくなる組織に欠けている点

 「管理者の異動に伴って業績が上下する」こんな現象が貴方の会社では起こっていませんか?管理者が変わると業績が変動する会社では、多くの場合、その人に能力が備わっているだけで、組織に営業力がついているわけではないケースが見受けられます。これを防ぐ方法を組織マネジメントのプロが解説してくださいます。
営業

なぜデキる営業マンが気合根性論の上司になってしまうのか?

 営業は気合だ〜っ!根性だ〜っ!と、営業管理を任せた「数字の取れる営業マン」が現場の人間たちに対して、ブラック上司と化している場合はありませんか?なぜ数字が取れる営業マンは現場の管理者となった時に、精神根性論者となってしまうのでしょうか?もしかすると、営業管理者に間違った役割を与えてしまっている可能性があります。
営業

根拠のある売上目標を営業社員に割り振る「寄与率」の計算方法

 「なんで俺だけこんなに売上目標を課せられるんだよ!」理不尽な売上目標を営業担当者に押し付けると、このように彼らは途端にやる気を無くしてしまい、上司への信頼も一瞬で吹き飛んでしまう可能性すらあります。売上目標を各自に割り振りたいなら、客観的かつ根拠のある売上目標を「寄与率」の計算で弾き出すことをお勧めします。組織営業のプロが解説してくれます。
営業

初対面の人へいきなり売り込む営業マンに欠けているもの

 営業に行ったは良いものの、初対面の顧客にいきなり売り込みをかけてしまう。多くの営業マンがわかっていてもやってしまうこのパターン、なぜ頻発するのでしょうか?その理由は営業の「質」を高めるために欠かせない、営業プロセスと営業サイクルが組み立てられていないことにあります。大手メガバンクでも組織営業のコンサルティングを手掛けるプロに解説してもらいます。
営業

デキない営業マンが必ず結果を出すようになる魔法の営業方程式

 営業マンが結果を出せずに、先行きが不安な経営者は数多くいらっしゃいます。このような場合、はやる気持ちは敢えて抑え、客観的かつ具体的な解決策を見出す必要があります。そこで本稿では早く結果を出すために有用な、成果が必ず出る営業方程式をお知らせしたいと思います。営業の結果=営業「質」×営業「量」というものです。特に質を高めることが現代社会でかつ要因となります。
スポンサーリンク