節約 社長

営業

美しい所作できれいな印影の印鑑を押す手順と正しい訂正印の押し方をおさらい

美しい所作できれいな印影の印鑑を押す手順と正しい訂正印の押し方をおさらい

 どんなに結果を出している経営者の方でも、印鑑を適当に押している人、訂正のマナーを知らない人を見ると、「この人は契約とか軽んじているのかな?」と思われる可能性があります。そこで本稿は、ご存じの方も多いかもしれませんが、美しい所作できれいな印影の印鑑を押す手順と正しい訂正印の押し方をおさらいします。

誰もが納得する比較広告を作るため必ず念頭に置くべき4つのポイント

 インターネット上の広告を見ると、「従来比◯%アップ」「業界他社と比較し△倍の満足度」といったウリ文句がそこかしこに並びます。これら比較広告は、消費者への訴求価値を高める上で非常に魅力的なマーケティング... 

営業ニュースの記事をすべて見る

営業
営業は収益の窓口です。「営業が強い会社は潰れない。」ワンパターンな営業に陥らないよう様々な営業手法をご紹介いたします。
飲むお店の選択から始めよう〜ビジネスで「運のある人」になる方法

飲むお店の選択から始めよう〜ビジネスで「運のある人」になる方法

 有名な話ですが、パナソニックの創業者である松下幸之助は、ビジネスにおいて「運」を重要視していました。その姿勢は、採用面接で自ら「運が無い」という人を全員不採用にするほどだったと言います。運が無いと言う人は、運が与えられるものだと思っていることが多いのですが、運は実際には自分が引き寄せるものです。


地方でネットも使わず億単位の利益をたった2人で稼ぐ人達から学ぶこと

地方でネットも使わず億単位の利益をたった2人で稼ぐ人達から学ぶこと

 「地方で費用を稼げずに儲かるビジネスなんて、インターネットくらいしかない」常識で考えれば納得な意見ですが、地方に行くと実際には驚くほど多くの人が経費をかけずに、インターネットも使わず大きな利益を稼いでいます。彼らは普通の人が面倒くさがるけれど、人に喜んでもらえる、ニーズのあるビジネスをやりきっています。実例と共にご紹介します。


初めて会う相手との会話を滑らかにする「ダブルセンテンス」の挨拶

初めて会う相手との会話を滑らかにする「ダブルセンテンス」の挨拶

 「初めて会う相手と円滑なコミュニケーションを取るのが難しい」と感じていらっしゃる方はいませんか?このような悩みを抱えている場合、挨拶の入り口を「はじめまして」の一文から「はじめまして。〜〜。」の2文(ダブルセンテンス)に変えるだけで、驚くほどコミュニケーションが取りやすくなります。


中小零細企業の社長さん達を相手に商売すると儲かります!!そのワケは?

中小零細企業の社長さん達を相手に商売すると儲かります!!そのワケは?

 ビジネスを大きな視点で考えると、お財布は法人と個人の2つにわかれますが、法人相手のビジネスは、たとえ相手が小さいとしても、リピート率が高くて、金額も個人より大きくなりやすく、更に決済権を持つのが社長自身というメリットがあります。中小零細企業相手の商売を始める場合に、商品・価格・告知の面で気をつけるべき点も含め、キミアキ先生が解説してくださいます。


行動できない部下や自分が行動できるようになる「魔法の言葉」

行動できない部下や自分が行動できるようになる「魔法の言葉」

 「これは社運をかけたプロジェクトだ。失敗は許されない。」よくあるドラマのワンシーンのセリフです。しかし、島倉さんは「100%成功しなければならない」という言葉が、自らをむしろ成功から遠ざけるとおっしゃいます。人を行動に移す魔法の言葉は、「100%の成功」をミッションとするものではなく、むしろこれと対局にある言葉です。


既存客との値上げ交渉シンドイ⇒通信業界の値上げテクニックに学ぼう

既存客との値上げ交渉シンドイ⇒通信業界の値上げテクニックに学ぼう

 「値上げをして離れるお客様はそれまでだ。そんなお客様は切れ。」とはよく言われますが、言葉の表面を鵜呑みにすると、かえって会社の命取りとなることがあります。そこで本稿は、「ライフタイムバリュー(生涯顧客価値)」を重視する通信業界の各社が実施する、既存客をすんなり納得させる値上げテクニックをご紹介致します。


異業種交流会なんて何の意味も無い!最高の人脈を一撃で作る方法

異業種交流会なんて何の意味も無い!最高の人脈を一撃で作る方法

 人脈は数で語られガチなところがあります。しかし、ビジネスを成功させる人脈は数ではなく質で決まります。10人、いいえ、たった1人の良い人と本当につながりたいと感じたら、私達はどのように動けば良いのでしょうか?自分自身の経験をもとに経営コンサルタントの島倉さんが解説してくださいます。


消費者契約法にも一定の影響を及ぼす「適格消費者団体」ってどんな団体?

消費者契約法にも一定の影響を及ぼす「適格消費者団体」ってどんな団体?

 「適格消費者団体」とは、不特定多数の消費者の利益を擁護するために、消費者に代わって事業者の不当な行為に対して「差止請求」「被害回復」の訴訟を行うことができる消費者団体です。たとえば、1月末に京都の適格消費者団体がサン・クロレラ販売を最高裁に提訴したことで、今後行なわれる消費者契約法改正審議にも影響が出始めてます。彼らの存在により、政府の消費者保護に対する姿勢は一層強まることが予想されます。


営業ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。