節約 社長

営業

あなたの会社が新規営業を十分に行えていない5つの理由〜問題点と解決策

あなたの会社が新規営業を十分に行えていない5つの理由〜問題点と解決策

 あなたの会社の営業マンは新規取引先をどんどん開拓していますか?残念ながら現実にはほとんどの営業マンが、既存顧客の通い慣れた部署に行き、馴れ合いの中で売上を作っている、そんな状態ではないでしょうか?あなたの会社が新規営業を十分に行えていないなら、その理由はこれからあげる5つのどれかに当てはまるはずです。組織営業のプロフェッショナルが問題点と解決策を提示します。

新規顧客のリピートを実現させる古典的、かつ誰も本気でやっていない方法

 新規顧客を1件(1人)獲得するための諸費用を積み上げると、大抵のケースでは驚くほど大きな金額になります。つまり、利益を出すためには、1度購入してもらった顧客に必ずリピーターとなってもらう必要があります。... 

営業ニュースの記事をすべて見る

営業
営業は収益の窓口です。「営業が強い会社は潰れない。」ワンパターンな営業に陥らないよう様々な営業手法をご紹介いたします。
営業しない社長の会社は潰れる!起業したならまずは社長が営業で売れろ☆

営業しない社長の会社は潰れる!起業したならまずは社長が営業で売れろ☆

 日本ではここ25年以上、常に廃業率が開業率を上回った状態が続いています。その理由はとてもシンプルで、自分が思ったように売上が上がらないからです。売上が上がらない理由も簡単で、小さな会社なのに社長が「粗利益至上主義」を持っておらず、トップセールスをやっていないからです。とにかく会社が売れるためには、まず社長が売れる必要があります。


「オーラを持った男性」と感じてもらうため姿勢について意識したい3つのポイント

「オーラを持った男性」と感じてもらうため姿勢について意識したい3つのポイント

 「あの人、なんかオーラがあるよね。」と言われる人は活力を人に与え、ビジネスを前に進めます。「オーラをまとうって、普通の人には無理だよ。」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、実は私たちは姿勢に気をつけることで、「オーラのある人」と他者に感じてもらいやすくなります。姿勢について意識したい3つのポイントをご紹介します。


訪問・対面販売イケてね〜…って本当ですか?対面でも業績はまだまだ伸びる

訪問・対面販売イケてね〜…って本当ですか?対面でも業績はまだまだ伸びる

 インターネットの台頭により、訪問販売や対面販売が時代遅れのように見る人も一部いますが、実際のところは業績を伸ばせるところは、これらによって売上を伸ばしています。自分の話を聞いて欲しい、相談に乗って欲しい、問題解決にとことん一緒に取組んで欲しい、このような気持ちに応えることで訪問販売、対面販売には、まだまだ大きな成長余地が残されているのではないでしょうか?


売上目標を必ず達成する管理者が行う「先行情報管理」の具体的な手順

売上目標を必ず達成する管理者が行う「先行情報管理」の具体的な手順

 今月の売上は過去の活動結果に過ぎず、未来を見据えたマネジメント無くして、売上目標の達成は困難です。従って、売上目標を達成する管理者は、先の売上目標を達成するために今すべきことを明確化する、「先行情報管理」という仕組みに沿いマネジメントを実行します。本稿では、「先行情報管理」を行うのに必要な5つの指標と、管理者の具体的な行動手順をご紹介します。


36ヶ月連続で売上目標を達成する部門管理者が行うマネジメントの仕組み

36ヶ月連続で売上目標を達成する部門管理者が行うマネジメントの仕組み

 営業にとって売上目標をクリアすることは業務命題の一つですが、毎月コンスタントにこれを実現するのは、そう容易い(たやすい)ことではありません。ところが、中には36ヶ月連続で売上目標を達成している企業も存在します。このような会社の部門管理者は、未来の売上を作るために、先行情報を管理し、部下育成・部下支援に重きを置きます。


美しい所作できれいな印影の印鑑を押す手順と正しい訂正印の押し方をおさらい

美しい所作できれいな印影の印鑑を押す手順と正しい訂正印の押し方をおさらい

 どんなに結果を出している経営者の方でも、印鑑を適当に押している人、訂正のマナーを知らない人を見ると、「この人は契約とか軽んじているのかな?」と思われる可能性があります。そこで本稿は、ご存じの方も多いかもしれませんが、美しい所作できれいな印影の印鑑を押す手順と正しい訂正印の押し方をおさらいします。


年数いってるのに「とにかく新規客を獲得しろ」と言ってる企業はヤバい

年数いってるのに「とにかく新規客を獲得しろ」と言ってる企業はヤバい

 ビジネスにおいて新規顧客の獲得は非常に重要な行動です。しかし、ある程度の年数を経て事業を運営しているのに、売り上げがなかなか上がらず、新規顧客の獲得が最優先となっているなら、それは少しマズイ事態かもしれません。新規獲得ばかりしている企業に見られる4つの特徴を提示し、これに該当する会社がまずやるべきことを、島倉さんが提示してくださいます。


シマウマを知らぬ人にどうやってシマウマを理解してもらう?たとえ話のススメ

シマウマを知らぬ人にどうやってシマウマを理解してもらう?たとえ話のススメ

 円滑なコミュニケーションを図るには、自分の伝えたいことを相手に理解してもらう必要があります。ただし、相手の知らないことを自分の説明を通じて理解してもらうには、相手が具体的なイメージを頭の中にありありと描ける必要があります。そこで活用したいのが、たとえ話です。具体的な事例を踏まえながら、たとえ話の有用性をご紹介します。


営業ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。