節約 社長

営業

お客様と会話できない若手に教えるべき会話の基礎を作る「3つの挨拶」

若手社員向け・会話の基礎を作る3つの挨拶

お客様と会話できない若手に教えるべき会話の基礎を作る「3つの挨拶」

 オンラインコミュニケーションはこれからも増えていくことでしょう。だからこそ、大事な営業局面では、会って話をする、言葉できちんと伝えることの重要性が更に高まっていきます。しかし、多くの若手営業マン...

投稿日:2017年9月20日

手書き文章VSタイプ文章 販促やクレーム対応に効果的な文章は?

手書きVSタイプ〜販促に効果的な文章は?

手書き文章VSタイプ文章 販促やクレーム対応に効果的な文章は?

 一般的に販促やクレーム対応でお客様にメッセージを伝える時は、「タイプした文章より手書き文章のほうが良い」と言われています。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?この疑問を科学的に紐解くべく、...

投稿日:2017年9月19日

新規顧客のリピートを実現させる古典的、かつ誰も本気でやっていない方法

新規客をリピート化する古典的で強力な方法

新規顧客のリピートを実現させる古典的、かつ誰も本気でやっていない方法

 新規顧客を1件(1人)獲得するための諸費用を積み上げると、大抵のケースでは驚くほど大きな金額になります。つまり、利益を出すためには、1度購入してもらった顧客に必ずリピーターとなってもらう必要がありま...

投稿日:2017年9月14日

9割の企業が間違えた計算方法で弾き出す「適正価格」の正しい算出方法

「適正価格」=「売りたい価格」と心得よ

9割の企業が間違えた計算方法で弾き出す「適正価格」の正しい算出方法

 皆さんの会社では、販売時の適正価格をどのように弾き出していらっしゃいますか?多くの企業は、「原価積み上げ方式」と「競合との調整方式」によって、適正価格を弾き出しています。しかし、このような適正価...

投稿日:2017年9月12日

「気合」に頼らず「部下育成と部下支援」を行い成果を出す営業管理者のやっていること

結果を出す営業管理者のマネジメント術とは

「気合」に頼らず「部下育成と部下支援」を行い成果を出す営業管理者のやっていること

 営業管理者たる経営者や営業部長に求められているのは結果であり、結果が出るまでが営業管理者によるマネジメントの範囲です。結果が出てから「あーだ、こーだ」と忖度を行い指図しているなら、それは営業管理...

投稿日:2017年8月29日

「対面型営業パーソン受難の時代」に営業担当者は何を磨くべきか

営業パーソン受難の時代に磨くべき特質とは

「対面型営業パーソン受難の時代」に営業担当者は何を磨くべきか

 1990年代以降「あらゆるものがネットで売れるオンライン時代」が到来したことで、セルフサービス型の購買行動が主流となりつつあります。ゆえに対面販売は一歩間違えると消費者の購買意欲を減退させる行為とな...

投稿日:2017年8月28日

飛び込み営業大嫌い!9割以上空振りの非効率営業からどうやって抜け出す?

非効率な飛び込み営業からどう抜け出すか?

飛び込み営業大嫌い!9割以上空振りの非効率営業からどうやって抜け出す?

 やるのもやられるのも大嫌い。飛び込み営業に対してこのような印象を抱いている方は多いことでしょう。それでも未だに飛び込み営業をする会社は後を絶ちません。なぜ、彼らは飛び込み営業に時間を割くのか?飛...

投稿日:2017年8月16日

良い商品やサービスほど売れにくいのはなぜ?売るために実践したい2つの方策

良い商品サービスほど売れにくいのはなぜ?

良い商品やサービスほど売れにくいのはなぜ?売るために実践したい2つの方策

 良い商品やサービスほど売れにくいものです。たとえば、「1年で結婚できる確率が90%の結婚相談所」「見た目年齢が20歳若返るサロン」と言った商品やサービスに、私達は「胡散臭さ」を感じるはずです。しかし、...

投稿日:2017年8月10日

「クレームを言ってきたお客様こそ大切にしろ!」を真に受けるな

クレームを言うお客を大切に!は真っ赤な嘘

「クレームを言ってきたお客様こそ大切にしろ!」を真に受けるな

 ビジネス書を見ると、「クレームを言ってくるお客様ほど大切にしなさい」「クレームの中にあなたの会社が成長するヒントがある」という言葉が多くあります。ただし、クレームを言ってくるお客様の中には、ター...

投稿日:2017年8月8日

営業しない社長の会社は潰れる!起業したならまずは社長が営業で売れろ☆

小さな会社は社長がトップセールスするべき

営業しない社長の会社は潰れる!起業したならまずは社長が営業で売れろ☆

 日本ではここ25年以上、常に廃業率が開業率を上回った状態が続いています。その理由はとてもシンプルで、自分が思ったように売上が上がらないからです。売上が上がらない理由も簡単で、小さな会社なのに社長が...

投稿日:2017年7月27日

「オーラを持った男性」と感じてもらうため姿勢について意識したい3つのポイント

オーラのある人と見てもらう3つのポイント

「オーラを持った男性」と感じてもらうため姿勢について意識したい3つのポイント

 「あの人、なんかオーラがあるよね。」と言われる人は活力を人に与え、ビジネスを前に進めます。「オーラをまとうって、普通の人には無理だよ。」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、実は私たちは姿勢に気...

投稿日:2017年7月25日

訪問・対面販売イケてね〜…って本当ですか?対面でも業績はまだまだ伸びる

対面・訪問営業でも業績はまだまだ伸ばせる

訪問・対面販売イケてね〜…って本当ですか?対面でも業績はまだまだ伸びる

 インターネットの台頭により、訪問販売や対面販売が時代遅れのように見る人も一部いますが、実際のところは業績を伸ばせるところは、これらによって売上を伸ばしています。自分の話を聞いて欲しい、相談に乗っ...

投稿日:2017年7月13日

売上目標を必ず達成する管理者が行う「先行情報管理」の具体的な手順

売上確度を高める「先行情報管理」具体手順

売上目標を必ず達成する管理者が行う「先行情報管理」の具体的な手順

 今月の売上は過去の活動結果に過ぎず、未来を見据えたマネジメント無くして、売上目標の達成は困難です。従って、売上目標を達成する管理者は、先の売上目標を達成するために今すべきことを明確化する、「先行...

投稿日:2017年7月3日

36ヶ月連続で売上目標を達成する部門管理者が行うマネジメントの仕組み

マネジメントとは部下育成・部下支援のこと

36ヶ月連続で売上目標を達成する部門管理者が行うマネジメントの仕組み

 営業にとって売上目標をクリアすることは業務命題の一つですが、毎月コンスタントにこれを実現するのは、そう容易い(たやすい)ことではありません。ところが、中には36ヶ月連続で売上目標を達成している企業...

投稿日:2017年6月29日

美しい所作できれいな印影の印鑑を押す手順と正しい訂正印の押し方をおさらい

きれいな押印の作法と正しい訂正印の押し方

美しい所作できれいな印影の印鑑を押す手順と正しい訂正印の押し方をおさらい

 どんなに結果を出している経営者の方でも、印鑑を適当に押している人、訂正のマナーを知らない人を見ると、「この人は契約とか軽んじているのかな?」と思われる可能性があります。そこで本稿は、ご存じの方も...

投稿日:2017年6月23日

年数いってるのに「とにかく新規客を獲得しろ」と言ってる企業はヤバい

新規客の獲得ばかりな企業は何かがおかしい

年数いってるのに「とにかく新規客を獲得しろ」と言ってる企業はヤバい

 ビジネスにおいて新規顧客の獲得は非常に重要な行動です。しかし、ある程度の年数を経て事業を運営しているのに、売り上げがなかなか上がらず、新規顧客の獲得が最優先となっているなら、それは少しマズイ事態...

投稿日:2017年6月16日

シマウマを知らぬ人にどうやってシマウマを理解してもらう?たとえ話のススメ

たとえ話は円滑なコミュニケーションの秘訣

シマウマを知らぬ人にどうやってシマウマを理解してもらう?たとえ話のススメ

 円滑なコミュニケーションを図るには、自分の伝えたいことを相手に理解してもらう必要があります。ただし、相手の知らないことを自分の説明を通じて理解してもらうには、相手が具体的なイメージを頭の中にあり...

投稿日:2017年5月29日

超二極化時代の生き残り戦略は「高いものをもっと高く販売する」こと

超二極化時代は高いものを更に高く販売せよ

超二極化時代の生き残り戦略は「高いものをもっと高く販売する」こと

 時代は二極化どころか超二極化の様相を呈しています。商品・サービスの販売を今以上に伸ばし、2極の生き残り側へ付くためには、「高いものを更に高く売る」「安いものを更に安く売る」の2戦略しかありません。...

投稿日:2017年5月23日

誰もが納得する比較広告を作るため必ず念頭に置くべき4つのポイント

消費者に支持される比較広告4つのポイント

誰もが納得する比較広告を作るため必ず念頭に置くべき4つのポイント

 インターネット上の広告を見ると、「従来比◯%アップ」「業界他社と比較し△倍の満足度」といったウリ文句がそこかしこに並びます。これら比較広告は、消費者への訴求価値を高める上で非常に魅力的なマーケティ...

投稿日:2017年5月16日

成果をあげる営業研修と成果をあげない営業研修の違い〜キモは制度設計

営業研修を開かぬほうが良い3つのパターン

成果をあげる営業研修と成果をあげない営業研修の違い〜キモは制度設計

 これからの時期、営業研修を開催する会社が増えていきます。ただし、営業研修を行う動機が、年度計画に入っている、予算があるから、なんとなく…という会社も多く、このような場合は、営業研修を行わぬほうが得...

投稿日:2017年5月10日