節約 社長

福利厚生

一定年齢に達した人のみを対象に人間ドックを福利厚生導入することは可能?

一定年齢に達した人のみを対象に人間ドックを福利厚生導入することは可能?

 従業員のヘルスケアを充実させるため、会社が負担する前提で、一定年齢に達した従業員に人間ドックを受けてほしい、と考える経営者の方はいらっしゃいませんか?福利厚生費としての費用支出が認められるためには、原則的に従業員や役員などを含めて、そのサービスを全員が受けられる必要があります。果たして、一部従業員への人間ドックの福利厚生導入は可能なのでしょうか?

福利厚生を有効活用!健康的な弁当を宅配してくれる5つのサービス

 従業員の食生活の改善を行い健康を維持することは、業務の効率化に寄与し、社内の活性化にも繋がります。そこでお勧めしたいのが、ヘルスケアにしっかりと気を配ったお弁当を宅配してくれるサービスです。中には管... 

福利厚生ニュースの記事をすべて見る

福利厚生
使い出すと使ってしまいがちな福利厚生こそ見直す余地も大きいです。福利厚生のルールを見なおして財務体質を改善してみましょう。
うつ病などで休職した社員の復職判断は規定で明確に定めよう

うつ病などで休職した社員の復職判断は規定で明確に定めよう

 「うつ病」等の精神疾患により、休職制度を利用する社員と会社の間で、トラブルが発生しやすいタイミング、それは従業員が復職をする時です。休職した社員は少しでも早く職場に戻り、職を失うことを防ごうとしますが、客観的で公平な治癒の判断がなければ同じことがぶり返されます。どのような規定を設けることで良い復職判断を行えるでしょうか?


ノマドの食事は必要経費?個人事業主の一人ランチと経費の関係

ノマドの食事は必要経費?個人事業主の一人ランチと経費の関係

 個人事業主として仕事をしていると、どうしても外で食事をする機会が多くなります。独立しているし、仕事中に食事をとっているのだから、これくらいは経費に参入しても良いじゃないか!と思われる気持ちはわかるのですが…個人事業主の一人で摂る食事は家事費になるため、原則的に経費計上できません。


社員旅行の費用を福利厚生費で堂々と落とす方法

社員旅行の費用を福利厚生費で堂々と落とす方法

 経営者ならば、従業員満足度を高めて長く働いて欲しいと考える方が多いことでしょう。給与面、働きがいの提供などは常に意識するとして、いつも頑張っている従業員に少しでもリフレッシュしてもらう手段の1つとして、社員旅行を企画されるかもしれません。社員旅行は福利厚生費として経費に計上できますが、一定の要件を満たす必要があります。事前にしっかり計画し税務調査で引っかからないようにしましょう。


社内ゴルフコンペ費用は福利厚生費で簡単に落とせない

社内ゴルフコンペ費用は福利厚生費で簡単に落とせない

 会社にゴルフ好きがいたり、取引先にゴルフ好きメンバーがいるなら、ゴルフコンペを開催する機会は多いはずです。社外の取引先等を対象としたゴルフコンペにかかった費用を「交際費」として経費算入することはできますが、社内の親睦を図る為に社員だけで行うゴルフコンペは、一定の条件下になければ「福利厚生費」として経費算入することができません。コンペ費用を福利厚生費とするための要件を解説します。


社員のインフルエンザ予防接種費用を経費で落とす方法

社員のインフルエンザ予防接種費用を経費で落とす方法

 あっという間に今年も終盤戦。冬もすぐそこまで来ています。冬と言えば毎年恒例、インフルエンザが流行する季節でもあります。インフルエンザに羅患すると通常その人は一週間前後休まねばならず、その不効率から企業を守るために、会社負担でインフルエンザの予防接種を従業員に受けさせるケースもあります。この時の会計処理としてワクチン費用を損金計上するための要件をプロに解説してもらいました。


ブラック社員を生まぬ組織作りは子育て主婦層の活用に光明あり

ブラック社員を生まぬ組織作りは子育て主婦層の活用に光明あり

 自分の不平不満が全て会社のせいだと考えて、周りにも言いふらすような「ブラック社員」を抱えて、頭を悩ませる経営者が増えています。ブラック社員を生まないためには、「労働生産性とモチベーションの高い優秀な人材が集まる組織作りをする」ことが重要になりますが、中でも子育て主婦層に眠る優秀な人材の確保に成功している企業ではブラック社員が生まれにくいようです。人事のプロが解説してくれます。


節税対策にもなる共済会への加入をもう一度見なおそう

節税対策にもなる共済会への加入をもう一度見なおそう

 会社で働きながら厚生年金を収めている人達の中でも、若い年齢層の方が格差拡大に不満を抱え、国民年金の該当者の若年齢層には、不払いの人達も大勢現れています。これらの若い年齢層では消費行動にも明らかな減退感が見えていますが、理由の1つとして将来の保障が少ないことが上げられます。加入しない企業も増えていますが、共済会制度は節税にもつながり福利厚生となるため今一度加入検討の余地があります。


有料動画の巨人・ネットフリックス利用して解った4つのこと

有料動画の巨人・ネットフリックス利用して解った4つのこと

 世界50カ国以上で会員6500万人が利用し、本国アメリカでは全世帯の約25%が加入している、有料インターネット動画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」が9月2日(水)に日本でサービスを開始しました。筆者がネットフリックスに加入して、サービスを体験して感じた4つの点をまとめてみました。法人カードでも利用可能なので小規模な企業であれば、福利厚生で加入することも可能そうです。


福利厚生ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。