マーケティング

スポンサーリンク
マーケティング

環境の変化に対応し成功する人と時代に取り残される人の決定的な違い

ドッグイヤー、マウスイヤーという言葉が陳腐化するほど環境の変化が激しい今の時代。しかし、商品やサービスを購入するのは結局人であるため、マーケティングの大原則は普遍的に活用していきたいものです。本日ご紹介する原則は、変化に環境の変化に対応し成功する人と時代に取り残される人の決定的な違いを生み出す原則です。
マーケティング

自分の人生を「幸せ」と感じられるか否かは「選択肢」の多さで決まる

100億円あげるから80歳になってもらえない?20歳になったばかりの若者にとって、このお願いは聞き入れにくいものでしょう。なぜなら時間はお金よりも遥かに価値を持つものだからです。幸せを感じるには、お金以上に、自分がやりたいことを選べることのほうが大事なのです。
マーケティング

使ったのはチラシのみ!売上3倍・粗利2倍を2年で達成したリフォーム会社の秘策

売上3倍・粗利2倍を2年で達成したリフォーム会社が四国にあります。一体、どんな秘策を使ってこのような成果をたたき出したかというと、ワードで作った素人感満載なA4チラシだけです。しかし、本質的にこの成果を導き出したのは、チラシを作る前の「リサーチ」活動にあります。的確なリサーチができていれば、素人感満載なA4チラシでも次々と受注を作り出すことが可能なのです。
スポンサーリンク
マーケティング

閑散期に大繁盛を実現したリフォーム会社に学ぶ「点を線にする」マーケティング

閑散期で売上がいつもだと下がる冬場に、Sさんが営むリフォーム会社は、新規顧客から、しかも自分のことを名指しで指名する形の注文を次々ともらうことになり、おおあらわとなりました。その理由は、Sさんが閑散期に向けて仕込んだ「点を線にするマーケティング」のおかげです。どのようにSさんはこれを実現したのでしょうか?
マーケティング

【社会的証明の誤用は恐ろしい】ある病院で見つけたドタキャンを増やすポスター

ある病院の掲示板に貼ってあった告知ポスターの内容、それは、「最近連絡もなく、突然キャンセルをされる患者様が増えております。他の患者様のご迷惑になりますのでご注意ください。」というものでした。しかし、このポスターは逆に患者のドタキャンを増やす原因となってしまいます。なぜなら、『社会的証明』を間違った形で活用しているからです。
マーケティング

ターゲティングやペルソナで絞り込むだけでは勝ち続ける事が出来ない

これまでのマーケティングでは、ターゲティングやペルソナ設定が重要視されてきました。しかし、日本でビジネスを継続発展させていくには、これだけでは非常に難しい状況となりはじめています。その理由、継続発展させていくため視野にいれておくべきことを、島倉さんが解説します。
マーケティング

【初心者必見】初めて集客を実施する人が実務開始前に計画すべき3つのこと

本稿は集客、マーケティングを初めて行う人向けの記事です。集客を始める際、一番最初にやるべきこと、それは計画を立てることです。そして、計画を立てる際には、3つの要素を必ず先に決めておく必要があります。なぜ、ここから始めるべきなのか?「初めて集客を実施する人」シリーズ第一章をお届けします。
マーケティング

広告に不可欠な「3つのインナーマッスル」を鍛え、顧客を動かす実践テクニック

幾ら筋肉を増強させたり、テクニックを磨いても、インナーマッスル(体幹)がしっかりしていないとスポーツは上達しません。同じように、広告もインナーマッスルとなる『ターゲット』『ベネフィット』『オファー』が、消費者に突き刺さるしっかりとしたものでなければ、何一つ効果を生みません。どのように貴方の広告のインナーマッスルを鍛えればよいのか?実践的に解説します。
マーケティング

小さなビジネスの隠れた強敵「胡散臭さ」があなたの商品を売れなくする

人は立場が変わればモノの見え方も変わってくる生き物です。たとえば広告を例に上げると、買い手の時には読まない・信用しない・行動しない。一方で、売り手の立場に立つと読んでくれる・信用してくれる・行動してくれると思ってしまいます。そして、売り手のメッセージは一歩間違えると隠れた強敵にやられてしまいます。それは、「胡散臭さ」です。
マーケティング

ご存知ですか?シンガポール発の爆発的な集客術『「1for1」 ビジネス』

読者の皆さんは『「1for1」 ビジネス』というシンガポール発のマーケティング手法をご存知ですか?1人の人には正規料金を支払ってもらい、その人がもう1人お客様を連れてきてくれたら、その人の料金はタダにしてあげるという集客術です。実質はディスカウントでありながら、お客様にそうは感じさせず、安いコストで爆発的な集客力とリピーターを生み出す、日本ではあまり広まっていない集客術を御紹介します。
マーケティング

誰からも嫌われてない人は誰からも好かれない。たった1人のためにビジネスしろ

人は社会的動物です。なので人に嫌われるのが本当に苦痛でたまりません。しかし、誰からも嫌われていないような人は、反対に誰からも好かれていません。「好き」の反対語は「嫌い」ではなく、「無関心」です。人に嫌われても己の商品やサービス、自らもパーソナリティについて発信し続け、たった1人でも良いからファンを作りましょう。ビジネスはそこから始まります。
マーケティング

あなたは商品の「特徴」と「ベネフィット」の違いをご存知ですか?

この商品は…我が社は…◯◯社が〜年の歳月を経て満を持して出した商品、それは!…なんと多くの広告が自社の商品特徴のゴリ押しをしていることでしょうか!貴方の広告には、お客様の生活や心の変化・向上を保証、つまりベネフィットが打ち出されていますか?商品の特徴とベネフィットの相関関係について触れながら、ベネフィットをお客様へ提示することの大切さを説明します。
マーケティング

お客様を最終購買に動かす最強の決め台詞「貴方なら出来ます」

お客さんに行動してもらうためには、『あるべき姿と現実とのギャップ』の激しさを私達が問題提起し、「行動しなければ!」という衝動を感じてもらう必要があります。しかし、これだけでお客さんは最終的な購買まで至りません。なぜなら、お客さんは私達売り手のことはもちろん、自分自身すら信じていないからです。そのため最後に決め台詞が必要となります。
マーケティング

居酒屋ガツンの寺本さんに学ぶ人を選ぶコミュニティーが流行る未来

東京足立区の五反野に新しく出来た「居酒屋ガツン」。そのサービスを少しだけご紹介すると、驚きその1「ドリンク持ち込みOK。」、驚きその2「ドリンクのおすそ分けが可能。」驚きその3「いつでも生ビールが180円などなど。」利益は薄いかもしれませんが、この店舗が目指しているのは、都市型社会に求められるプライベートなコミュニティ作りです。同じような形態の店舗はこれから増えていくことでしょう。
マーケティング

「売上を上げたい!」を叶える最もインパクトあるマーケティングのスキルとは

ビジネスで何かを実践する際は、常に『収益に最もインパクトがあるもの』を選択したいものです。もしあなたがマーケティングを真剣に実践したいと考えるなら、いの一番に学んでほしいのが「コピーライティング」のスキルです。このスキルは売上に直結し、時代が変わっても普遍的価値を持ち続けます。
マーケティング

貴方のマーケティングを妨げる最大の敵と戦う3つのポイント

私達がマーケティングを行う上で最大の敵、それは『読まない』『信用しない』『行動しない』という消費者の無関心です。特にマーケティングの入り口である広告を読んでもらえないことは致命傷。どうすれば私達はお客様にセールスメッセージを読んでもらえるのでしょうか?3つのポイントをご紹介します。
マーケティング

面白くなければ誰も僕達のことなんて振り向いてくれない

人は赤の他人の話など何一つ興味がありません。しかし、多くの販促物には「内輪の面白さ」が散りばめられており、多くの消費者はせっかく商品が良いものであっても、これをスルーしてしまいます。消費者にとって面白くないマーケティングは、ただの自己満足に過ぎません。
マーケティング

ワールドカップやオリンピックは4年に1度だから価値がある 希少性の使い方

ワールドカップは4年に一度開催されるから、ダイヤモンドはそこら中に落ちているわけではないから、希少性の高いものとして多くの人からお金を支払ってもらえます。希少性の法則はこのように使い方を間違えなければビジネスを上手く活かしますが、使い方を間違えると信頼を無くしたり、売上を消滅させる元凶となってしまいます。
マーケティング

お笑い芸人ヒロシさんと熊本で大成功する仏壇屋さんの共通点

お笑い芸人ヒロシさんと熊本で大成功する仏壇屋さんには2つの共通点があります。1つはヒロシさんが熊本出身で、仏壇屋さんも熊本にあること。しかし、重要なのは2つ目の共通点です。それは、2人がそれぞれに合った無料集客ツールを使って圧倒的な集客を成し遂げていることです。
マーケティング

お客様の「恐怖」と「後悔」を理解した者はビジネスの覇者となる

人は常に損することを怖がっており、一度購入した後はすぐに後悔を感じやすい生き物です。従って、私達が商品やサービスを販売する立場に立った場合は、お客様が感じる恐怖や後悔を取り除くマーケティング活動が必須です。この活動は非常に面倒なものですが、思わぬ副産物を生み出し、将来の収益にも大きく貢献します。
スポンサーリンク