ゴネ得社会に染まるな 真のビジネスマンはクレーマーにならずとも利益を得る

営業

持ち帰りのお寿司で体験した日本の過剰サービス

 先日、お寿司で持ち帰り寿司をオーダーして家に戻り、寿司を冷蔵庫に置きました。その後、時間をおいて家族で食べようとしたら、オーダーしたつもりのお寿司の一部が見当たりません。

 「あれ?お店の人が入れ忘れたのかな?もしくは自分がオーダー漏れした?」と思って念の為、確認のためにお店に電話をかけたところ、こちらが恐縮してしまうほどの平謝りです。

 「申し訳ございません。すぐにご自宅にお届けします。割引券をおつけしますので」と言われました。もしもそれをさせてしまうと、私は割引券を得て、お得かもしれませんが、お店側は人件費などの経費を考えると赤字になりかねません(お店と自宅はかなりの距離があります)。

 ですので、言うまでもなくありがたいオファーをお断りしました。私は人に迷惑をかけてまで、得をしたいとはまったく思わないからです。

 しかし、こうしたお店の心からの申し出を、利用してやろうと思う人が世の中にいるのも事実です。お店のお申し出はありがたいのですが、私はかえって「クレーマーが湧いてしまわないか?」心配になってしまいました。

 アメリカに数年住んでいた時、日本を訪れたことのある友人から「日本のカスタマーサービスのレベルは本当に高いよね。」と言われましたが、この体験はかえって日本の過剰サービスを感じさせるものでした。

 むしろ、切れるメリットのあるゴネ得社会とクレーマーを生み出す構造、その端緒を見た思いを抱きました。

クレーマーは怒りで利を得ようとする理不尽な思考回路の持ち主

 クレーマーがクレームを言うのは、「怒り」という感情を使って相手を動かすためです。

 子供が言うことを聞かず、声を荒げるのもこれと同じです。「早くしなさいって言ってるでしょ!!」と目くじら立てて怒る母親に驚いて、子供は急いで言うことを聞くわけです。でも、その母親の心の中を覗いてみると、本当は腹を立てていなかったりします。

 飲食店でも、「いつまで待たせるんだ!」と声を荒げるおじさんがいて、店員さんが慌てて料理を運ぶ姿を目にすることがあります。あれも、怒りの感情を使って自分のところに料理を運ぶのを優先させる行為に他なりません。

 クレーマーとは、怒りを使って自分が得をする事を選択する人たちなのです。その怒りの源泉は、「怒れば得をする」というゴネ得社会にあるのではないでしょうか。

 お店に損をさせても、自分の得を取りたいという姿勢は、極めて傲慢でビジネス感覚のない思考です。

質の高いサービスを受けたいならお金を払うこと

 私はクレームを言う思考が全くありません。いつまでも待たされるなど、不快な思いをしたくない場合は、出来るだけ値段の高いお店に行きます。

 先日も、ランチタイムに1,000円前後のお店で長蛇の列が出来ていたので、3,000円のランチメニューのお店に入りましたが、やはり空いていました。

 他のお店は混んでいても、高いお店は空いていることが多いですから、待たされることはありません。もちろん、支払う金額は高くなりますが、それは「待ちたくない」というエクスプレスパスを購入するようなものですから、快適なサービスのためには必要な出費だと割り切っています。

 「安いお店で済ませたいけど、待ちたくもない」というのは無理なオーダーです。値段が安いお店が安い理由は、回転率を高めているからで、時間帯によってはどうしても混雑は避けられません。

 他にも利用客がいるわけですから、自分ひとりが得をしたいというのは、子供が駄々をこねているのと同じなのです。

真のビジネスマンはクレーマーにならずとも利を得る

 私は真のビジネス感覚を持った人間は怒らないと考えます。

 以前、不動産屋と待ち合わせて物件内覧をしに行ったことがあります。約束の時間を過ぎても、相手の担当者が現れなかったので電話をすると、「すいません、寝坊しました。今から行きますので」と言われ、1時間待って欲しいということでしたので内覧は辞めました。

 私にしてみれば、かなりの損失を被った形です。待ち合わせ場所に行く手間と交通費、かかった時間など、すべてがムダになってしまいました。

 後日、この不手際を不動産屋に冷静に伝えたら、丁重にお詫びされました。そして、別の物件を紹介してくれましたが、それはあまり市場に出回らない驚くほどの優良物件でした(結局、事情があってそれ以外の物件に入居を決めたのですが…)。

 クレーマーにならなくても、相手に不手際があるなら冷静に事実を訴え、補償が必要であるならそれを伝えるだけで良いのです。

 最終的にどうするかは相手次第。納得できない対応なら、静かに離れればいいだけのことで、みっともなく声を荒げる必要はありません。

 訪日外国人も3,000万人の大台になりますから、そろそろ私達日本人も「サービスは有料である」というグローバルの概念を持たなければなりません。

 読者の皆さんはどう思われますか?

営業
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
黒坂 岳央

複数のビジネスを手がけています。

・高級フルーツギフトショップ「水菓子 肥後庵」代表者
・ビジネスジャーナリスト(プレジデントなどビジネス誌、アゴラ、ZUU、マネープラスなどのネットメディア、テレビ番組、ラジオ番組出演多数)
・アフィリエイター
・英語ビジネス(書籍出版、雑誌やメディアコラム執筆、その他)
・投資家(株式投資、仮想通貨、不動産、FXなど)

その他、講演活動など。

黒坂 岳央をフォローする
節約社長