海外企業とのマッチングサービスが全て無料!J-GoodTech (ジェグテック)に登録しよう

効率化

海外進出したいけれど伝手も金もそんなにない!

「今年の目標は海外進出!グローバルに展開したい!」そう考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ただ、信頼できる伝手も無く、使える予算も限られている、というのが多くの企業が抱える現状です。

それでも根拠のない自信だけはあって、チャレンジしたいと思っているなら、最初の一歩を踏み出す必要があります。

そこで本稿は真剣に海外進出を検討する企業向けに、中小機構が運営する海外ビジネスマッチングサイトJ-GoodTech (ジェグテック)をご紹介したいと思います。

海外進出したいならJ-GoodTech (ジェグテック)を使い倒せ!

J-GoodTech (ジェグテック)は、日本の企業8400社、海外企業4300社、計12,000社以上の企業が登録するビジネスマッチングサイトです。

節約社長
J-GoodTech (ジェグテック)

登録企業は日・英2か国語(登録時の英訳無料)で、数多くの海外企業や日本の企業へ情報を発信し、最適なビジネスパートナーを見つけ、製品開発や新規取引に結びつけられるチャンスが与えられます。

マッチング業種も、製造業、サービス業、卸売業と幅広く、海外の登録企業は、各国の支援機関(政府機関等)が推薦する企業のみのため、信頼性が高いマッチングが期待できます。

また、自社をPRできるのはもちろん、登録企業は製品・技術・サービス等の情報を検索し、自らアピールを行うことが可能です。

ビジネスコミュニケーション機能も備わっているので、ジェグテックに登録した企業間で、情報交換や技術提案を行うこともできます。

更に、本格的なマッチングを希望する場合、中小機構のコーディネーター60名が専門知識を活かし、登録企業との商談・情報交換に向けたサポートを行ってくれます。

登録時の審査を通過すれば無料で使いたい放題

なお、登録にあたっては審査が行われ、以下の①、⑤を満たし、かつ②~④のいずれかが確認できることが認められる必要があります。

  • ①ジェグテックの対象企業、対象業種であるか
  • ②技術・製品・商品・サービスの特長が明確か
  • ③大手・中堅企業や海外企業との取引実績があるか
  • ④大手・中堅企業や海外企業との取引に向けた体制があるか
  • ⑤販路開拓または海外展開への意欲、ジェグテック活用に対する意欲があるか

申請後、概ね1~2か月後までに電子メールで合否の連絡があり、合格した場合は、晴れて自社のPR情報が掲載できる流れとなっています。

その後は全てのサービスを無料で受けることが可能になります。

ゼロから海外進出を検討しているなら、ぜひ登録を検討してみてはいかがでしょうか?

効率化
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
編集部

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長