いつもタイプの女性をゲットする男性が必ず共通して実践すること

時事

なんであいつはいつもタイプの子と付き合えるんだ?

今日は、「いつもタイプの女性をゲットする男性とは?」というテーマでお届けします。

顔とかも飛び抜けて整っているわけではないのに、いつもタイプの女性をゲットしている、いい感じになっている男性はあなたの周りにいませんか?

彼らは絶対に「あること」をやっています。

逆に、自分のタイプじゃない人からしか好かれない、自分がタイプだと思う人からは好かれない、という人は、「あること」をやっていません。

「あること」これ、なんだと思いますか?

タイプの女性と付き合える男性は共通して「あと一踏ん張りの行動」を起こしている

いつもタイプの女性をゲットしている、いい感じになっている男性がやっていること、それは「あと一踏ん張りの行動」です。

たとえば、タイプの女性に「お食事行きませんか?」と誘ったのに、ごまかされた時、断られた時って、やっぱり男性も傷つくと思います。

「あぁ、これ断られたってことなんだ。残念。シュン…」って、ほとんどの男性はここでタイプの女性へのアタックを止めてしまいます。

でも、タイプの女性をゲットする男性は、ここから「あと一踏ん張り」します。

理由をつけてもう一回誘ってみたり、友人を巻き込んでもう一回誘ってみるなど、しかもめちゃくちゃ明るくそれをやるんですね。

デートに漕ぎ着けたは良いものの、途中で気まずい感じになった時に、勝手に「駄目かな」ってフェードアウトしてしまう男性って多いですよね。

女性はこういう時、そこまで何か考えているわけではないのですけれど…

ところが、あと一踏ん張りする男性は、そこからどうやって彼女を楽しませようかと、一生懸命に行動するんです。

その努力に女性は、「この人私を楽しませようとして頑張ってくれている」「なんか凄くいい人だな。もう一回会ってみようかな。」って心打たれるわけです。

一回断られたくらいで諦めないのが大事

とにかく男性の皆さん!もし、タイプの女性を見つけてアタックするなら、一回断られたくらいで諦めないでください。

もちろん女性を安心させなければ行けないので、ちゃんと理由を作ったうえで、「あと一踏ん張り」しましょう。

そのチャレンジで状況が変わることって本当に多いです。女性は努力する男性が大好きです。それが自分のためなら、なおさら好きになってくれやすくなります。

もちろん、ダメな時もあるかもしれませんが、あと一踏ん張りを経験すれば、あなたのコミュニケーションスキルは間違いなく上がり、経験を通じて「自分はやったんだ」という自信を手にすることができます。

タイプの女性が目の前に現れたなら、「見た目が釣り合わないし…」とか、そんなこと言ってないで、まずはアタックする。もしダメでも「あと一踏ん張り」をぜひやってみてください。

 
時事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
有馬 樹里

恋愛・婚活スタイリストJURI

1976年6月26日生まれ 東京都出身

恋愛・婚活カウンセラー、恋愛・婚活セミナー講師

【恋愛・婚活セミナー講師として】

2011年に恋愛・婚活セミナー講師として開業

その後、東証一部上場結婚相談所IBJのカウンセラー、
恋愛アカデミーの婚活セミナー講師、
その他結婚相談所などと提携して活躍。

自身でも恋愛・婚活セミナーや
個別カウンセリングを実施し、
述べ10000人以上を担当。

請け負った会員は100%お見合いに至り、

交際から半年以内で成婚に結びつけた確率60%超という実績を誇る。

【著者として】

2016年3月に出版した著書
「彼女が欲しい方必見!必勝☆モテる出会いの技術」

2014年4月に出版した著書
「次・また会いたい人」

いずれもAmazon心理学ランキング1位を獲得。

【Podcastラジオパーソナリティーとして】

AppleのPodcastラジオでは、
恋愛・婚活専門家のJURIの
『野獣でも美女を捕まえるテクニック。
 女性の本音、教えます。』

では、

社会/文化部門で1位を獲得。

わかりやすく実践しやすいと定評を得ている。

【完全無料!podcastラジオ】
→iPhoneの方
→Androidの方

【メルマガ】
『90日以内に理想の彼女を作るスピード婚活メソッド』
5ステップ動画無料プレゼント!
こちらから

【LINE@】
LINE@登録はこちらから
LINE ID:@mxw9966u(@も入れて検索してね♡)

有馬 樹里をフォローする
節約社長